相模、小野神社、橘の君 – 古代史俯瞰 by tokyoblog

December 2018 編集されました カテゴリ: 神社
相模、小野神社、橘の君 – 古代史俯瞰 by tokyoblog

ホツマツタエより
相模の小野。 
オオヤマズミのマウラは、アスカ川を模してここに新田をなし、橘の木を植えて、代々「橘の君」となる。 
  

Read the full story here


コメント

  • 相模の小野。 
    オオヤマズミのマウラは、アスカ川を模してここに新田をなし、橘の木を植えて、代々「橘の君」となる。 

    神奈川県厚木市小野、小野 (オノ) 神社
    東京都多摩市一ノ宮、小野 (オノ) 神社


    タケコ・タキコ・タナコ

    田心姫・湍津姫・タナコ。
    ハヤコの生んだ、タケコ(奥津島姫)・タキコ(江島姫)・タナコ(市杵島姫) の三つ子の姫。
    イトウの三女神。宗像三神。

    アマテルが床酒にハヤコを召してとついだ夜、十握の剣が三つに折れるが、寄り集まって一つにまとまるという夢を見る。その後ハヤコが三つ子の姫を生んだので、三女の斎名の頭にそれぞれ「タ」の字を付けたという。

    ソサノヲとモチコ・ハヤコの不倫に気づいた内宮セオリツ姫によって、モチコ・ハヤコと共にウサ宮のアカツチに預けられるが、モチコ・ハヤコは逃亡したため、セオリツ姫によって派遣されたトヨヒメ姫アヤコによって養育される。その後は自らの意志でしばらく流離ったと記されている。
      

    大分県宇佐市宇佐、宇佐 (ウサ) 神宮
    福岡県宗像郡玄海町、宗像 (ムナカタ) 神社

    『ハヤコが三子 一はタケコ オキツシマ姫 二はタキコ ヱツノシマ姫 三はタナコ イチキシマ姫』6文
    『昔 君  マナヰにありて ミスマルの 珠を濯ぎて タナキネを モチに生ませて』7文
    『床酒に ハヤコを召せば その夢に 十握の剣 折れ三割 さがみにかんで 共となる 三人姫生む "タ" の斎名』7文
    『姫 人 成りて オキツ島 サカムヱノ島 イツク島 己からさすらふ』7文
    『イトウ神 善きを知る名ぞ 愚霊なる 恥に自ら さすらひて 慈愛を知れば』28文
    『子のシマツ 三つ姫祭る 外ヶ浜 イトウヤスカタ 神の御供 蝕むウトウあり』28文
    『二愚霊 姫に生まれて 君 召せば モチは御子生み 典侍となる ハヤは姫生み 内局』28文

    相模。
    アマテルが床酒にハヤコを召してとついだ夜、十握の剣が三つに折れるが、寄り集まって一つにまとまるという夢を見る。そしてタケコ、タキコ、タナコの三つ子の姫が生まれたという。これが相模の語源らしい。
      

    神奈川県藤沢市江の島、江島 (エノシマ) 神社
      

    『昔 君  マナヰにありて ミスマルの 珠を濯ぎて タナキネを モチに生ませて』7文
    『床酒に ハヤコを召せば その夢に 十握の剣 折れ 三割 添かみに交んで 共となる 三人 姫 生む』7文
    『姫 人成りて オキツ島 サカムヱノ島 イツク島 己からさすらふ』7文
    『タキコ姫 カクヤマツミの 妻となり カコヤマ生みて サカムなる ヱノシマ神と 成りにける』28文
    『身差し国 相模の国と モトヒコに 名付け賜わる 国つ守』39文
    『タケヒは先に 相模より ヱミシの土産  持ち上り 帝に捧げ 悉く 纏らふ形 申さしむ』39文
    『東方へ 行けば相模に 御饗なす マシ・テシ拝み 泣き曰く "姫 滅ぼして まみえ得ず"』40文

    ハヤコ・コマスヒメ
    コマス姫。
    クラキネの娘で、モチコの妹。 斎名:ハヤコ。
    アマテルの北局の内侍。 タケコ・タキコ・タナコの母。 
    ソサノヲとの不倫事件で解任され、コクミ・シラヒトのいる斐川へ出奔。
    ヤマタノオロチと化して、ソサノヲに斬られる。
    ソサノヲはこれを「連り天引」のヤスカタ神として祭ったため、後にイハナガとして転生する。 

    滋賀県草津市穴村町、安羅 (ヤスラ) 神社
  • 『日本書紀』によると、鴨別は御友別の弟とされる。
    『日本三代実録』元慶3年(879年)10月22日条では、吉備武彦命の第三男で笠朝臣の祖とする。

    また『新撰姓氏録』右京皇別 笠臣条では、鴨別を稚武彦命の孫とする。

    『日本書紀』景行天皇40年7月16日条によると、日本武尊の東征にあたって、その従者として吉備武彦と大伴武日連が付けられたという。また同年の是歳条によると、吉備武彦は途中で越国に視察のため派遣され、のち日本武尊と美濃で合流した。そののち日本武尊が病を得ると、吉備武彦はその遺言を伝える使者として景行天皇の元に遣わされたという。

    関連して『古事記』景行天皇段では、吉備武彦と同一人物かは定かでないが、吉備臣らの祖の「御鉏友耳建日子(みすきともみみたけひこ)」が倭建命(日本武尊)の従者として東征に遣わされたことが記されている。

    また『新撰姓氏録』右京皇別 廬原公条では、景行天皇の時に稚武彦命の孫の「吉備建彦命」は東方に派遣され、毛人を討って「阿倍廬原国」に到ったのち、天皇に復命した日に廬原国を賜ったとする。
  • 『先代旧事本紀』(「天神本紀」)によると、両神は共に八意思兼神の御子神で、饒速日命が天磐船に乗って天降った時、護衛として随従した32柱の神の2柱。
    天表春命(あめのうわはるのみこと)は信乃阿智祝部(しなののあちのほうりべ)等の先祖とされ、天下春命(あめのしたはるのみこと)は天表春命の弟神と見られ、知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)の先祖とされる。また大伴部氏の祖ともいわれる。
    なお『高橋氏文』に「知々夫(秩父)国造の上祖、天上腹、天下腹人」と見える人名は、この両神に関係があると見られている。
    とありますが、先代旧事本紀は、後の物部氏が記紀の内容を修飾して祖神である饒速日命を神格化して、出自を高めるために作った公算の高いものだと考えています。
  • July 2017 編集されました
    和爾下神社・上治道天王神社(奈良県天理市櫟本町宮山)
    和爾下神社・下治道天王神社(奈良県大和郡山市横田町字治道)

    この神を祀ったものであろう。和邇氏の神社でしょう

    和邇氏の後裔
    春日氏 奈良市春日野町
    粟田氏 愛宕郡粟田(京都市左京区)
    小野氏 滋賀郡志賀町小野、愛宕郡小野の郷、島根県益田市戸田町(旧小野村)、
    櫟井氏 天理市櫟本町
    柿本氏 北葛城郡新庄町柿本
    高橋氏 奈良県奈良市八条町菰川(旧高橋邑)
  •  『日本書紀』では、安閑天皇(531~535年)の元年閏12月条に「武蔵国造の笠原直使主(かさはらのあたひおみ)と同族の小杵(をき)が、国造の地位を相争い幾年も経つが決着しなかった(使主・小杵は、皆名である)。
     小杵の気性は激しく逆らいやすく、高慢であった。密に上毛野君小熊(かみつけののきみをくま)に援けを求めて赴き、使主を謀殺しようとした。使主は、これを知り遁走し、京に詣でて事態を言上した。
     朝廷は裁断し、使主を国造とし、小杵を誅殺した。
     国造の使主は、かしこみつつも歓喜し、その感謝の念を示して、謹んで天皇に横渟(よこぬ)・橘花(たちばな)・多氷(たひ)・倉樔(くらす)の四処を屯倉として奉置した。この年は、534年にあたる」。

     『日本書紀』安閑天皇2年5月の条には多数の屯倉設置の記事があることから、この時代、ヤマト王権が各地の豪族の政争を誘発し、それを好機として、豪族の支配地の一部をさき、各地に直轄領として屯倉を設けて、その経済的基盤を一層強化すると同時に、地方の大豪族の既得権益を削いでいった。

     朝廷が武蔵国造として推す笠原直使主に対抗して、上毛野君小熊が同族の笠原直小杵を担ぎ出して対抗して敗れて、結局、四処を屯倉として献上せざるをえなくなった、というのが実情であった。
     記事の4屯倉は、ヤマト王権による、東国支配の拠点になったと考えられている。
     横渟屯倉は『和名類聚抄』にある武蔵国横見郡で、 現在の埼玉県比企郡吉見町や東京都村山市の一部が比定されている。
     橘花屯倉は、武蔵国橘樹郡(たちばなぐん:現在は神奈川県)の御宅郷や橘樹郷で、現在の神奈川県川崎市高津区子母口付近にあたる。
     多氷屯倉の「多氷」は多末(たま)の誤記とされ、武蔵国多磨郡、現在の東京都あきる野市。
     倉樔屯倉の「倉樔」を倉樹(くらき)の誤記とみられ、武蔵国久良岐郡(くらきぐん)、現在の神奈川県横浜市神奈川区、古くから陸上・海上交通の要衝であり、藤原京跡から出土した700年頃の木簡に、久良郡の文字があった。神奈川県の由来も、横浜を流れる「上無川(かながわ)」による。神奈河・神名川などとも書かれた。県名になったのは、横浜開港に伴い安政6(1859)年に「神奈川奉行所」を置いたことによる。
     これらの屯倉は、荒川と多摩川流域に位置している。特に橘花屯倉は、多摩川の河口を支配する場所である。朝廷はこれら流域を押さえ、毛野氏が海に出るルートを遮断し、朝廷が海上ルートを独占するため、あえて毛野氏に献上させた。

     多摩川が流れる武蔵国は、かつて上野国とともに東山道に属していた。当時の利根川は東京湾に乱入し、南武蔵への行路を妨げていた。ために武蔵国西部を南北に流れる多摩川を遡上し上野国に至るルートが開かれていた。それで武蔵の国府が多摩郡に置かれ、現在の東京都府中にある大国魂神社付近にあった。武蔵国が東山道から東海道に編入されたのは、奈良朝末期の宝亀2(771)年であった
  • October 2018 編集されました
    87 左京 皇別   大春日朝臣 朝臣   出自孝昭天皇皇子天帯彦国押人命也 仲臣令家重千金。委糟為堵。于時大鷦鷯天皇[謚仁徳。]臨幸其家。詔号糟垣臣。後改為春日臣。桓武天皇延暦廿年。賜大春日朝臣姓   165

    88 左京 皇別   小野朝臣 朝臣 大春日朝臣同祖 彦姥津命五世孫米餅搗大使主命之後也 大徳小野臣妹子。家于近江国滋賀郡小野村。因以為氏 日本紀合
  • October 2018 編集されました
    天表春命(あめのうわはるのみこと)は信乃阿智祝部(しなののあちのほうりべ)等の先祖とされ、天下春命(あめのしたはるのみこと)は天表春命の弟神と見られ、知々夫国造(ちちぶのくにのみやつこ)の先祖とされる。また大伴部氏の祖ともいわれる。

    なお『高橋氏文』に「知々夫(秩父)国造の上祖、天上腹、天下腹人」と見える人名は、この両神に関係があると見られている。

    信濃國伊那郡 阿智神社
    御祭神 天思兼命
    相殿 誉田別尊(八幡大神) 須佐之男命(新羅明神)

    長野県の阿智村にある。阿智町役場の北500mほどの駒馬に鎮座。
    153号線から北へ入り、小学校の脇の道を進むと参道入口。
    鳥居の右手に「郷社安布知神社」と刻まれた社号標。
    創祀年代は不詳。『式内社調査報告』によると式内社・阿智神社の論社であるらしい。

    社伝によると、人皇十六代仁徳天皇五十六年、この地の地主神が明灯山に夜光となって現われ、山の枯木の元を掘れとのお告げにより掘ったところ、八花鏡を見いだし、
    この鏡を御霊代として祠を建てて祀ったのが当神社の創祀。

    祭神は天思兼命。
    『先代旧事本紀』によると、天思兼命とその子・天表春命は共に信濃国に天降り、
    阿智祝部等の祖となったと記されており、昼神の阿智神社同様、秦氏あるいは阿知使主一族などの帰化人系により奉祀された天孫系の神社。

    慶雲三年(706)八幡大神を勧請して相殿に祀り、さらに、天正元年(1573)松尾城主小笠原信貴が甲斐源氏の遠祖のゆかりの新羅明神を近江国三井寺から勧請した。
    また、明灯山の奥の院には日之御子大明神が祀られているらしい。

    ーー

    知々夫国造がほかの无邪志国造、胸刺国造に先んじて定められていることからも分かる。

    知々夫国は无邪志国造の支配した无邪志国と合わさって7世紀に令制国の武蔵国となった。当初武蔵国は東山道に所属していたが、771年に東海道に移管された。

    氏神
    知々夫国造の氏神は、埼玉県秩父市(旧秩父郡)にあり武蔵国四宮の秩父神社(ちちぶじんじゃ、位置)である。『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、知知夫彦命は国造に任命され「大神を拝祠」したという。この「大神」は知知夫彦命の祖である八意思兼命をさすと考えられ、秩父神社ではこれをもって神社の創建としている。また現在は知知夫彦命自身も秩父神社の祭神となっているが、これは知知夫彦命の9世子孫である知知夫狭手男が允恭天皇年間(412年 - 453年)に合わせて祀ったためであるといわれる。

    秩父神社の祭神は2018年(平成30年)現在も八意思兼命や知知夫彦命などである。
  • October 2018 編集されました
    『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、崇神天皇10(BC.87)年に、味見命の子で、八意思兼命の十世孫・知知夫彦命が国造に任じられ、秩父神社を創建し祖神・八意思兼命を祀ったとされる。
    成務天皇(131-190)の世に、多摩川流域に勢力をもつ出雲臣系氏族の兄多毛比命が夭邪志(むさし)国造に、その子・伊狭知直が胸刺(むなさし)国造に定められ、秩父郡が埼玉郡に先んじて発展していたが、埼玉古墳群に匹敵する大規模な古墳は見あたらない。
    允恭天皇(412-453)年間に知知夫彦命の九世孫・知知夫狭手男が、知知夫彦命を秩父神社に祀ったという。埼玉県秩父郡の国神塚古墳は、知知夫彦命の墳墓と伝えられている。

    大伴部赤男
    奈良時代の武蔵国入間の豪族。外従五位下。知々夫国造の末裔と伝わる。
    秩父氏(一説)
    桓武平氏良文流の一族。平良文の孫で、桓武天皇6世にあたる平将恒を祖とする。知々夫国造の子孫との説もあり、知々夫国造家の娘と婚姻関係を結び吸収同化することで秩父氏を称した可能性がある。畠山氏、河越氏、江戸氏、渋谷氏、葛西氏など秩父平氏と呼ばれる多くの支流を出している。
  • 新羅明神を祭る安布知神社
    祭神は須佐之男命(新羅明神)・八意思兼命(創世の神の一柱である高御産巣日神の子) ・誉田別尊(応神天皇)の三神である。下伊那郡阿智村大字駒場にある。 木曽の妻籠宿(江戸時代の宿場)から木曽路や伊那路へ抜ける場所である

    『社伝』によれば「仁徳天皇五十六年(368)三月、八華形の鏡を思兼命の霊代として、 明燈山の山頂に小祠を建立し地主神として斎きまつり、吾道(あち)大神宮ととなえ奉った。 彼の八華形の鏡が夜毎に光を放ちたるにより明燈山、光燈山と称した」という。

    当地になぜ天孫系の思兼命が祭られたのか、その由緒は不明である。 地名の安智に由緒があり、当初は明燈山を地主神としていたのかも知れない。 「天思兼命は高皇産霊尊の子であり、その子・天表春命を伴って信濃国に降り、 神坂嶺下の安智に居して諏訪族を警戒した」(『阿智村誌』)ともいわれているが、 当村には諏訪神社も存在しているので、必ずしもこの説は当たらない。

    『阿智村誌』によれば現在の相殿である八幡神(応神天皇)及び新羅明神(須佐之男命)の合祀について、 八幡神は奈良時代文武天皇の慶雲三年(706)の勧請、 新羅明神は室町時代正親町天皇の天正元年(1573)、 領主の小笠原信貴が近江国三井寺より勧請して清坂山の中腹に社殿を造営し、 これを祭ったという。そして「思兼命」「誉田別命」は相殿に奉祀され、 神社名も新羅明神社と称したと記載されている。

    更に、『清坂社由来記』にも、「人王八十八代後深草院の御宇、同領主小笠原遠江守源長経、 新殿を御建立有て正元元年十一月十五日江州三井寺より新羅大明神、 日御子大明神を勧請奉て、……」の記載がある。『新羅明神神殿内墨書』にも同様な記載があり、 これらの資料によれば、新羅明神は地頭小笠原氏が勧請したことがわかる。 資料には日の御子大明神も勧請したとあるが、 近江の三井寺には新羅明神と共に火御子明神も相殿になっているので、恐らく一緒に勧請したものであろう。
  • 倉敷の阿知

    神社の伝承には阿智使主が吉備に製鉄を伝えたという事になっている。
    この阿智神社を建立した由来が
    神功皇后が大陸での戦いを終え、瀬戸内海を海路帰還していたところ、大嵐に見舞われ危機にさらされた。
    その時、天空が光り、三本の剣が天から降ってきた。これを明剣と名付け、倉敷の地に祀ったという

    それで、阿知神社というから阿知使主を祀っているかとおもえばさにあらず。
    実は、
    多紀理毘売命
    多岐都比売命
    市杵嶋比売命
    を御祀りしている。
    つまり、その三本の剣は女神だったという事になる。
    この阿知使主と吉備の関係、
    また、宗像三神との関係はとても興味深いと思いました。
  • 信濃國伊那郡 阿智神社
    旧郷社

    御祭神
    天八意思兼命 天表春命
    配祀
    誉田別命 健御名方命 大山咋命

    長野県の阿智村にある。
    阿智町役場の北西3Kmほどの智里(ちさと)に鎮座。
    阿知川を遡って153号線を西へ進み、
    256号線に入って1Kmほどの昼神温泉に阿智神社前宮(前社)がある。

    256号線から北へ入った場所に境内があるのだが、
    入る場所を間違えて、僕は境内の裏から参拝した。
    ということで、一度境内を通過し、表参道に戻って参拝開始。
    参道の坂道を上ると鳥居が立っており、鳥居の奥に手水舎。
    手水舎の前を通過し、階段を上ると、もう一つの鳥居。
    鳥居をくぐると、社殿のある林の中の境内。

    「鳥居をくぐる」と記したが、実際にはくぐっていない。
    参道の二基の鳥居には、細い注連縄が張られているのだが、
    胸の高さの位置に張られているため、くぐる事をためらった。
    通常の神社の鳥居では、注連縄は上部の貫(横棒)の位置にあるのだが、
    阿智村周辺の神社では、鳥居の脚の部分の中ほどに張られているようだ。

    境内の奥、北側に南向きの社殿。
    入母屋造妻入りの拝殿の後方に、本殿を納めた覆屋が接続した形式だ。

    拝殿の左手の木に、白い御幣が掲げられていた。
    なにか意味のあるものだと思うが、詳細は未確認。
    西側にあることから、奥宮を遥拝するものなのかもしれない。

    創祀年代は不詳。
    社伝によると人皇第八代孝元天皇五年春正月、
    天八意思兼命が御子神を従えて信濃国に天降り鎮座したという。
    式内社・阿智神社に比定されている古社。

    鎮座地である「昼神」の地名は「蒜噛」を好字に替えたもの。
    『日本書紀』景行天皇四十年の条に、日本武尊が信濃の山中で白鹿となって現れた神に
    蒜(ひる)を投げつけて殺したため道に迷って難渋したが白い犬に助けられ美濃に出たとあり、
    以前は、信濃坂を越える者は、神の気を受けて病になる者が多かったが、
    この後は、山を越えるものは蒜を噛んで人や牛馬に塗ると神気にあたらなくなったとある。

    祭神は、天八意思兼命とその御子・天表春命。
    天表春命は帰化人である阿智祝の祖と考えられ、
    出雲系の諏訪族に対する、天孫系の尖兵として当地に駐留したと伝えられ、
    奥宮の地は天表春命の墳墓という説がある。

    一説には、当社は戸隠神社の元宮であるといい、
    阿智神社は吾道宮とも称し、
    『信濃地名考』には、天八意思兼命の御子・手力雄命は吾道宮に鎮座した後、
    戸隠神社奥社へ遷座したと記されている。
    また、天八意思兼命を祭神とする戸隠神社中社や
    天表春命を祭神とする戸隠神社宝光社は当社から分祀されたものという説もあるらしい。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。