「飛行の歴史」カテゴリーアーカイブ

仰角で変わる揚力と抗力の図:揚抗比が重要

揚力と抗力の関係が重要である。

揚力を大きくするには、仰角を大きくすれば良い。しかし、同時に抗力も大きくなる。

飛行機を少ない推力で遠くまで飛行させるためには、揚力と抗力の比=揚抗比 が重要である。グライダーの定常飛行では、降下角は、揚抗比で決まる。

揚抗比が30ならば、1km上昇すれば、滑空で30km先まで飛行できる。

続きを読む 仰角で変わる揚力と抗力の図:揚抗比が重要

平板と翼の揚力

リリエンタールの実験

平板でも、仰角があれば、揚力が発生する。キャンバーをつけることで、揚力は、さらに大きくなる。

キャンバーとは
矢高とも言います。翼の上面と下面から等しい距離にある線をキャンバーラインと呼びま す。特にキャンバーラインが最も高くなる位置での高さを単にキャンバーともいいます。一 般にキャンバーが大きい程、最大揚力係数は大きくなります。

20140603-075443-28483861.jpg

翼の形状と揚力、抗力

20140612-192755-70075547.jpg