鉄とタタラ、吹子

11/06編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

image鉄とタタラ、吹子

砂鉄や鉄鉱石を木炭によって還元し、鉄を取るには温度を高くしなければなりません。1000℃以下でも還元できますが…

Read the full story here


コメント

  • 11/06編集されました
    楯築遺跡でも鉄剣出土

    楯築遺跡(たてつきいせき)岡山県倉敷市矢部

    弥生時代の墳丘墓(双方中円墳)で直径約43メートル、高さ4、5メートルの不整円形をなし、東・南西側にそれぞれ方形の突出部が」あるのが特徴。

    築造年代は2世紀後半~3世紀前半で、主な出土品は鉄剣、首飾、ガラス玉、小管玉、壺形土器、特殊器台・特殊壺の破片が発見されている。

    謎の巨石

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。