石見国一宮、物部神社、宇摩志麻遅命

June 2016 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

image石見国一宮、物部神社、宇摩志麻遅命

御祭神宇摩志麻遅命は、物部氏の御祖神として知られております。御祭神の父神である饒速日命は十種神宝を奉じ、天磐舟…

Read the full story here


コメント

  • 神武天皇御即位のとき、御祭神(宇摩志麻遅命)は五十串を樹て、韴霊剣・十種神宝を奉斎して天皇のために鎮魂宝寿を祈願されました。(鎮魂祭の起源)

    祭神・宇摩志麻遅命は勅命により、
    天香具山命とともに物部氏の一族を率いて、
    美濃、越国を平定し、石見国に入って死去したと伝えられ、社殿背後の八百山の古墳は神墓であるという。
    また、播磨・丹波国を経て石見国へ入ったともいう。
    ウマシマジは石見で没してます。
  • June 2016 編集されました
    ウマシマジこそ物部氏の祖という話。

    神山町神領にある高根山悲願寺は、邪馬台国の女王・卑弥呼の居城だったという説もあります。
    神山町との境界線に割と近い、徳島市の気延山には、天石戸別八倉比売神社がありますが、神社の背後にある祭壇が、卑弥呼の墓だとも言われています。
     天石戸別八倉比売(あめのいわとわけやくらひめ)神社の御祭神は、オオヒルメであり、天照大御神の別名になります。
     天石戸別八倉比売(あめのいわとわけやくらひめ)神社は、由緒書きによると、御神格は正一位、延喜式内明神大社となっており、阿波の国一宮でもあります。

     小高い山の頂上付近にひっそりと佇んでいますが、大昔は、大麻比古神社、忌部神社と並んで、阿波の国で最も格式の高い神社だったようです。
     また、剣山登山口の見ノ越から、北の方へ峠を下りた、つるぎ町一宇には、天磐戸神社があり、忌部神社の摂社であったとされています。
     奥の院は、巨岩の岩戸で、岩戸のすぐ下には、神楽岩と呼ばれる大きな石があり、表面が平らで、畳十数畳程の広さがありますので、舞を踊ることが出来ます。
     かつては、神代の時代から岩戸神楽が奉納されてきましたが、岩磐の上で舞う神楽は、日本唯一のものだとのことです。
     古事記の中では、天岩戸開きの場面で、天香具山の真男鹿の肩など、天香具山で取れたものの名前が数回立て続けに出てきますので、天岩戸開きの舞台が大和三山の一つである天香具山であるかのような印象を受けてしまいますし、天香具山の麓には、天岩戸神社も建てられています。
     九州の高千穂にも、岩戸伝説があり、天岩戸神社がありますが、古事記に書かれている天岩戸開きの舞台は、阿波の国・徳島が原型なのかも知れません。
     神山町の元山には、天岩戸立岩神社があり、巨岩のイワクラが御神体となっています。
    拝殿には、阿波古事記研究会の説明板が掲げられており、「阿波国風土記」の一節が紹介されています。
    「空よりふり下りたる山の大きなるは阿波の国にふり下りたるを、天の元山といいその山のくだけて、大和の国にふりつきたるを天香久山というとなんもうす」(「阿波国風土記」)

    奈良の天香山神社(あまのかぐやまじんじゃ)
    祭神は、櫛真智命神(くしまちのみことのかみ)です。
    境内にある「朱桜」(にわざくら)という古名で知られる「波波架の木」(ははかのき)は、その昔、占いに用いられたと言われています。
    「古事記」の天岩戸神話(あまのいわとしんわ)には、天香具山(あまのかぐやま)の雄鹿の骨を抜きとって「朱桜」の木の皮で焼き、吉凶を占ったとあります。

    新潟県の彌彦神社
    天照大神の曾孫にあたる「天香山命(あめのかごやまのみこと)」

    武呉神社(たけくれじんじゃ)
    祭神:第1嗣 天五田根命(あめのいつたねのみこと)

    草薙神社(くさなぎじんじゃ)
    祭神:第3嗣 天戸国命(あめのとくにのみこと)

    今山神社(いまやまじんじゃ)
    祭神:第4嗣 建筒草命(たけつつくさのみこと)

    勝神社(すぐるじんじゃ)
    祭神:第5嗣 建田背命(たけたせのみこと)

    乙子神社(おとごじんじゃ)
    祭神:第6嗣 建諸隅命(たけもろずみのみこと)

    〈末社〉
    二十二所社(にじゅうにしょしゃ)近畿周辺の著名二十二ヶ所の大神を祀る

    八所神社(はっしょじんじゃ)
    京都以東の著名八ヶ所の大神を祀る

    十柱神社(とはしらじんじゃ)

    大己貴神(おおなむちのかみ)と大地・水・山・海・土など国土の安全を守護する十柱の大神を祀る【国重要文化財】
    〈境外摂社〉
    妻戸神社(つまどじんじゃ)
    所在地:長岡市寺泊野積
    祭神:妃神・熟穂屋姫命(ひめがみ・うましほやひめのみこと)

    船山神社(ふなやまじんじゃ)
    所在地:新潟市西蒲区福井
    祭神:第2嗣 天忍人命(あめのおしひとのみこと)

    桜井神社(さくらいじんじゃ)
    所在地:弥彦村麓字小桜
    祭神:天香山命(あめのかごやまのみこと)
  • 麻賀多神社
    麻のマークは阿波忌部氏で大麻比古神社の神紋と同じ

    忌部神社で祀られている御祭神・天日鷲命(あめのひわしのみこと)が、天磐船に乗って種穂山に降り立ち、麻と梶、粟など五穀の種を授けたと言われています。
     天日鷲や天磐船という言葉は、エロヒムの宇宙船をイメージさせる言葉です。

     阿波の国一宮である大麻比古神社は、天日鷲命(あめのひわしのみこと)の祖先とされる天太玉命を大麻比古大神として祀っていますが、神武天皇の時代に、忌部氏が麻や梶を植えて阿波の国の産業を開拓していったことと関係があるようです。
     忌部神社の御祭神・天日鷲命(あめのひわしのみこと)は、「麻植(おえ)の神」として神徳を称えられたとのことで、種穂山がある場所は、麻植(おえ)郡という地名になっています。
     神棚にお祀りする、伊勢神宮の神札を神宮大麻と呼びますが、神道と麻とは関係があります。
     伊勢神宮の御祭神は、皇室の祖神・天照大御神であり、新しい天皇が誕生した時に行われる重要な儀式「大嘗祭」で用いられる麻が、忌部氏の末裔である三木家によって、木屋平村で代々作られてきたことからも、天皇家と阿波の国・徳島との古くからある繋がり・関係性を窺い知ることが出来ます。
  • 天香山命(あめのかぐやまのみこと/あまの-)は、日本の神である。「天香語山命」、「天賀吾山命」等とも書かれるため、「あめ(ま)のかごやまのみこと」とも読む。

    『先代旧事本紀』によれば、天照太神の孫神である饒速日尊(天火明命)と、天道日女命(あめのみちひめ-)との間に生まれた神(天照太神の曾孫神)で、尾張氏等の祖神とされ、物部氏等の祖神である宇摩志摩治命(うましまぢ-)とは母神を異にする兄弟神となっている。『新撰姓氏録』にも見え、後裔氏族として尾張氏(左京神別等)を始め、伊福部氏(左京神別下)・六人部氏(山城神別)・津守氏(摂津神別)等を挙げている。

    『先代旧事本紀』の「天神本紀」には、饒速日尊の天孫降臨に従った32柱の1柱に数えられ、「天孫本紀」では、紀伊国の熊野邑(和歌山県新宮市が比定地になっている)に住み、別名を「手栗彦命(たくりひこ-)」、または「高倉下命」というとあり、以下『記紀』に載せる「高倉下」の伝承と同じ内容を記す(詳しくは高倉下を参照)。

  • 京都府木津川市椿井大塚山古墳について

    椿井大塚山古墳からは、卑弥呼の鏡である大型の「長宜子孫銘雲雷文連弧文鏡」(和名は長宜子孫銘雲雷文内行花文鏡=息津鏡)、方格規矩鏡、対置式画文帯神獣鏡、三角縁神獣鏡33面以上のほか素環頭大刀1口を含む鉄刀7口以上、鉄剣・鉄槍約10振り、鉄鏃200個以上、銅鏃16個以上、小札革綴冑1点、鉄鎌3点、斧10点、刀子17点、釶7点以上、鑿16点、銛10点以上、ヤス3点、釣針1点そして短甲と考えられる鉄板などが検出されている。小林行雄は、多数出土した三角縁神獣鏡に着目して研究した。そして著書『古鏡』のなかで、椿井大塚山古墳出土三角縁神獣鏡の画像の形式と日本国中の出土三角縁神獣鏡の画像の形式との相関図を表わし、椿井大塚山古墳の被葬者が三角縁神獣鏡配布の中心人物であると判断した。

    後に、その人物を武埴安彦と推察している。

    宇摩志麻治

    副葬に武器と木工用具そして漁労具が多い
    父の饒速日は義兄の長髄彦とともに鳥見村(登美)に至り、おそらくそこで宇摩志麻治は生まれ、育ったであろう。近くの木津川の扇状地にある山背には、天照大神の三男の天津日子根が東遷してきている(『記』)。天津日子根は大叔父にあたる。また、山代国造の祖の伊岐志爾保が饒速日とともに天磐船で東遷している(『先代旧事本紀』)。つまり、山背には宇摩志麻治と関係深い人たちが移住して来ている。宇摩志麻治は神武(=崇神)天皇の勅命で天物部を率いて美濃、越後を平定し、岩見国に入りそこで没した。

    物部神社背後の八百山の墳墓に葬られたとなっている。宇摩志麻治は天皇の足尼という重鎮である。中央で埋葬されるのが当然である。岩見国で没した宇摩志麻治は、親族と物部氏により、生まれ故郷に近い山背国に帰葬されたのだ。椿井大塚山古墳は三輪山からほぼ真北にある。邪馬台国後裔の宇摩志麻治は、纒向には葬られたくなかったのだ。
  • December 2019 編集されました
    古語拾遺と旧事紀を見て気付くのが、

    東征時の戦闘は磯城地方だけではなく、中國全域で発生していたという内容である。記紀は、神武が辿った宇陀方面からの経路しか記していないが、先代旧事本紀、古事拾遺は、奈良盆地の西部・北部などからの侵攻もあったことも伝えているのである。
    次に目に留まるのが戦後処理である。記紀の情報は非常に簡素である。いや、簡素と云うより「からっぽ」である。

    神武が橿原で即位したこと以外は何も残さない。

    しかし、他の資料は違う。新しく樹立した政府として欠かせない体制作りや行事が様々行われていたことを記録してくれているのだ。
    考えればそれは史書としては当然の役割である。神武東征の疑問の一つ、「攻め込んだ国をどのように制圧・統治したのか」。そのことこそが本来東征と云うイベントを史書に残すにあたり、歴史事実として最も伝えなくてはならないことなのである。
    それが、記紀にはまったくなく、他の史書にはあるわけだ。

    物部神社の奥の院の石祠と三瓶山

     石見国一宮の物部神社の御祭神「宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)」御降臨の地、鶴降山へ登りました。山頂には立派な石祠が祀られており、命が国見をした場所と伝えられています。
    広く平坦な山頂からは東に三瓶山が美しく、西には大江高山火山群のでこぼこした山容が印象的です。


    物部神社
    祭  神:宇摩志麻遅命
    説  明:ご由緒書を転載します。
    「御祭神宇摩志麻遅命は、物部氏の祖神として知られております。御祭神の父神である饒速日は十種の神宝を奉じ、天磐舟に乗って大和国哮峯に天降り、御炊屋姫命を娶られ御祭神を生まれました。御祭神は父神の遺業を継いで国土開拓に尽くされました。
    神武天皇御東遷のとき、忠誠を尽くされましたので天皇より神剣韴例剣・十種神宝を奉斎して天皇のために鎮魂宝寿を祈願されました。(鎮魂祭の起源)その後、御祭神は天香具山命と共に物部の兵を率いて尾張・美濃・越国を平定され、天香具山命は新潟県の弥彦神社に鎮座されました。御祭神はさらに播磨・丹波を経て岩見国に入り、
    都留夫・忍原・於爾・曽保里の兇賊を平定し、厳瓶を据え、天神を奉斎され(一瓶社の起源)、安の国(安濃郡名の起源)とされました。
    次いで、御祭神は鶴に乗り鶴降山に降りられ国見をして、八百山が大和の天香具山ににていることから、この八百山の麓に宮居を築かれました。(折居田の起源)」

     住  所:島根県大田市川合町川合1545

    三瓶山の旧名は佐比売山。麓には佐比売神社もありますが、それ以上に関係が深いと思われるのが、邇幣姫神社。この神社の由緒によれば、
    「白鵬十三年十月、大地震により佐比売山の西崖崩れ落ち、忌部の里を埋づめて浮布池が生まれた。
    この時、三つの瓶が飛び出て、一は川合町に鎮座の石見一宮 物部神社地内に、二の瓶はこの池の東部亀隠に沈んだ。それ以来、浮布池は池田を始め川合、吉永、行恒、稲用、延里、静間の集落の水田、数百ヘクタールを潤して日本海に灌いでいる静間川の水源地となった。
    流域の人々は、この池を霊池として敬い神徳を讃えて亀隠の小丘、古宮里に邇幣姫(二瓶
    姫)神社を創建した」

    とあります。
  • December 2019 編集されました
    島根県大田市から国道375号を南下、川合地区に入ると石見国一宮物部神社の案内があるので立ち寄ると良い。神社の案内によれば、石見一宮物部神社は、古来より文武両道の神・鎮魂の神・勝運の神として崇敬され、戦国時代には、石見銀山争奪戦の舞台となっていた

    石見国一宮 物部神社 (島根県大田市川合町) . 主祭神は、古代の豪族 物部氏の祖神とされる宇摩志麻遅命です。 . 御祭神の宇摩志麻遅命が、白い鶴に乗ってここ川合の鶴降山に天降られました。 . 神社の裏山である八百山が大和国の天香久山に似ていることから、宮居を築き鎮座されました。 . 御祭神が、白い鶴に乗って天降りなされたという伝説によって、物部神社の御神紋は、「日負鶴」となっています。 . 物部神社の起源とも言える「鎮魂祭」(みたましずめのまつり)は、御祭神の宇摩志麻遅命が神武天皇即位のときに、天皇のために鎮魂宝寿を祈願されたのが始まりとされます。 . この鎮魂祭を古くから伝承し斎行している神社は、石上神宮(奈良県)、彌彦神社(新潟県)と物部神社の三社です。 . 特に物部神社の鎮魂祭は、宮中において斎行される鎮魂祭に最も近いとされます。 . 現在の本殿は、宝暦三年(1753年)に再建され、島根県内では出雲大社に次ぐ規模です。 . 本殿は、春日造りの建築でありながら、出雲地域の神社建築の影響が随所に見られます。

    『日本書紀』によると、太歳甲寅の年の10月5日に軍舟を率いて日向を出立し、大和へ向かう東征を開始した彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと。後の神武天皇)は、豊後水道を通り筑紫国、安芸国とを経て、翌年(乙卯年)3月6日、吉備国の高島の地に行宮を造って3年間滞在し、その間に船舶や武器の準備、兵糧の備蓄を行った上で、戊午年2月11日に再び大和へ向かい出航したというが、この時の行宮が高島宮である。ちなみに神武天皇の即位は高島宮進発の3年後、辛酉年であるとされている。『古事記』も大同小異の伝承を記すが、高島宮での滞在を8年間としている。

    昭和13年(1938年)から15年にかけて、文部省が当時の学界の総力をあげて学術的な「神武天皇聖蹟調査」を試みた結果、当時の岡山県児島郡甲浦村大字宮浦字高島(現岡山市南区宮浦)を「聖蹟伝説地」に認定した[1]。宮浦には高島神社が鎮座し、高島宮の故跡に後世神社を創祀したとの伝承をもつため、この文部省の調査によってほぼ公認された状態であるが、同様の伝承を有し、または故跡に比定される神社(論社)は岡山県内や周辺一帯に複数存在している。
  • 神武の舟軍は、さらに阿岐国の多祁理宮(たけりのみや)で7年、吉備国の高島宮で8年過ごしている。『紀』では安芸国でほぼ一ヶ月、吉備国の高島宮で3年すごし、ここでまた、軍舟、武器、兵糧を蓄え、戌午(つちのえうま)の二月十一日、神武は東に向かい出航している。高島宮の所在地は、以下に記すように諸説有る。つまり、沼隈郡説(広島県福山市の八幡神社)、高島説(岡山県笠岡市高島、良港がある)、宮浦説(岡山市南区宮浦高島、旧児島郡甲浦村大字宮浦字高島、旭川河口近くの小島であり、長期滞在には不都合)、そして高島山説(岡山市中区、島であった形跡はない)がある。いずれにしても、瀬戸内海に浮かぶ小島が高島宮の所在地に比定されている。神武軍は陸上に拠点をおくことが出来なかったようである。吉備国にあたる岡山県岡山市には多数の三角縁神獣鏡とともに「長生宜子銘内行花文鏡」を埋納していた湯迫車塚古墳があった。この鏡も後漢鏡で内区に「長宜子孫」のかわりに、同じ意味の「長生宜子」を鋳だしている。「長宜子孫銘内行花文鏡」と類似の鏡である。吉井川、旭川および高粱川がつくる岡山平野には5口の銅鐸と銅鐸の破砕片が出土している。これらの証拠から、岡山平野は邪馬台国の権力者か物部の氏族がすでに先住の民を支配しており、吉備王国といえるような勢力が出来上がっていたとしたい。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。