糸島郡の平原遺跡、三雲南小路遺跡、須玖岡本遺跡

April 2015 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

image糸島郡の平原遺跡、三雲南小路遺跡、須玖岡本遺跡

平原遺跡 :糸島郡前原町平原 昭和40年糸島郡前原町平原(当時、現在は平原市)において、農作業の最中に多量の朱…

Read the full story here


コメント

  • 八咫の鏡

    「咫(た)」とは円周の長さの単位で、1咫=8寸、直径2.5寸の円周(円周率3.2)とされている。八咫鏡とは直径2尺、46センチの鏡という事になる。平原遺跡からは、まさに直径46センチの国内出土最大の鏡が4枚出土している。御統は勾玉や管玉などを緒に通して首飾りにしたもので、五百箇の御統とは、珠が五百箇ある首飾りという事になる。平原遺跡出土の首飾りを写真で数えてみると約470個の珠があった
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。