長髄彦

2»

コメント

  • ウマシマジの正統

    物部神社の社伝によれば、美濃国・越国を平定した後に石見国で没し、現在の社殿の裏に埋葬されたという。越国の平定は、異母兄の天香山命の事績として知られる(彌彦神社を参照)。これら物部神社や彌彦神社では、宮中でも行われる鎮魂祭が行われていることでも知られる(石上神宮も同様)。

    鈴木眞年の『史略名称訓義』では、ウマシマジは大和国十市郡に居て天皇に天瑞宝を献じ、この正統は同郡穂積里に居て穂積の姓を負いそれより物部氏などが分かれたとし、ウマシマジの正統は穂積氏としている。
  • 物部神社(島根県大田市):宇摩志麻遅の没した地とされる
    味鋺神社 (愛知県名古屋市):周囲に味鋺古墳群を持つ
    石上神宮 (奈良県天理市):宇摩志麻遅の祀った布都御魂剣が、後に宮中から遷されたことで創建された
  • 記紀における神武東征
    ・『古事記』では、東征において神武軍と戦うのは登美の那賀須泥毘古、またの名は登美毘古であり、妹は登美夜毘売という。
    東征の最後に、邇芸速日命(にぎはやしのみこと)は神武に天津瑞(あまつしるし)を献じて仕える。邇芸速日命は那賀須泥毘古の妹登美夜毘売を娶り、子を 宇摩志麻遅命である。那賀須泥毘古の生死については記載されていない。

    ・『日本書紀』でも磐余彦尊の率いる神武軍と戦うのは長脛彦と記載され、妹は三炊屋(みかしきや)媛、またの名は鳥見屋(とみや)媛という。戦いの終盤、金色の霊鵄が飛んできた。鵄は磐余彦尊の弓先に止まった。その鵄は光り輝き、まるで雷光のようであった。このため長髄彦の軍の兵達は皆幻惑されて力を出すことが出来なかった。長髄というのは元々は邑の名だが、これを人名にも用いた。磐余彦尊が鵄の力を借りて戦ったことから、人々はここを鵄の邑と名付けた。今、鳥見というのはこれが訛ったものである。
    櫛玉饒速日尊は長髓彦の妹の三炊屋媛またの名は鳥見屋媛を娶り、子は可美真手命という。饒速日命は長髄彦を殺害し、饒速日命は部下と共に磐余彦尊に帰順したと記載する。

    ・『先代旧事紀』では、饒速日命は長脛彦の娘の御炊屋媛を娶り、その子は宇麻志麻遅命である。また、饒速日命が亡くなったとき、形見の天璽瑞宝を登美白庭邑(奈良県生駒市の北部)に埋葬した。宇摩志麻地命は謀をして舅(長髄彦)を殺し、衆を率いて帰順したと記載する。

    長髄彦、すなわちは鳥見白庭山を本拠地とし、その勢力圏は隣接する領域を次々に傘下におさめ、それは三輪山一帯にまで及んでいたのではなかろうかする見方もある。
  • 建御名方とは

    『古事記』に大国主の子として登場し、建御雷神、経津主神と共に三大軍神の一柱に数えられており、『梁塵秘抄』にも「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」とある。
    風の神ともされ、元寇の際には諏訪の神が神風を起こしたとする伝承がある。

    ・『古事記』によれば、八千鉾神(大国主神)は高志国の沼河比売(奴奈川姫)と結ばれる。また、建御名方神は我が子という。ただし、沼河比売との間の子とは明示されていない。国譲りについては、建御雷神が大国主神の子である事代主神と建御名方神を服従させ、大国主神から国譲りをされる。
    ・『先代旧事紀』によれば、建御名方神は大国主神が娶った高志国の沼河比売(奴奈川姫)との間の子とされる。国譲りについては『古事記』と同じである。
    ・『日本書記』には、建御名方神は記載されていない。『日本書紀』の一書では、経津主神、建御雷神を遣わして、葦原中国を平定させる。国譲りを催促し、大己貴神(大国主神)、大物主神、事代主神が帰順する。
    ・『出雲風土記』では、大国主神が娶った高志国の沼河比売(奴奈川姫)との間の子は、神御穂須須美命であり、三保に鎮座されている。建御名方神は記載されていない。

    『古事記』『日本書紀』の一書や『新撰姓氏録』によると、スサノオの六世の孫、また『日本書紀』の別の一書には七世の孫などとされている。
  • 宗像氏の祖神である大国主命は、建御名方神の父である。
    新撰姓氏録(右京神別下)」に「宗形君、大国主命六世孫、吾田片隅命之後也」とある。

    宗像の田心姫:味鋤高彦根…..葛城の神
    稲羽の八上姫:御井神…….木俣の神
    高志の沼河姫:建御名方…….諏訪神

    葛上郡 にいる大国主の子供たち
    1、味鋤高彦根神…………..大和の国、葛上郡の高鴨社。
    2、下照姫命………………大和の国、葛上郡の雲櫛社。
    3、都弥波八重事代主神……..大和の国、高市郡の高市社。かなみの飛鳥の社。
    4、高照姫の大神……………大和の国の葛上郡の御歳神社。
    5、事代主神………………..出雲美保神社に、妻の美保津姫(三穗津姫命)と一緒に祀る。
  • 鴨都波神社 奈良県御所市宮前町
    御祭神:積羽八重事代主命
    配神 :建御名方命

    祭神. 積羽八重事代主命(事代主)と下照姫命を主祭神とし、建御名方命を祀る。
    葛城賀茂神社ともいう。
    祭神積羽八重事代主命 下照比売命 建御名方命 大物主櫛瓱玉命

    宗方、安曇との縁は???

    『阿蘇家略系図』というのが発見され、これに金刺舎人氏は阿蘇氏 の分かれであるとあります。それ以前の阿蘇氏は山城国にいたという説もあり ますが、確証がない。とはいえ阿蘇氏は景行の九州征伐の際、帰順したと景行 紀や『肥後国風土記』にありますから、ある時期から肥国にいたことは疑いな い。少なくとも阿蘇氏から分かれた一族が諏訪に来て、信濃国造や金刺舎人を 出し、後に諏訪神社の大祝や諏訪評督などに就いたという経緯が系図からうか がえます。
    タテミナカタの妻の八坂姫は
    『先代旧事本紀』天神紀に「八坂彦命、伊勢神麻績連等の祖」とある八坂彦命の後裔とする説がある。

    九州の安曇か、それとも麻積の転化が、諏訪の安曇か?
  • 阿波の名方郡名方郷に由来するとある。
    また、安曇郡式内川会神社の社伝には、
    「建御名方命の后は海神の女なり、太古海水国中に氾濫、
    建御名方とその后は治水のために水内山を破って水を流し
    越海へ注ぎ、始めて平地を得た。」とある
    阿波国に名方郡名方奈加多郷あり。神名帳に。其郡に多祁御奈刀弥神社あり。 こは奈の下に方字ダルたるにはあらぬにや。又同郡に大御和神社。同国勝浦郡に事代主神社。阿波郡に建布都神社事代主神社などもあり。
  • 「播磨国風土記」に、袁布(おふ)山で、大国主命と同神とされる伊和大神の子・阿治志貴高日子根神(賀茂建角身命神・賀茂大神)を産んだという、
    因みに出雲にも意宇(おう)郡があり、葛城加茂社の神戸があることから、出雲族と海人族の婚姻関係が窺える。尚、宗像氏の祖神に阿治志貴高日子根神の兄弟である事代主命(鴨都波八重言代主命)が入っているので、この神の母でもあるかもしれない。
  • 関東の宗像神社と鳥見神社

    印旛沼の近隣に宗像神社があり、印旛沼から西の柏あたりまでの地域、および印旛沼から来たの利根川に至る地域に鳥見神社がある。

    鳥見神社と宗像神社が多数ある。千葉県北西部地方、いわゆる下総国の中央部である。鳥見神社は、東西約17km・南北約7.5kmの中に合計21社確認されている。6.5K㎡に1社存在する計算になる。東から旧印旛村1・旧本埜村4・印西市6・白井市7・柏市3である。但し、この21社の中には、他社との合祀が3社と末社が1社含まれていることを明記する。
    http://www14.plala.or.jp/nikorobin/toromi2.html
  • 九州、遠賀の鳥見山

    住吉神社 若松区字丸ノ内鳥見山の下
    旧説に此地は島門の駅の渡口

    物部氏に鳥見物部がある。

    饒速日命は九州遠賀から、生駒山の日下に至る。奈良盆地の那賀(鳥見山のあたり)を拠点とした登美の那賀須泥毘古と手を組んだようです。血縁を作る。
  • 石見一宮 物部神社

    御祭神宇摩志麻遅命は、物部氏の御祖神として知られております。御祭神の父神である饒速日命は十種神宝を奉じ、天磐舟に乗って大和国哮峯に天降り、御炊屋姫命を娶られ御祭神を生まれました。御祭神は父神の遺業を継いで国土開拓に尽くされました。

    神武天皇御東遷のとき、忠誠を尽くされましたので天皇より神剣韴霊剣を賜りました。また、神武天皇御即位のとき、御祭神は五十串を樹て、韴霊剣・十種神宝を奉斎して天皇のために鎮魂宝寿を祈願されました。(鎮魂祭の起源)

    その後、御祭神は天香具山命と共に物部の兵を卒いて尾張・美濃・越国を平定され、天香具山命は新潟県の弥彦神社に鎮座されました。
    御祭神はさらに播磨・丹波を経て石見国に入り、都留夫・忍原・於爾・曽保里の兇賊を平定し、厳瓮を据え、天神を奉斎され(一瓶社の起源)、安の国(安濃郡名の起源)とされました。

    次いで、御祭神は鶴に乗り鶴降山に降りられ国見をして、八百山が大和の天香具山ににていることから、この八百山の麓に宮居を築かれました。(折居田の起源)
  • 桜井市の鳥見山と桜井茶臼山古墳

    平原古墳との関連は???

    鳥見山から北へのびる尾根上には、四世紀初めに造られた日向型の柄鏡形前方後円墳が鎮座する。桜井茶臼山古墳と呼ばれるそれには、樹齢千年以上の巨木からなる木棺が安置されていて、その内外に二十六面の三角縁神獣鏡をはじめ、内行花文鏡・方格規矩鏡・画文帯神獣鏡・獣帯鏡など八○面以上の銅鏡、それに三種神器である曲玉・鉄剣、さらに王権を示す碧玉製の玉杖・玉葉が副えられていた。
    その円墳上に土を盛った方形壇があって、その周りを底のない祭祀用壷が取り巻く。この古墳は帝王級副葬品が豊富にあったにもかかわらず、被葬者の名も伝わらない。極めて謎の多い古墳だ。
    【桜井茶臼山古墳】(奈良県桜井市外山)、鳥見山麓にある全長二○七㍍、円形部一一○㍍の柄鏡形前方後円墳。一九四九・五○年の後円部における調査では、長大な竪穴式石室、その上に土盛りした方形壇、方形壇の縁に並ぶ二重口縁壺形埴輪が出た。これと同類の壺が箸墓古墳の方墳上にもあった。
    四面に朱塗りした石室には、長さ五・一九㍍のトガをくり抜いた木棺があった。石室内から、王権の象徴とされる碧玉製の玉杖、三角縁神獣鏡など二十面近い鏡片、各種石製品、鉄剣・銅鏃・鉄鏃などの副葬品が出た。
    平成二十一年の再調査では、方形壇(東西九・二㍍、南北一一・七㍍)の周囲で幅約一㍍の溝が見つかり、溝の四方で柱十本分の痕跡が確認された。石室周辺から、大量の鏡破片や炭が出土した。前調査では四世紀後半から五世紀初めの古墳とされたが、今回の調査によって三世紀末から四世紀初めの築造と断定された。
    出土した鏡の破片から、少なくとも十三種、八○枚以上の銅鏡があったと判明した。福岡県平原遺跡の四○枚を大幅に上回って、最多である。国内最大級の直径四十数㌢に達する内行花文鏡の破片も出土した。類似の鏡が平原遺跡から五枚も出ている。
  • 矢田坐久志玉比古神社
    (大和郡山市)

    ※由緒 社頭に掲げる案内には、
    「延喜式内大社で、古くは矢落大明神、又は矢田の大神と称し、神裔は雄族物部氏である。創建年代は不詳であるが、六世紀前半の頃までは、畿内随一の名社として栄えたと伝えられ、当地方最大の古社である。古典に「天磐船に乗りて大空を翔行り」の故事に基づき、航空祖神として斯界関係者の崇敬を聚め、恩恵を蒙っている」
    とあるのみで、創建由緒等不明。

    大和志料(1914・大正初期)によれば、
    「矢田村大字矢田にありて大宮と称す。新抄勅格符抄大同年間諸社神封の条に矢田神二戸大和、延喜式神名帳に矢田坐久志玉比古神社とは即ち此。今郷社たり。
     祭神は櫛玉彦命又曰く天明玉命櫛玉姫命又曰く天太玉命の二座にして、蓋し、古へ此地に玉作氏の住するありて、其の祖神を祭りたるものなり・・・」
    という。

    その祭祀氏族として、大和志料がいう玉作氏の他に
     ・神名帳考証(1733)・神祇志料(1873)・神社覈録(1870)・特選神名牒(1876)
    「矢田部氏がその祖神・櫛玉饒速日命を祀った」
     ・奈良県史、
     「姓氏録・大和国神別に、矢田部は饒速日命七世孫大新河命の後とあるから、この地方に居住した矢田首が自らの祖神として、櫛玉饒速日命とその妻・御炊屋姫命を祀ったとみられる」
    として、矢田部氏(矢田首)を挙げる資料もあり、当社は、この矢田部氏を祭祀氏族としている。

    神名牒考証他がいう矢田部氏とは、古事記・仁徳天皇段に
    「八田(矢田)若郎女(ヤタノワキイラツメ-応神天皇の皇女で仁徳天皇の后)の御名代(ミナシロ)として、八田部を定めたまひき」とある八田部を管掌した伴造(トモノミヤツコ)で、その出自は、
    ・新撰姓氏録(815)
    「大和国神別(天神) 矢田部 饒速日命七世孫大新河命(オオニイカワ)之後也」(左京神別・摂津神別・河内神別にも矢田部氏あり)
    ・先代旧事本紀(9世紀前半・物部氏系史書)・天孫本紀
      「仁徳天皇の皇后・矢田皇女に皇子が生まれなかったので、物部大別連公(モノノベオワケノムラジノキミ-ニギハヤヒ10世の孫)に命じて、皇子代(御名代)となって皇后の名を氏として、改めて矢田部連公(ヤタベノムラジノキミ)の姓を賜る」(大意)
    とある氏族で(崇神60年条に、先祖。物部武諸隅の事績あり)、物部氏の一族という。(物部氏系図によれば、大別連公は大新河命の3世の孫-饒速日10世の孫-にあたる)

     ただ、
    矢田若郎女(矢田皇女)について、古事記は「応神天皇が、丸邇の比布礼能意富美(ヒフレノオホミ)の女・宮主矢河枝比売(ミヤヌシ ヤカワエヒメ)を娶って生みし御子・宇遅能和紀郎子(ウジノワキイラツコ)、次に妹・八田若郎女・」(書紀も同意とするのに対して、
    先代旧事本紀は
    「応神天皇が、饒速日十世孫・物部山無媛連公(モノノベノヤマナヒメノムラジノキミ)を立てて妃とし、・・・矢田皇女・・・を生む。その矢田皇女を仁徳天皇が立てて皇后とされた」(大意)
    とあり、母親の名および出自が、古事記ではヤカワエヒメ-和邇氏、旧事本紀ではヤマナヒメ-物部氏と異なっている。

    通常、御名代は、その仕える皇族の母方の出身氏族があたると解され、とすれば、矢田部氏は和邇氏系ではないかと思われる。

    大和志料がいう玉作氏の出自等は不詳だが、
    室町時代の古書・和州五郡神社神名帳大略注解(1441)の玉造神社条には、
    「社家者玉作連曰く、旧記に載る矢田間神社二座は櫛玉彦命亦天明玉命と云う・櫛玉姫命亦天太玉命と云うで、伊弉諾尊の子なり。元社は当国曽布矢田郷に在り、此の地に遷座し矢玉(矢田間)神社と号す」とある。

    大略がいう玉造神社とは、
    今、明日香村にある式内・櫛玉命神社を指し、玉作氏の祖・荒木命が巨瀬村に祖神(天明玉命・豊玉命)を祀る羽玉神社を創建したとき、矢田村にあって同じく祖神(櫛玉彦命・櫛玉姫命)を祀っていた矢玉神社を勧請合祀したという神社で、矢玉神社とは当社を指すという。

    これによれば、当社は玉作りに関わっていた玉作氏がその祖神を祀った神社となり、今にいう物部氏系とは異なっている。
  • 櫛玉命神社 奈良県明日香村

    玉作連が祖神を祀った。櫛玉は奇霊の意味とも言える。飛鳥坐神社の裔神とされている。大和国高市郡の延喜式内社櫛玉命神社四座に比定される。
    近世は八幡神社と称したが、明治頃に現社名に変更したと言う。

     広瀬大社の宮司さんによると、奈良県の櫛玉命は饒速日命と考えて差し支えはないとのことである。従って、ここでは櫛玉彦命を饒速日命の事と理解しておく。櫛玉饒速日命は物部氏の祖神であるが、蘇我氏隆盛を極め、物部氏が衰亡した段階で饒速日命の名を出すのをはばかり櫛玉だけを残したのかもしれない。 もしくは、長髄彦が本来の祭神であり、記紀の記述の普及により、変更していったのかも知れない。

      広瀬大社では櫛玉(姫)命は本殿の一つに祀られているが、饒速日命は摂社「饒速日命社」に祀られている。

    後者の説、長髄彦が真実かもしれないですね
  • 長髄彦は事代主神(飛鳥大神)の子で、磯城の三輪氏一族の族長だったということであり、早くに太田亮博士も、「磯城彦は即ち三輪氏に外ならず」と指摘した。

    広瀬大社では、饒速日命は境外に祀られており、相殿に櫛玉命が祀られている。明らかに、両者は別であり、玉造の櫛玉命は櫛玉姫の親族と考えさせられる。櫛玉姫が御炊屋姫であるというので、長髄彦あるいは、事代主、ウマシマジが祀られておかしくない。神武に抵抗し饒速日に背かれて死んだ長髄彦は消されたか別名で祀られているか?

    広瀬大社 北葛城郡河合町川合

    若宇加能売命
     相殿 櫛玉命、穂雷命
    境外摂社 水分神社  境外末社 饒速日命社「祭神 櫛玉饒速日命」 他摂社末社多数

    本当の祭神を長髄彦とする見方がある。(大和誕生と神々「田中八郎」彩流社) 富雄川、佐保川、初瀬川、寺川、飛鳥川、曽我川、葛城川、高田川の合流地点に鎮座する。
     日本書紀天武天皇四年の記事で、龍田の風神祭、広瀬の大忌祭が登場する。大忌祭は山谷の水が甘水となって水田をうるおし、五穀豊穣を祈る祭りである。小錦中間人連大蓋を遣わし、大山中曽根連韓犬を斎主としたとある。 大忌神とは「若宇加乃売命」であるが、倉稲魂命の事とも考えられる。広瀬神はまた「屋船豊受姫神」とも呼ばれ、家屋を鎮め、船の運航、河川交通の守り神でもあった。
     注目しなければならないのは、櫛玉命が祀られている事である。神社の説明によると饒速日命の事であるが、宮司樋口氏の祖神にも当たるので、このような表現にとどめたとの事である。宮司の自宅に饒速日命社が祀られており、末社としているとの事である。 尚、江戸前期の「和州広瀬郡広瀬大明神之図」では相殿の神名は櫛玉姫命と水穂雷命となっている。櫛玉姫命であれば御炊屋姫(長髄彦の妹、饒速日命の妻)となる。
  • 天香山命
    天「天香語山命」、「天賀吾山命」等とも書かれるため、「あめ(ま)のかごやまのみこと」とも読む。
    『先代旧事本紀』によれば、天照太神の孫神である饒速日尊(天火明命)と、天道日女命(あめのみちひめ-)との間に生まれた神(天照太神の曾孫神)で、尾張氏等の祖神とされ、物部氏等の祖神である宇摩志摩治命(うましまぢ-)とは母神を異にする兄弟神となっている。『新撰姓氏録』にも見え、後裔氏族として尾張氏(左京神別等)を始め、伊福部氏(左京神別下)・六人部氏(山城神別)・津守氏(摂津神別)等を挙げている。
    『先代旧事本紀』の「天神本紀」には、饒速日尊の天孫降臨に従った32柱の1柱に数えられ、「天孫本紀」では、紀伊国の熊野邑(和歌山県新宮市が比定地になっている)に住み、別名を「手栗彦命(たくりひこ-)」、または「高倉下命」というとあり、以下『記紀』に載せる「高倉下」の伝承と同じ内容を記す(詳しくは高倉下を参照)。
    また、新潟県の彌彦神社の社伝に、神武天皇の大和国平定後、勅命を受け越国を平定、開拓に従事したと伝える(詳しくは彌彦神社を参照)。
  • 櫛玉命(くしたまのみこと)神社
    :高市郡明日香村真弓51

    室町初期には玉造神社と呼ばれていたようで、室町初期の古書・和州五郡神社神名帳大略注解(通称:五郡神社記-1446)によれば
    「玉造神社帳(延喜式神名帳)に云う高市郡櫛玉命神社四座 巨勢郷矢田羽田両村に在り
    社家玉造連説いて曰く、旧記に矢田間神社二座 櫛玉彦神亦天明玉神と云う・櫛玉姫神亦天太玉神と云う也。伊弉諾尊の子也。元社は当国曾布矢田郷に在り、此の地に遷座して矢田間神社と号す。
    羽田間神社二座、羽明玉命亦櫛明玉命と云う、高皇産霊命の子也。・・・ 豊玉命亦玉屋命と云う、即ち羽明玉命の子也、玉造連の遠祖也。
    仲哀天皇の御世に到り、玉造人等を召し、其の□人荒木命(□玉彦三世孫大目命也)に巨勢地三十代を賜う。是に於いて荒木命、新たに神殿を造り祖神等を奉斎、羽玉神社と号す。此の時に当り矢玉神社を遷し奉り、都合四座を奉祀す。・・・(荒木命は)玉祖連の遠祖也。
    古老口伝氏祖系譜を閲し、其の要を摘し注進す、・・・大同3年(808) 玉造人玉祖宿禰 花押在り」(漢文意訳)
    という。http://www.y-tohara.com/nara-kusitama.html
  • 神功皇后は大目命とある
    十市県坐神社の始祖は大目と社伝にある。

    ホツマツタエでは磯城県主に大目があるので、十市県の主となったのであろう。

    大目。磯城県主。
    孝霊天皇の内宮・ホソ姫の父。 
    磯城の県主は、代々クロハヤの子孫が継いできているから、ナガハヱの子と考えるのが順当だが、アマタラシヒコクニが春日親君となるに伴って、色々変化が生じているかもしれない。
  • 玉祖神社

    「一宮玉祖社」(いちのみやたまのおやしゃ)という名称が一般的であった。
    明治四年(一八七一)国幣社に列格以来玉祖神社(たまのおやじんじゃ)の呼称に統一され今日に至っている。

     祭神
    延喜式神名帳には玉祖神社二座とあって神名は明示されていないが、主神は玉祖命で今一座は不詳である。
    玉祖命は玉造連(たますりのむらじ)の祖神で三種の神器の一つ、八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)を造られた神で別名櫛明玉命(くしあかるたまのみこと)、羽明玉命(はあかるたまのみこと)、豊玉命(とよたまのみこと)、玉屋命(たまのやのみこと)とも称す。
     不詳の一座は神主土屋家文書や防長風土注進案では、天鏡尊(あめのかがみのみこと)、天日神尊(あまのかかみのみこと)とし、鏡を御霊代として日神と仰奉る天照大神ではないかとしているが、その天照大神を御祖神として、浜宮御祖神社(はまみやみおやじんじゃ)を当てた時代もあり、氏子中には女子の初宮詣には必ず浜宮御祖神社へも参る古習があるので、祭神を女神とするものや、玉祖命の母神とする説などがあるが未だ定説はない。しかし、祭典に当っては常に二座分の御供物を献奉る仕来になっている。
  • 杵築に櫛八玉神の子孫と称する人々がいる。姓は財(たから)氏で、「別火(わけび?)」という。この別火には、毎年七月四日に身逃(みにげ)の神事ということを行う。海底の塩砂を「つと」に包み、塩を焼いて、翌五日の大社の神事に供える、身逃というのは、この別火は国造の宅に行ってこの神事を行う。その日は国造は自宅を出て、よそにいることになっている。
    それで身逃げと言うのだそうだ。大社の末社に湊神社というのがある。これに櫛八玉命を祭るという。
  • 出雲大社

    境内社
    御向社(みむかいのやしろ)
     祭神 須勢理比売命(すせりひめのみこと)
    国づくりの大業を輔けられるという大きな功績をたてられ、大神との仲は睦まじく、美しい婦徳の鑑となられた女神です。

    筑紫社(つくしのやしろ)
     祭神 多紀理比売命(たぎりひめのみこと)
    天照大御神と素戔鳴尊(すさのおのみこと)とのご誓約によって生まれられた女神で、福岡県の宗像大社に祀られる祭神。大国主大神との間に、味耜高彦根神(あぢすきたかひこねのかみ)と高比売命(たかひめのみこと/下照比売命(したてるひめのみこと))をお生みになっています。

    素鵞社(そがのやしろ)
     祭神 素戔鳴尊(すさのおのみこと)
    天照大御神の弟神で、出雲国の肥河上での八岐の大蛇退治はあまりにも有名です。また大国主大神の親神であられ、大神に国づくりの大任を授けられました。

    他6社


    境外摂社

    阿式社(あじきのやしろ)
     祭神 味耜高彦根神(あぢすきたかひこねのかみ)
    大国主大神と多紀理比売命との間にお生まれになった、農耕の神です。

    乙見社(おとみのやしろ)
     祭神 高比売命(たかひめのみこと/下照比売命(したてるひめのみこと))
    大国主大神と多紀理比売命との間にお生まれになり、後に、高天原(たかまのはら)から国土奉献の使者として天降られた天若日子(あめのわかひこ)のお妃となられています。

    三歳社(みとせのやしろ)
     祭神 高比売命(たかひめのみこと)
        事代主神(ことしろぬしのかみ)
        御年神(みとしのかみ)
    大国主大神の御子神で、御年神は素戔鳴尊(すさのおのみこと)の御孫神です。 一月三日未明、この社で行われる「福迎神事」(ふくむかえしんじ)では、参拝者は 福柴(ふくしば)をいただき、一年の開運を祈ります。

    湊社(みなとのやしろ)
     祭神 櫛八玉神(くしやたまのかみ)
    大国主大神が国土奉献の大業を終えて天日隅宮(あめのひすみのみや、出雲大社のこと)にお鎮まりになるとき、天照大御神の命により「膳夫(かしわで)」となり、鵜になって海底に入り、埴を咋(くい)出でて八十甕(やそびらか)を作り、海布の柄(から)を燧臼(ひきりうす)に作り、海葦(こも)の柄を燧杵(ひきりきね)に作って火を鑽(き)り出し、祝の言葉を述べて大神を饗応された神です。

    大歳社(おおとしのやしろ)
     祭神 大歳神(おおとしのかみ)
    素戔鳴尊(すさのおのみこと)の御子神で、五穀を守護される神です。

  • 大国主 Wikipedia
    スセリビメ - スサノオの娘。 最初の妻で正妻とされる。
    ヤガミヒメ - 根の国からの帰還後では最初の妻とされる。間にキノマタノカミが生まれた。
    ヌナカワヒメまたはヌナガワヒメ(奴奈川姫) - 高志国における妻問いの相手。間にミホススミ(『出雲国風土記』)もしくはタケミナカタ(『先代旧事本紀』)が生まれた。
    タキリビメ - 間にアヂスキタカヒコネとシタテルヒメの二神が生まれた。
    カムヤタテヒメ - 間にコトシロヌシが生まれた。
    トリトリ - ヤシマムジの娘。間にトリナルミが生まれた。『古事記』にはそれ以降の系譜が9代列挙されている。
  • 天之冬衣神 あめのふゆきぬのかみ
    『日本書紀』神代巻宝剣出現章(八段)一書第四には、 須佐之男命の五世孫として天之葺根神(あまのふきねのかみ)の名がみえ、同神と思われる。

    天之葺根命は、須佐之男命五世の裔孫。のち須佐之男命の命により高天原にいたり、天叢雲剣を天照大御神に奉った。
    日御碕神社で毎年冬に神職が天一山に登って行う神剣奉天の行事はこの古儀にもとづくもので、同神社小野氏はその後裔という。
  • 須佐能男命--(中略)--天之冬衣神--大国主命--鳥鳴海神--国忍富神--(中略)--遠津山岬多良斯神

    の系譜が古事記に明記されている点を考慮すると、元々、スサノオ・オオクニヌシ(オオナムチ)直系であった「鳥鳴海・国忍富」親子神が天孫系を称する三上氏たち豪族の出自を飾るために利用された一抹の疑いが浮上します(或いは、逆に元々天津彦根命の神々であった神様の系譜が古事記編集者たちの意図で大国主の後裔として加筆されたかも知れません)
  • 阿比良比咩に関しては、神武天皇の妃(古事記)、天村雲命の妃(勘注系図)の記載がある。

    また『大同本紀』逸文に、天村雲命の別名が「小椅の君」と記されていることを考え合わせると、古事記の神武天皇記に、~阿多の小椅の君が妹、名は阿比良比売を娶りて~とあるのは、この三神の近しい関係を表している。



    神武天皇を祀る古社「樫原神社」、神名を冠した式外大社「伊比良咩神社」、日本唯一の式内社「天村雲神伊自波夜比賣神社」、天村雲命の妃とされる伊自波夜比賣の祖父に当たる建御名方命を祀る式内社「多祁御奈刀弥神社」。

    自然な位置関係の中で、これら全ての神社が鎮座するのは阿波国のみである。
  • 長国とされる地域には、古墳時代中期の古墳群が点在する。韓背足尼が居所とした佐那河内村から東へ約五kmのところに渋野丸山古墳群がある。最大のものは、全長一〇五mの前方後円墳である渋野丸山古墳で五世紀前半の築造とされる。
     また近くの丈六寺の境内には、裏山の丈領古墳から発見された箱式石棺がおかれており朱が確認できる。古墳時代中期の箱式石棺は勝占神社のすぐ北にある鶴見山古墳群にもみられる。
     渋野丸山古墳群から那賀川をはさんで南へ十五km、阿南市内原町に全長五一mの前方後円墳の国高山古墳がある。出土物から五世紀中頃の築造と考えられている。
     長国にみられる前方後円墳に五世紀以前のものはなく、三世紀前半までさかのぼる前方後円墳がある粟国とは様相を異とする。これは、長国地域が五世紀になりようやくヤマト王権に帰順したことをにおわせる。そこには大国主命を祖とするヤマト王権に抵抗し続ける地方豪族の存在があったのではないか?一説には、神武東征の際に抵抗した長髄彦の妹は事代主命の娘とされる。そうなると長髄彦は事代主命の子ということになる。天孫瓊瓊杵尊に徹底抗戦しようとしたこともうなずける。また、先代旧事本記には長髄彦の名はもとの邑の名であると記されている。日本書紀允恭紀には長邑の男狭磯が登場する。長髄彦の長は長邑の長とすれば、長国を支配していた地方豪族は長髄彦一族なのか
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。