古代の製鉄遺跡、鉄の氏族

2

コメント

  •  『上代日本正史』原田常治著
    出雲/大和族である布都御魂の子 素佐之男尊の第五子がニギハヤヒ尊(大物主神)で娘 伊須気依姫(御歳神)は、伊邪那岐命/伊邪那美命→天照大神を祖とする日向一族である神武天皇と結婚し、皇子 八井耳尊のまた皇子が阿蘇神社に祭られている健磐龍命になります。
     また、健磐龍命は高千穂から阿蘇谷に向かう途中に幣立神宮や草部吉見神社に立ち寄った。健磐龍命は草部吉見の姫をお嫁さんにもらった。ちなみに 八井耳尊の子には古事記著者の太安万侶の祖先である多臣→おお臣がいらっしゃいます。
  • 多氏は皇別氏族屈指の古族であり、神武天皇の子の神八井耳命の後裔とされるが、確実なことは不明。神武天皇東征の後、嫡子の神八井耳命は九州北部を、庶流長子の手研耳命は九州南部を賜与されたとされる。邪馬台国の女王の卑弥呼もまた、多氏の一族である肥国造の人とする説もある。

    古族多氏の子孫は、意富臣、小子部連、坂合部連、火君、大分君、阿蘇君、筑紫三家連、雀部臣、雀部造、小長谷造、都祁直、伊余國造、科野国造、道奧石城國造、常道仲國造、長狹國造、伊勢船木直、尾張丹波臣、嶋田臣など、全国にわたり国造になっている場合が多い。

    多氏の後裔でもっとも有名なのは阿蘇国造の後裔という肥後の阿蘇氏だが、阿蘇氏の多氏子孫説には多くの疑問があるとされる。阿蘇氏の祖神は健磐龍命であり、多氏とは別系統だが系譜を接合したともされる。筑後国の蒲池氏にもまた多氏の流れを汲むという説があるが、もとより伝承の域を出ない。

    大分氏(大分君)は豊後国大分郡(現在の大分県大分市周辺)の豪族であり、多氏の一族で大分国造家とする。壬申の乱の勃発時、恵尺は大海人皇子の舎人だったと推測される。( 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年など)

    逢氏の出自は明らかでないが、臣姓であったことから有力豪族であったとみられる。壬申の乱勃発当時、逢志摩は大海人皇子の舎人として皇子のそばにいたと考えられている。
  • 最初北部九州で丹生や顔料を採集して死者の祭祀を司った縄文巫覡だったことである。「おう」とは「青」であったという谷川健一の意見も傾聴に値する。青は、当時、すべての色である。青にはまた硫黄などの鉱物の色でもあったのであり、死生観に関わる仕事の人がいた場所や、墓所に「あお」「おう」地名は多い。死は祭祀であり、それらの人は総じて巫覡(ふげき・はふり・かんなぎ=神の預言者)である。
  • 天香山神社

    橿原市南浦町出屋敷字西山

    祭神の櫛真知神は延喜式神名帳の京中坐神三座に久慈真智命があり大和国十市郡天香山坐櫛真命神と注がついている。この神は深くうらないにかかわり、対島の卜部の神であったとの主張もある。 またこの神の元の名は「大麻等乃知神」としている。

     天香山は天香山命、高倉下命を連想させる。なぜ同じ名前なのか?天から下った山、かたや天から下った剣を手に入れた神である。
  • 天山神社あまやまじんじゃ
    天山神社
    鎮座地 天山2丁目1-17
    御祭神 天照大神・天櫛真知命
    御由緒 天山は上古高天原にありて香山と云へりが、二つに分かれて大和国と伊予国とに落つ故、大和に落ちしを天迦具山と云ひ、伊予に落ちしを天山と云う。


    天山は、松山平野のほぼ中央部に在り、付近には、星岡・土亀山・東山とそれぞれ分離独立丘陵が形成されている。
     古くは『伊予国風土記』逸文に「伊予の郡。郡家より東北のかたに天山あり、天山と名づくる由は、倭に天の加具山あり、天より天降し時に、二つに分かれて…片端は此の土に天降りき。……」とある。
     天山神社北古墳(天山1号墳)は、開墾等により床面だけを残す状態で、石室形態は不明であったが、この面より奇跡的に銅鏡・鉄刀・子持付器台等が発見された。
  • April 2016 編集されました
    景行天皇の九州遠征経路である。

    出典 http://syoki-kaimei.blog.so-net.ne.jp/2015-10-19

    この経路図を見て、不思議に思うことがある。それは、大分県側と熊本県側から阿蘇山に向かって内陸部に行っていることだ。

    菊池秀夫(2010)に記載された、弥生時代の九州の武器類鉄器の遺跡ベスト20を示したものである。
    ⑤の徳永川の上遺跡は福岡県京都郡豊津町に在る。
    大分県では、
    ⑫の守岡遺跡と⑬の下郡遺跡は大分市を流れる大分川下流の川沿いにある
    。⑰の小園遺跡と⑱の上菅生B遺跡は竹田市の大野川上流域近くにある。
    ⑲の二本木遺跡、⑥の高添遺跡と⑮の高松遺跡は大野川中流域にある。
    そして、宮崎県では②の川床遺跡は西都市に隣接する新富町にある。
    熊本県では、⑦の方保田東原遺跡は菊池川沿いにあり、
    ①の西弥護免遺跡は大津町にある。
    ③の狩尾湯ノ口遺跡、④の池田・古園遺跡と⑧の下山遺跡は阿蘇町にある。

    景行天皇の行程は武器類鉄器の主要な遺跡がある地域を巡っている
  • 景行天皇

    日向髪長大田根、日向襲津彦皇子を生む。是れ阿牟君の始祖なり。

    次の妃、襲武媛、國乳別皇子と國背別皇子【一に云ふ、宮道別皇子】と豐戸別皇子を生む。其の兄、國乳別皇子、是れ水沼別の始祖なり。弟、豐戸別皇子、是れ火國別の始祖なり。
  • 神武天皇の第三子、彦八井耳命の子、国龍命(阿蘇十二神の系譜では国龍命は彦八井耳命とする)は日向の国から肥後の国へやってくると、菅萱が茂る清水で衣やはばきをそそいだ。そそぐという字は「雪ぐ」と書くので、この地を雪山と名づけたが、その後、誤って菅山といわれるようになつた。衣を干した場所は懸けほしと伝えられている。

    国龍命は杉の枝を逆さに地にさして、「われこの里に住み、国家泰平にして栄えるならば、今炎天の時、七月であるが、この杉、よく根を生じて栄よ」と誓った。杉は生長して、「吉見の逆杉」あるいは「垂杉」とよばれている。大蛇が住んでいた跡の池を埋め、池の穢れた水は東の谷すそ、葦原に流して御殿が造られた。この時に龍宮から加勢があり、御殿は一夜のうちに築かれた。屋根も草屋根、壁も草壁だったので、草部と名づけられた。現在の草部吉見社である。「延書式」によると、大嘗祭の悠紀殿と主基殿は黒木造りであるが、屋根も壁も萱でおおわれ、地には青草を敷き、竹の簀が乗せられた。萱には魔除けの力があると信仰され、厳重な物忌に欠かせなかったことがうかがわれる。
     草部吉見社は七月三十一日の例祭で、神輿がお旅所に御幸する。かつては青萱で屋根と壁を作ったお仮屋「青はぜ」 に神輿を安置していた。「青はぜ」は国龍命の御殿を偲ばせる。阿蘇神社のおんだ祭りでは二ケ所のお旅所を四基の神輿がまわる。お旅所に建つお仮屋の地面は青萱(真薦)が敷きつめてあり、そこに神輿は置かれる。また、二月の節分には萱で作った葦塚に悪霊を封じ込めている。
  • 阿蘇の神話では、神功皇后に側役として付き従った蒲池媛が持っていた満珠・干珠を投げて、潮を満ち引きさせ、新羅の軍に戦わずして上陸できたとなっている。 「この満珠の方は、蒲池媛を祀った宇土半島の郡浦(こうのうら)神社に、干珠は阿蘇南郷の草部吉見神社にあったとか。あるいは『阿蘇家伝書』には、この珠を阿蘇山に納めたまふ、とも見え、それは、阿蘇山の玉嶽というところらしいんですが、はて阿蘇の五岳のどこを指すのか。まあ、神話のことですしね…」と宮川さん。  また、阿蘇郡高森町の草部吉見神社由来書には、いまの社殿が建っている辺りは、昔、大蛇のすんでいた池で、それを国龍神が満干の両珠でもって退治し、池を干したと伝わっている。
  • 菊池川の流域は肥後でも有名な砂鉄地帯だが、「こうした蹴裂伝説が阿蘇国造の祖神であるタケイワタツ命にまつわっていることは、阿蘇君の性格、ひいてはその同族である多氏の性格をつかむ手がかりになる」と水俣出身の民俗学者谷川健一氏は著書『青銅の神の足跡』の中に書いている。谷川氏によれば、このような〃蹴裂伝説〃は全国各地にあるらしい。例えば長野県安曇(あずみ)地方には、諏訪大明神の化身である龍が自分の氏子を繁栄させようとして巨岩を突き破り、潮の水を落として、田地を開いたという伝説が残っている。

    『日本書紀』の神功皇后の項に、次のような記事も見られる。現在、福岡市内を流れる郡珂川の水を田に引こうとしてかんがい用の溝を掘ったが、大岩がふさがっていて溝を通すことができない。神功皇后は武内宿弥を呼ぴつけ、剣と鏡を神前にささげて析らせたところ雷が激しく鳴り、その岩を踏み裂いて水が流れるようになった。そこで、その溝を裂田溝(たくたのうなで)と称した、というものである。谷川氏は「ここにいう雷神とは、鍛冶神または金属神の別称でもあるから、おそらく鉄器をもって大岩を壊したことを指すのでろう」と言う。そして、「古事記」によれば、火君、阿蘇君、大分君、それに科野君などは、神八井耳命の末裔である「多氏」の同族とされる
  • 三角縁神獣鏡と重要な製鉄器具は同居しない。
    鉄鋏などの、鍛冶工房を持った氏族の墓からは中国鏡が出る。
    そしてその時代は弥生後期、終末期。

    椿井大塚山古墳からは製鉄・鍛冶の実用的道具としての鉄器は見あたらない。かわりに実用性のない巨大化した鉄器が出てくる。
    古墳に埋葬された鏃などは、実用性はなくなり、均一ではあるが肥大化してゆく。要するに埋葬用の威信第一主義の呪物としての鉄器というものが現れた。立体的な甲冑、馬具なども、おそらく実用性はなく、呪物としてのレプリカに過ぎない。

    外来土器の搬入状況を整理した山田隆一氏は、弥生終末期から古墳時代の初頭における瀬戸内諸地域との物流の拠点として、大阪府下の中河内諸遺跡群を最有力候補にあげる〔山田1994〕。

    『前方後円墳と倭王権』北條芳隆(「古墳時代像を見なおす 成立過程と社会変革」青木書店所収)によれば

    「纏向型前方後円墳」の各地への波及が畿内地域を震源地とするという一般的な評価についても、それを積極的に支持する物的証拠はみあたらないというのが実状である。(中略)纏向石塚古墳の築造年代が箸墓古墳と同時代と指摘されるにいたった現状や、東部瀬戸内地域の事例には年代的にもっとも先行するものが複数確認されている事例をみれば、この点は疑う余地がない。むしろ震源地は中部および東部瀬戸内南北両岸地域に比定するほうが整合的である。」

    小林行雄、佐原真、都出比呂志たちが熱心に説いてきた「畿内中心主義」という誤った古い、呪縛を受けてきたアンチ考古学的恣意的論説のすべては今、見直しを迫られている。
    邪馬台国論争にしても、三角縁神獣鏡の呪縛から解き放たれねば正当の科学的考察は無理なのである。
    出典
    http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/saisinkoukogakukara.html
  • 鏡の問題についても(中略)ここから(三角縁神獣鏡の分配)弥生時代における大和勢力の主導性や優位性を導くためには、最低限の必要条件として、畿内地域における鏡の副葬行為の先行性が立証されなければならない。畿内地域の弥生墳丘墓において鏡の副葬配置や鏡種のとりあつかいが確立し、近隣地帯にまず配布され、埋葬祭で共有されたよいうたぐいの事実が確認された時点で、それは果たされることになるであろうが、実際はそうなっていない。近畿地方において鏡の副葬行為が確認できるのは弥生終末期の庄内式期であり、東部瀬戸内地域よりも遅れるのである。

    出典
    http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/saisinkoukogakukara.html
  • 瀬戸内から貢献してくるのは弥生に入ってから広島に九州式鍛冶工房が現れる時代
    すなわち弥生中期以降。

    吉備は自前の砂鉄鉱脈と鉄鉱石を持ち得た故に、一時的に非常に発展し、播磨を含む東瀬戸内と九州の文化交流は非常にこの地域を発展させる時期があった。ところが鉱脈の枯渇と前後して、九州がその門戸を閉ざすようになった。そのため吉備にとっては重大な局面を迎えることとなり、しかも近畿からも鉱脈奪取の逆転勢力が押し寄せることとなり、吉備王家は収縮、移動をやむなくされたのであろう。

    吉備と、海を挟んだ対岸の四国讃岐も、同様に北部九州への貢献により、発展している。それはちょうど児島牛窓港を挟む位置関係にあり、しかも播磨明石海峡の狭い部分が急流によって東側社会と分断されていたことと関係がある。

    瀬戸内ルートにはいくつもの難所がある。特に九州からは穴門の海峡および豊後水道を閉じてしまうと、東の人々は独自に外へ出られなくなるのである。だから九州が独自性を発揮するためには豊前、穴門、豊、伊予の諸国との協調は不可欠となる。また四国と和歌山の間に敢然と立ちふさがる熊野灘も当然、九州勢力にとって重要であった。

    吉備と讃岐の海峡は、伊予の大三島と安芸の間にある瀬戸と並んでそれらの前門だったのである。これらの諸地域は、圧倒的な北部九州の先進文化の恩恵を受けながら発展した。ゆえにここには長く貿易船団が発達し、のちの「水軍」の基礎ができていったのである。

    こうした中にあって、ぽっかりと空白地帯だった畿内には鉄器が出てこないのは当然の話である。
    この時点で、畿内は、まだ最新の鉄器を買い付ける氏族は皆無だったと言うしかなくなる。
    それが箸墓を契機として、突然のように鉄器の「古墳埋葬だけ」が出現する。鍛冶遺跡もない、資源もない近畿が選択できる道はひとつしかなかった。それは有利な立地・・・列島の中心にあって、東西貿易の中継ぎ港となる・・・経済立国となることである。そのときまず東西諸国にとって大事なのは静かな、広い港であった。河内には運良く縄文海進で深くえぐれ、しかも内陸まで通ずる大河・淀川を控える天下の台所大阪の基盤となる住之江の港があった。
    したがって、畿内で最初に繁栄したのは河内・摂津、山城、近江であった。
    出典
    http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/saisinkoukogakukara.html
  • 雄略の時代、金銀象眼銘文入り鉄剣が列島の東西に、まるで畿内をあざ笑うかのように存在している。
  • 現在は全羅南道、光州に点在する前方後円墳は日本では前方後円墳時代の中期末から後期にかけて造成されたことがわかっており、百済に移り住んでいた倭人のものとされており、前方後円墳の形態を半島に求める説は否定されている。
    また、馬王堆など中国南部に起源を求める説も現在は、形式に類似点がなく否定されている。

    これまで起源を箸中山古墳に求めてきた大和起源説であるが、大和そのものにもっと古い古墳が見つかり始め、しかも箸中山から発掘されたものよりもっと古い特殊器台や宮山型特殊壺がホケノ山や吉備から出てくるようになり、箸中山起源説は否定された。今は箸中山も最古の前方後円墳のひとつであるという認識のされかたになっている。

    ただし、源流と言えるような祭祀形態や特殊器台は纒向古墳群からも出ておらず、むしろ吉備に求める学説が広がってきている。
  • 紀元前4世紀頃、吉武高木にはすでに武器を持つ一軍が最古の王国、集落を形成していた。

    ふたつの地域にだけ巨大な首長のめばえがあった。
    ひとつは福岡県春日市、奴国の丘歴史公園内にある須玖岡本(すぐおかもと)遺跡、
    今ひとつは糸島半島前原市の三雲南小路(みくもみなみしょうじ)遺跡である。

    ●このふたりの王は、中国と交流があった。前漢時代の舶来品を多数輩出する墓に祀られた。
    ●とくに須玖岡本の首長は、中国の当時権威的な鏡である草葉文鏡(そうようもんきょう)をもらっている。
    ●一方三雲南小路の人物は中国から鏡を35面、金メッキ青銅製の棺金具をもらっている。

    どちらかが金印をもらった奴国王であるが、それは糸島半島であった金印発見の、江戸時代の話が真実であるならば、奴国の丘・須玖岡本の草葉文鏡をもらった人物と断定可能である。
  • 住之江は昔、那の津
    博多湾と同じ名前で、そこに九州の古い土器が散乱している地域がある。
    大和川水系の石川(のちに蘇我氏本拠地)が作り出す当時の三角州地帯である瓜生堂である。
    ここから出る土器の形式だけが大阪では遠賀川式である。
    今ここはもう陸地である。南区久宝寺にほど近い、ここまで海が来ていたのだ。このデルタの外側からは遅れた縄文系土器しか出てこない。近畿の最古の港なのである。
    当時の近畿は東国のはじっこでいまだ縄文である。
    長髄彦の時代かもしれない。
  • 弥生時代中期中頃(紀元前後)になると鉄器は急速に普及します。それによって、稲作の生産性が上がり、低湿地の灌漑や排水が行われ、各地に国が芽生えます。
    後漢の班固(ad32~92)の撰になる『前漢書』に「それ楽浪海中に倭人あり。分かれて百余国となる。歳時を以て来り献じ見ゆと云う」との記事がありますが、当時倭人が半島の楽浪郡(前漢の植民地)を通じて中国との交流もやっていたことが分かります。実際、弥生中期の九州北部の墓から楽浪系の遺物(鏡、銭貨、鉄剣、鉄刀、刀子、銅製品など)が多数出土しています。
    この中に有樋式鉄戈(てっか)がありますが、調査の結果によると鋳造品で、しかも炭素量が低いので鋳鉄脱炭鋼でないかと推定されています。

    鍛冶工房
    ここでいう鉄の加工とは、後世まで引き継がれる鉄の鍛冶加工のことです。鉄器の製作を示す弥生時代の鍛冶工房はかなりの数(十数カ所)発見されています。中には縄文時代晩期の遺物を含む炉のような遺構で鉄滓が発見された例(長崎県小原下遺跡)もあります。 弥生時代中期中頃の福岡県春日市の赤井手遺跡は鉄器未製品を伴う鍛冶工房で、これらの鉄片の中に加熱により一部熔融した形跡の認められるものもあり、かなりの高温が得られていたことが分かります

    発掘例を見ると、鉄の加工は弥生時代中期(紀元前後)に始まったと見てまず間違いないでしょう。しかし、本当にしっかりした鍛冶遺跡はないのです。例えば、炉のほかに吹子、鉄片、鉄滓、鍛冶道具のそろった遺跡はありません。また、鉄滓の調査結果によれば、ほとんどが鉄鉱石を原料とする鍛冶滓と判断されています。鉄製鍛冶工具が現れるのは古墳時代中期(5世紀)になってからです。

    鉄器の普及については地域差が大きく、全国的に見れば、弥生時代後期後半(3世紀)に鉄器への転換がほぼ完了することになります。
    では、どんな形で輸入していたのでしょうか?
    鉄鉱石、ケラのような還元鉄の塊、銑鉄魂、鍛造鉄片、鉄テイ(かねへんに廷、長方形の鉄板状のもので加工素材や貨幣として用いられた)などが考えられますが、まだよく分かっていません。
    日本では弥生時代中期ないし後期には鍛冶は行っていますので、その鉄原料としては、恐らくケラ(素鉄塊)か、鉄テイの形で輸入したものでしょう。銑鉄の脱炭技術(ズク卸)は後世になると思われます。
  • 1)弥生時代中期以降急速に石器は姿を消し、鉄器が全国に普及する。
    2)ドイツ、イギリスなど外国では鉄器の使用と製鉄は同時期である。
    3)弥生時代にガラス製作技術があり、1400~1500℃の高温度が得られていた。
    4)弥生時代後期(2~3世紀)には大型銅鐸が鋳造され、東アジアで屈指の優れた冶金技術をもっていた。

    最近発掘された広島県三原市の小丸遺跡は3世紀、すなわち弥生時代後期の製鉄遺跡ではないかとマスコミに騒がれました。そのほかにも広島県の京野遺跡(千代田町)、西本6号遺跡(東広島市)など弥生時代から古墳時代にかけての製鉄址ではないかといわれるものも発掘されています。
  • 湖南や湖西地方の製鉄遺跡が次々と発見されました。
    これらはいずれも鉱石系箱形炉で、奈良時代後半以後東日本で使われる高チタン砂鉄系竪形炉より高さが低く、還元されやすい原料であることが判ります。
    地質学的に観ますと、県境部の山を構成しているのは秩父古生層や中生代末か新生層初期にかけて貫入したという花崗岩や斑岩類であります。
    平野部に散在している山のうち彦根以北のものは古生層であり、以南のものは花崗岩や火成岩であります。盆地内の丘陵部は主に新生代後期の段丘層で、県内は古生層、中生代末の花崗岩類、新生代の地層からできています。

    鉱物は、花崗岩中のベグマイト鉱物と接触帯に見られる接触鉱物が主なものであります。
    ここの鉄鉱床は、古生代とその後に貫入した花崗岩との接触部にできた接触交代鉱床で、接触交代鉱床では、マグマ中のハロゲン化物などを含んだ揮発成分が、石灰岩のような反応し易い岩石に接すると(既に平安初期の『大同類聚方〈ダイドウルイジュホウ〉』巻7に「石灰は近江国に産する。」とある。)置換反応によって、金、銅、鉄などを含む塊状の鉱床を造ることが知られています。従って、接触交代鉱床には鉄鉱床が存在する可能性が高く、マキノ町、西浅井町、石部町など多くの町で磁鉄鉱床の存在が知られています。
  • 小野市は兵庫県の中央部に位置し、また加古川沿いにある市です。

    加古川沿いには製鉄に関わる遺跡や地名が数多く残されているのですが、小野氏も
    また金物の生産で有名です。小野氏が製鉄にも携わっていたとする谷川健一の指摘を思い
    出せばこのことは非常に興味深いことです。

    小野市には日吉神社が鎮座し(小野市日吉町)、祭神も大山咋神と大物主神、その他
    諸々の神です。 さらには、小野市市場町に猿田彦神社も鎮座します。

    猿田彦神社が鎮座する市場町は旧市場村なのですが、猿田彦神社の他にも6世紀に造られたとされる焼山古墳群も存在します。もっとも、かつては200基を超えていたものが現在では10数基しか残っていませんが。
    この小野市が加古川沿いの町であり、明石市とも近いということです。
     オケ王とヲケ王が逃亡して身を隠していた、播磨国明石郡の縮見屯倉はこの明石市にあった
    のです。
  • 小野氏の大元は近江国大津の湖水の西、滋賀郡小野村に在る、といいます。

    その小野氏は猿女氏(猿女君)と結合します。
    理由は、猿女氏が近江の小野に養田が附けられていて、この養田を平安時代に小野氏が奪ったことによるもので、先述した小野氏が朝廷の舞女を出すようになったのも、元はこの舞女も猿女氏から出されていたものを小野氏がその職務を乗っ取った形なのです。

     『古事記』が記すところでは、猿女氏(猿女君)は、天照大御神が天の岩屋戸に隠れた時に、天照大御神をその中から引き出すために踊った天宇受売命(アメノウズメノミコト)の子孫です。
     アメノウズメはホノニニギの天孫降臨に際して、ホノニニギに従って一緒に天降る五神のうちの一柱に選ばれますが、いざホノニニギが天降ろうとした時に、その道中に、上は高天の原を照らし、下は葦原中国を照らす異様な神がいました。

     そこで高木神(高皇産霊神)と天照大御神がアメノウズメを派遣して何者かと問うと、その神は、
     「僕(あ)は国つ神で名は猿田毘古神(サルタビコ神)と申します。ここにおります訳は、天つ神の御子が天降ってこられるとお聞きしたので、その先導をいたそうと参ったのです」
    と、答えたのでした。
     その後、天降ったホノニニギがアメノウズメに、 「吾の先導を務めた猿田毘古大神は、その正体を明らかにした汝が送り奉れ。またその神の
    名は汝が受け継いで仕え奉れ」と、言ったので、アメノウズメの子孫は猿女君を称するようになった、と『古事記』は記します。

     なお、『日本書紀』では、この時サルダビコは、 「吾は伊勢の狭長田の五十鈴川の川上に至るべし」と答えており、現在も伊勢市に猿田彦神社が鎮座します。
  • 谷川健一は、小野氏は製鉄に携わった氏族である、と述べています。
     この谷川健一の考察とは別に、一般には、小野氏は縫殿寮の管轄に属する朝廷の舞女を出す氏族であり、宗教に関係する氏族と捉えられています
  • 山城国には「小野」と云う場所が三カ所ある。いずれも、古代豪族和邇氏の一流の小野氏の居住地である。一つは山城国葛野(かどの)郡の小野荘、清滝川の上流で、「北山の小野」と呼ばれ、中世に宮中に炭や薪を納めた小野供御人(くごにん)たちの里である。二つ目の小野は愛宕(おたぎ)郡の小野郷、その名は現在は残っていないが、高野川の上流松ヶ崎から大原に至る範囲である。ここには式内社小野神社があり小野毛人(えみし)の墓もある。三つ目は宇治郡の小野郷、「山科の小野」と呼ばれ、小野小町の物語を伝える随心院のある所である。惟喬親王が隠棲した小野は、二番目の愛宕郡の小野である。

    琵琶湖湖畔の小野に住む小野氏の人たちは、自分たちの祖先である「タガネツキオオミ」(鏨着大使主、または米餅搗大使主)を「小野神」として信仰していたが、この神は「タガネ」と云う文字から鍛冶の神と考えられていた。この小野氏の女たちが小野巫女として、近江の製鉄地域などに小野神信仰を広めていった。小野小町や小野猿丸の伝説を全国に広めたのも彼女らであると云う。鍛冶師も木地師もいずれも山の民であり、その分布地域も重なっている。その木地師たちが、その信仰を受け入れた時、「小野神」と「小野宮」とは習合してしまい、そして、小野宮惟喬親王が木地師たちの業祖とされるに至ったと見られている

    木地屋は「ろくろ」を用いて木材を削り、鉢や盆などの木製品を作る人たちであり、中世には、山中に原材を求めて、山から山へと渡り歩いた漂泊の山人たちであった。彼らは、惟喬親王が藤原氏から差し向けられた刺客を逃れて、滋賀県神崎郡永源寺町の山奥の小椋谷(おぐらたに)に隠れ、ここで里人たちに「ろくろ」の技術を教え、これより木地屋は始まったとしている。もとよりこれは史実ではない。しかし今、小椋谷の金龍寺は親王の御所「高松御所」であったとして、親王の木像なるものを伝え、全国の木地屋たちの総名簿である「氏子狩(うじこがり)帳」を蔵し、筒井八幡宮は「筒井公文所(くもんところ)」と称して「木地屋木札」「通行手形」を発行する。小椋谷よりも更に山奥の君ガ畑にある「皇太器地祖神社」は惟喬親王を祀る。各地の木地屋たちは、しばしば親王の随身従者の末裔と称し、「木地屋文書」と云われる木地屋の由緒書や、親王が与えたとする諸役御免の綸旨を所有し、墓には皇室の紋である菊水紋を用いる。これらは、非定住民であるために下賤視された彼らが、定住民たちの軽蔑の目への反発として作り出したものであると共に、原木伐採の自由と、山中通行の自由を得るためのものであることは論ずるまでもない。

    http://www.k4.dion.ne.jp/~nobk/kwch/koretaka.htm
  • 大山祗の娘とされる磐長姫は日向に確固とした伝承があったので、大山祗ことスサノオは日向で暮らしていた可能性が浮上してくる。

    宮崎市瓜生野地区の巨大遺跡
    出典
    http://www.gondo.com/g-files/kasa/kasa.htm
    瓜生野の笠置(かさ ご )に全長210㍍にもおよぶ巨大な鳥形の墳丘墓を発見された日高氏はその中に、四十基近くにおよぶ溶鉱炉跡及び弥生時代の石製紡錘車(ぼうすいしゃ)二箇、さらに、鉄剣(身55㌢)や鉄鏃(てつぞく)(鉄の矢尻)、鉄さい(製鉄の際にできる鉄くず)等を続々と発見・採集されたのである。これらが弥生時代の墳丘墓中にあった(現在埋め戻され消滅)ことからこの製鉄遺跡は弥生時代のものとみて間違いあるまい

    ちなみに瓜生野の鳥型墳丘墓の中ほど東側に八坂神社が建っており、あたり一帯にはスサノオのヤマタノオロチ退治伝承が語り継がれている

    瓜生野地区、上北方、柏田、笠置と周辺部には、信じられないほど多くの古墳群が広がっている。古墳として認定された場所以外にも数限りない古墳が存在する。あまりに古墳だらけのため開発が進むにつれて、その多くは発掘もされないまま壊されているのが実情である。

    古墳を中心とした瓜生野・上北周辺は、3世紀頃既に国と呼べる規模で繁栄しており、もっとも古い日向の国の中心地であったと言う事だ。

    この笠置山古墳に隣接する上北地区は鶏を天照大神の使い鳥として信仰していたのだ。
    上北地区では、昭和2年まで、鶏肉を食することを禁じられていたらしい。これは、地鶏が特産で、鶏肉を実に良く食べる宮崎では大変異例な事である。昭和3年以降この禁は解かれたが、現在でも鶏を神の使いと崇め、鶏肉を食さない家が存在すると言う。
     更に、上北地区には天照大神の岩屋戸隠れの伝説も残されていた。実際、天照大神がお隠れになった岩屋戸を祭ったと言う磐戸神社が、現在もひっそりと存在する。ところが、この地区に残された、記紀神話と同じ伝説は、天の岩屋戸隠れだけではなかった。
     瓜生野柏田地区には、ヤマタノオロチ退治の伝説が存在する。笠置山古墳の前方部の先には、八坂神社(別名八竜神社)があり、スサノウノ尊が祭られている。そして周辺には、ヤマタノオロチが住んでいた谷、退治の時に飲ませた酒を造った場所、瓶を置いた場所など、ヤマタノオロチ伝説にまつわる場所が、全てそろっている。

    上北地区と大淀川を挟み反対側の跡江地区には、伊勢という地名も残されている。そして、笠置山古墳のすぐ脇を流れ、笠置・柏田と上北を区切っている川は、五十鈴川と呼ばれている。五十鈴川は伊勢神宮の参拝者が、禊を行う川としてあまりに有名である。
     更に柏田、笠置、上北を含む広い地域は瓜生野とも呼ばれているが、同じ呼び名で呼ばれていた地域が、大阪南部、大和川河口北岸に存在した。大和川をはさみ南岸には、応神稜、仁徳稜など日本を代表する巨大古墳群がある機内地方の神話の里である。

  • 宮崎、広島、岡山、滋賀のスサノオ伝承と製鉄遺跡

    宮崎県宮崎市瓜生野(うりゅうの)にはヤマタノオロチが住んでいたという谷やそのオロチに毎年一人ずつ娘を選んでは供えたというコジエヒラ(子捨ヶ平)、あるいはオロチを退治するためにスサノオがおいでになって酒を造らせカメに酒を入れておいたという池等、出雲のヤマタノオロチ伝承を彷彿させる伝承が伝わっている(『瓜生野郷土誌』昭和二年)。当地は九州で二番目の大河川である大淀川の河口域に近い一支流五十鈴(いすず)川沿いの渓谷で、かつて霧島連峰の噴火によって降り注いだ褐鉄鉱が豊富に得られたところでもある。その鉄分のせいで川の水が赤く変色し、大淀川の河口域は明治初期までは赤江川と呼ばれていた。そして近年このあたりに大規模な製鉄遺跡があったことが、地元で化石の採集に長年取り組んでこられた日高祥氏の筆舌に尽くしがたい努力によって発見されたのである(『史上最大級の遺跡』文芸社、2003年)。当遺跡は日本の製鉄史の常識を覆しかねない驚くべきものであるが、県の理解が得られずバイパス道路の新設工事で破壊され、現状では認知されていないことはまことに口惜しい。そのあたりの詳細は同氏の著書を見ていただくとして、ここではその遺跡の南端に八龍(はちりゅう)神社(別名八坂神社)が建っており、スサノオと深く結びついているという

    広島県に目を転じると、山県郡(やまがたぐん)安芸太田町(あきおおたちょう)加計(かけ)にある河内(こうち)神社が、「今はダムの湖底となった温井(ぬくい)の里の上流に江ノ淵という深淵があり、太古、スサノオが脚摩乳(あしなづち)、手摩乳(てなづち)のために大蛇(ヤマタノオロチ)を斬り給える所」と伝えている。この加計(かけ)は鉄の生産量が江戸時代には全国の10%にも達し、「加計のたたら」として全国的に著名であった。いつ頃から製鉄事業が始まったかは不明ながら、ヤマタノオロチ伝承が生まれる素地は十分にあったように思う。

    岡山県赤磐(あかいわ)市戸津野の素戔嗚(すさのお)神社に、「神代の頃にスサノオが大蛇を退治の後に、御剣を山方の血洗いの瀑布(ばくふ)でご洗滌(せんじょう)の上、本神社に奉納せられたので、字名(あざな)を剣山といったという」と伝わっている。由緒中の血洗いの滝は、当社北方4㌔ほどのところにあるが、一帯の山地部から山砂鉄が豊富に採れ、周辺は古代から鍛治や製鉄が盛んに行われていた地域として著名である。たとえば、この滝から約7㌔東の久米郡美咲町(みさきちょう)王子には、刀や剣等、大量の鉄製品を出したことで名高い月の輪古墳(5世紀前半)があるし、滝の西側には北東から南西にかけて金堀(かなぼり)、金屋、金政など鉄にゆかりの地名が連なっている。さらに興味深いのは素戔嗚神社の西南およそ8㌔のところに石上布都魂(いそのかみふつのみたま)神社があって、かつてスサノオがヤマタノオロチを斬ったと伝えられる剣が祭られていた

    滋賀県長浜市高月町の桜椅(さくらはし)神社にもあって、「太古ここが湖の頃、スサノオが肥の川上のヤマタノオロチを退治し給ひて此の所の東側の阿介多(あすけだ)という小高い所に来臨し、剣の血を洗った御霊跡」と伝えている。この湖北地方も、かってはタタラ製鉄が盛んに行われていた形跡がよく見られ、当社のすぐ南にはその名残を留める赤川が流れている。同市木之本町にある古橋(ふるはし)遺跡では、岩盤を掘削(くっさく)してタタラとした6世紀頃の製鉄遺跡も見つかっている。さらに、当遺跡北東9㌔ほどのところに金糞岳(かなくそだけ)という山があり、山中には名前のとおり金糞の散布が見られる等、当地も製鉄遺跡と強く結びついている。
  • 伝説の地 海幸山幸伝説の地,景行天皇・ヤマトタケル伝説の地
    所在地 宮崎市瓜生野
    所在地情報 相生橋の北から宮崎西環状線を東に入り、500mで高架を降り、北へ向かえば、丘の上が王楽寺である。駐車場の右奥に福智神社がある。
    【瓜生野の地名由来】 

    王楽寺や瓜生野八幡神社のある土地の名である。第十二代景行天皇が、この地で休憩された時、「ここは良い瓜の生える土地だ」と言われたので、「うりゅうの」となったと伝わる(「うりうの」とも言う)。
    王楽寺の名は、ニニギが、「ここは朝日夕日のさす良い土地」と言って楽しまれた場所と伝わる。山幸彦の生誕地と伝わる。寺の一角に、福智神社として祀られている。
  • なぜか、日向においては景行の祭祀対象がスサノオからヒコホホデミにかわっている。たとえば、宮崎県宮崎市村角町(むらすみちょう)の高屋神社や同市瓜生野(うりゅうの)の福智神社、あるいは西都市荒武の荒武神社等にはいずれも景行天皇の創祀にかかる「ヒコホホデミの高屋(たかやの)山上陵(やまのうえのみささぎ)」の伝承地がある。これらは、いわゆる熊襲親征の際、景行が西都市周辺にヒコホホデミならぬスサノオの足跡を探し求め、その痕跡が少しでもほのめいている場所にヒコホホデミ(スサノオ)を祭祀したものと思われる。
     少し飛んで、鹿児島県肝属(きもつき)郡内之浦町にある高屋神社の由緒にも、「景行天皇の時の創建で、天皇の御親祭にかかると伝えられる。社号高屋はヒコホホデミ降誕の神跡による」とあって、ここでは高屋という名称が陵地ではなく降誕地に置き換わっている。  
  • 国内の製鉄の始まりが弥生時代に遡ることについてはかつてより真弓常忠氏が、「古代原始タタラの材料となったのは水酸化鉄(鉱物学上は褐鉄鉱)の塊で、それは湿原や湖沼に生(は)える葦、茅(よし)、薦(こも)等の禾本(かほん)科植物の根や茎に、水中に含まれている鉄分が沈殿して、さらに鉄バクテリアが自己増殖して細胞分裂を行い、球・楕円・管状に固い外殻を作ったものである。根や茎が枯死(こし)し、空洞となると内核が脱水、収縮して外壁(褐鉄鉱)から分離し、振ると鈴(すず)のように音が発するものがあることから太古これをスズと称したのであろう」と推察されている(『古代の鉄と神々』(学生社、1985年)。
     このスズが愛知県豊橋市の高師原(たかしはら)で多く出現することから高師小僧(たかしこぞう)と呼ばれるのは知っていた。が、日高祥(しょう)氏によれば、茎に生(な)った褐鉄鉱は筒状で音を発するものは少なくその場合は筒(つつ)や管と呼ばれているとされる。そして鈴は第三紀層(約七千万年前~百万年)か、それ以前の岩層に多く、筒、管は更新世層(数百万年前~一万年)以降に多く、迫(さこ)や沼などに生える葦の根に付着する溶性鉄分が比較的短期間に成長したものとされている。
     その上で、「筒は現在、沼地の葦の根におよそ十三年かけて成長する上筒(うわつつ)と、完新世や更新世の粘土の中にあるもの、もっと深い鮮新生(せんしんせい)以前の層中にあるものがある。多い所ではザクザクとビックリするほど多く出る。住吉神社の三筒男はまさにこれを言ったことがわかった」と述べておられるが、事実、宮崎市瓜生野の五十鈴(いすず)川周辺に数えきれないほどの筒を採集しておられる。

    出典
    http://kenkokusi.web.fc2.com/oona/4.8.html
  • 縄文の褐鉄鉱 高師小僧

    信濃では、縄文中期から 製鉄が行われていた。

    南宮の本山は信濃国とぞ承る さぞ申す 美濃国には中の宮 伊賀国には稚き児の宮  (梁塵秘抄・262)

    蓼科・更級(科)・明科・豊科・埴科など、信州には「 ・・・ シナ」の土地名が多く残る。
    科を特有の地形・地勢と見る説が有力で、司馬遼太郎氏もこの地形説を支持している。
    だが、シナには 鉄の意味も あるという。
    真弓常忠氏によれば、鉄を意味する多くの古語について次の五つの語群に分けられる。
    (1) テツ・タタラ・タタール・韃靼  (2) サヒ・サビ・サム・ソホ・ソブ
    (3) サナ・サヌ・サニ・シノ・シナ  (4) ニフ・ニブ・ニビ・ネウ 
    (5) ヒシ・ヘシ・ベシ・ペシ

    豊前の 「犀川」 「佐比川」 には (2)サヒ音=古代産鉄の可能性があり、また「犀川」は、加賀にも信濃にもあり「犀」は産鉄の可能性を示す「サヒ」ではないか? と指摘する。
    また、信濃の国にかかる枕詞は 「ミスズカル」 であるが、ミスズと シナの関連を、真弓氏は 「古代の鉄と神々」のなかで、
    『ミスズは 「御鈴」 であり、鈴は 「鈴石・鳴石」 などと呼ばれ,水辺の 禾本(カホン)植物の根に形成された褐鉄鉱団塊(高師小僧とも言う)のことだと考える。』 と説明する。  
    この鈴は古代製鉄の原料となったもので、氏は沼沢から禾科植物を抜き取り鈴石を採取することが、ミスズカルということばで表されていると指摘する。 
    ( 落合直澄は、古代文字の解読時に、『 美鈴刈る 』 と記している )
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。