忌部、

07/15編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

コメント

  • 07/15編集されました
    天富命は「天日鷲命」の後裔である「由布津主命(又の名は「阿八別比古(あわわけひこ)」の率いる阿波忌部を従えて布良に上陸しました。

    そして、房総半島を開拓し、麻を植えるとよく成育したので、「総の国」と名付けました

    「天富命」は開拓の業を終えて帰りましたが、「由布津主命」は「天富命」の仰せのままこの地に留まり、国土の開発にあたりました

    そして、「天富命」の娘「飯長姫命」と結婚して、「堅田主命(かただぬしのみこと)」を生み、彼が「安房忌部の祖」となりました

    -
    阿波忌部氏の系図によると、天日鷲命は太玉命の義理の兄弟で、天富命と由布津主命の娘は夫婦である。尚
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。