一対比較:pairwise comparisons

Prominent psychometrician L. L. Thurstone first introduced a scientific approach to using pairwise comparisons for measurement in 1927, which he referred to as the law of comparative judgment. Thurstone linked this approach to psychophysical theory developed by Ernst Heinrich Weber and Gustav Fechner. Thurstone demonstrated that the method can be used to order items along a dimension such as preference or importance using an interval-type scale.

一対比較法:Paired comparison analysis

心理学において、ひとの比較判断の法則性についての研究があった。サーストンらは、人の比較判断において、一方が選ばれる確率から、対象に対する尺度を与えることができると考えて、尺度構成方法を提案した。これは、プロビットを使う方法であった。

参考


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-05 (日) 19:19:00 (3355d)