吉備と伯耆、瀬戸内の王族 – 古代史俯瞰 by tokyoblog

June 2017 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

吉備と伯耆、瀬戸内の王族 – 古代史俯瞰 by tokyoblog

吉備国では古今和歌集に
「真金吹く 吉備の中山 帯にせる 細谷川のおとのさやけさ」
と歌われるごとく、鉄・鍛冶生産が早くから行なわれてきた鉄の一大生産地。

Read the full story here


コメント

  • 「古事記」に孝霊天皇の兄に「大吉備諸進(もろすすみ)」あり。これは何者か。誰も問題にしない。 わからんからだ。日向に「諸県(もろあがた)」あり。また、「諸県君(もろあがたのきみ)牛諸(うしもろ)」あり。この人物の娘が「髪長媛」なり。応神の頃の采女(うぬめ)。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。