蘇我氏

June 2019 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

image蘇我氏

蘇我氏は天皇と姻戚関係を持ちながら蘇我稲目、馬子、蝦夷、入鹿の四代にわたり政権を掌握していた。 中大兄皇子は、…

Read the full story here


コメント

  • 古代大化改新以前の日本では、新羅系の蘇我と白山が主導権を握っていた。

    その蘇我(白山連合) 権力を倒したのが大化改新で、百済系の奈良王朝(中大兄皇子) と中国系の吉備王朝(藤原鎌足) が連合してのクーデターだ。

    律令体制はそのままで、六世紀頃には神奈川県の蘇我川畔に栄えていた蘇我(蘇民) らの末裔は全国に散らばった。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。