空海の伝承、尾張、三河

弘法大師空海にちなむ知多半島の聖崎公園

知知多半島の西側が伊勢湾、東側が三河湾で海の景色を楽しめる。

海をのぞむ高台の公園からは、他ではみることができない弘法大師空海の石像をみることができます。
かつてこの地は弘法大師空海が修行のために訪れた地とされ海から上陸されたと伝えられています。
その最初の上陸地点がここ知多半島の聖崎公園の場所だったとも。そんな弘法大師に因む場所として、海の中に立像が設けられているのです。
またこの聖崎公園は桜の名所としてもしられ、桜が咲き誇る季節には何とも言えない景色を堪能させてくれます。

海にそびえる弘法大師空海の石像

空海はこの知多半島に聖崎から渡った後、医王寺と岩屋寺で護摩修法を行い、陸路伊勢路に向かったとされています。この上陸像は、1984年に弘法大師空海1150年御遠忌を迎え建立されたもので、その高さは13尺(約4メートルほど)

四国に似ていることから、「西浦や 東浦あり 日間賀島 篠島かけて 四国なるらん」という歌も読まれたという。

説明によると、空海(弘法大師)は814(弘仁5)年(空海41歳の時)、諸国行脚の途中に弘法大使が三河から船で知多半島を南下、南知多町大井聖崎に上陸、医王寺と岩屋寺で護摩修法した後、野間から陸路伊勢路に向かったという

参照:http://candeo-times.com/hijirizaki-park-1272.html

蒲郡市の弘法山 金剛寺
http://www.miyaspa.com/leisure/kobodaishi/
金剛寺は 愛知県蒲郡市三谷町にある高野山真言宗の寺院です。山号は三谷弘法山です。

弘法大師(空海)が巡歴の途中、美養(現三谷)の山頂に立ち海の綺麗な三河湾、眺望絶景の自然美に、「これは素晴らしい」と申され、南山の麓で杖を突くと、温泉(現三谷温泉)が湧き出たという。
御本尊は「子安大弘法大師」です。
標高100mほどの小高い弘法山頂上にそびえ立つ、東洋一の大きさを誇る子安大師像は、安産・子授かりを願う方だけでなく、多くの参拝者の目印となっております。 高さ18.78m、像の背丈は空海の世寿が62歳であったことにあやかり、62尺(18.7m)、釈杖の長さは竹島の標高に合わせ22m、抱いている子供の丈が5m、耳たぶの大きさ1m、目の長さが1mと言われています。

「東三河の吉祥山麓には、空海が根本道場を立てるため、適当な地を求めて探したところがある」(長慶寺)と言う。

新城市巣山の山村に入ると、真言宗の開祖・空海が開いたとされる寺院跡がある。これは、空海が高野山を建てる際の候補地に選んだという言い伝えによるもの

武田王(たけだのきみ)は、古代日本の人物。父は日本神話に登場する日本武尊。弟に佐伯命(佐伯王)がいる。

尾張国の丹羽建部君の御祖。仲哀天皇の皇弟。

『ホツマツタヱ』によると、日本武尊が尾張国で後に結婚した宮簀媛(宮津姫)が武田王と佐伯王の2人を産んだとされている。 武田王を奉祀する、愛知県一宮市の宅美神社の由緒書によると、武田王はその土地に御所屋敷を構え、土地を開墾したとされ、山梨県韮崎市にある武田八幡宮では諏訪神社の南西に位置するわに塚の桜の御所を治めた後、薨じてこの地に葬られ「王仁塚」と呼ばれたと言う。
社伝によれば、822年(弘仁13年)に宇佐神宮または石清水八幡宮の分霊を勅命によって勧請し、地名から武田八幡宮と称したのが草創とされる。一方で『甲斐国志』は当宮の別当寺である法善寺(南アルプス市)の記録に基づき、同じく822年に空海の夢の中で八幡大菩薩が武田郷に出現したため神祠を構えたのを起源としている。なお、同書では日本武尊の子である武田王が御殿を設けた事が武田の地名の由来であり、武田王が館の北東の祠を館内に移して祀ったのが武田武大神の起源としている。
甲斐国には石和八幡宮(笛吹市)や窪八幡神社(山梨市)など武田氏により勧請された八幡社が分布しているが、『甲斐国社記・寺記』によれば、清和天皇の頃に奉幣と社領の寄進が行なわれた後、武田信義が武田八幡宮を氏神とし、社頭の再建などを行なったという。歴代の甲斐国司も造営を行なったとされるが、戦国期に武田晴信(後の信玄)が天文10年12月23日(1542年1月19日)に大檀主として嫡子である武田義信とともに再建したとあるのが、確認されている中で古い造営記録である。この造営は国主となった晴信の最初の事業でもあった。

真清田神社の龍伝承

この地が旱魃に苦しんでいた時、弘法大師が龍に祈って雨を降らせたという伝説があります。この時、龍は竜王の指示もなしに、勝手にそんなことはできないと断ったのですが、弘法大師は「お前が死ぬことがあれば、ここに祀る」と約束したのです。雨は降りましたが、龍は竜王の怒りに触れて、バラバラになって天から降って落ちたというのです。空海は龍を真清田神社に祀ったということです。この龍が、八頭八尾の龍というお話も、茅で編んだ草に命を吹き込んだ龍だという話もあるようです。