土佐の古社、味鉏高彦根、一言主

December 2018 編集されました カテゴリ: 神社
image土佐の古社、味鉏高彦根、一言主

土佐国造 土佐一宮たる土佐神社は土佐郡の大社・都佐坐神社として土佐郷の一宮村(現高知市東部の一宮)に鎮座して、…

Read the full story here


コメント


  • 高知県での伝承では、土佐国一宮・土佐神社の御祭神「一言主神」の后が、土佐国二宮・朝倉神社の御祭神「天津羽々神」。

    この「一言主神」の正体は、「事代主神」または「味鋤高彦根神」。

    静岡県の伝承では、伊豆国一宮・三嶋大社の御祭神「事代主神」の本后が、
    式内阿波神社の御祭神「阿波咩命(天津羽々神)」。

    土佐国、一言主神は、土佐國風土記では「高賀茂神」。

    伊豆國賀茂郡 伊豆三嶋神社 名神大。 伊豆國賀茂郡 阿波神社 名神大。

    伊豆三嶋神社の元地は、下田市の白浜の長田。

    阿波神社の鎮座地は、神津島村の長浜。

    とみれば、静岡の伝承によって、土佐神社の御祭神「一言主神」が、やはり「事代主神」だということが裏付けられます。
    そして、これらの神々が、阿波、長、白浜、賀茂、そして、かつらの地名でつながるということがはっきりします。


    ※天津羽羽命(アマツハハノミコト) 『大日本神名辞書』
     天石戸別命の御子なり。
     御事蹟明かならず。
     別名を阿波咩(アワメノ)命・阿波波(アワワノ)神・阿波(アワノ)神とも稱す。
     八重事代主命の后神なり(古史傳、土左國風土記)。

    そして、『安房斎部系図』によれば、天日鷲命(阿波忌部の祖)の兄弟姉妹です。


    朝倉神社風土記逸文(釋日本紀 卷第十四)

     土左の國の風土記に曰はく 土左の郡 朝倉の郷あり 郷の中に社あり
     神のみ名は天津羽羽の神なり
     天石帆別の神 天石門別の神のみ子なり

    原文を見ていないのですが、上記のように若干不正確な文のせいで、あちこちで解釈が一定していません。
    つまり、天石帆別神が、天津羽羽神の別名で、天石門別神の御子、と説明するものと、
    天石帆別神は天石門別神の別名で、天津羽羽神は、その御子、と説明するものがあるのです。
    どちらにせよ、天石門別神の子が天津羽羽神、というのは間違いなさそうです。
  • April 2016 編集されました
    天甕津日女命 あめのみかつひめのみこと
    天御梶日女命:あめのみかつひめのみこと
    阿麻乃弥加都比女:あまのみかつひめのみこと
    ……
    『出雲国風土記』出雲郡の伊農郷に坐す赤衾伊農意保須美比古佐和気能命の妃・天甕津日女命。 国内をご巡行になった時に、伊農郷にお着きになっておっしゃったことには、「ああわが夫よ、伊農よ」とおっしゃった」とある。

    また『出雲国風土記』楯縫郡に、阿遅須枳高日子根の后、天御梶日女の命が、多具の村においでになって、 多伎都比古の命をお産みになった。その時、胎児の御子に教えて仰せられたことには、 「おまえの御父上のように元気に泣きなさい。生きてゆこうと思うならば、ここがちょうどいい」とおっしゃった。とある。

    『尾張国風土記』逸文に、垂仁天皇の御子・品津別皇子が七歳になっても言葉を話さず、 皇后の夢に、多具の国の神、阿麻乃弥加都比女が出現し、私を祀れば皇子は話すだろうと告げる。

  • 都我利神社 出雲市東林木町
    祭神 味耜高彦根命
    配祀 伊耶那岐命 伊耶那美命 速玉男命 事解男命 倉稻魂命 迦遇突命 菅原道眞
    摂社
     稲荷神社「宇賀魂神」  武頭天神社「素戔嗚尊」
    由緒
     盾縫郡の延喜式神名帳に記載され、また出雲風土記にも載る古社。神祇官にある神社として、伊努の社 同じ社 とあり、これは都我利神社のこととされる。(吉野裕)
     『雲陽記』に曰く。「八王子味耜高彦根神をまつる。西の方に的場あり。此所にて百手の的あり。ヒキメの神事を行うと言い伝えたれども、慶長の頃(1596~)よりその事はたえて今はなし。
     当社の縁起なりと云い伝るを見るに、白雉三年(652)、此の社に勧請したり。八王子と称するは五男三女なり。或る書には都我利神社とあり。その神二坐味耜高彦根神と、彦根の神の持玉える剣を合祭ると云えり。 剣は天稚彦の喪屋を斬り飛ばした剣で、我里または神戸の剣と云えり。天書に都我利という故に社の号となすなり。此の神神威有故に、大己貴命霊剣を援たもうといえり。郡郷山河原野に至るまで悉く平治し、春の耕し、夏の耘り(くさぎり)を教えたまう、故に味耜高彦根の神とは申すなり。伝にこの神は大己貴命の第八の御子なるが故に、八王子大明神と申奉るなり。

    祭神については、『特選神名帳』では、「出雲国造系図」に、天穂日命、武夷鳥命、伊佐我命、津狡命(ツガリ)云々とある津狡命を祀っていると見ている。『延喜式』の次ぎに記載の神社が伊佐波神社であるのも、国造系図の名に似ていることをあげている。
  • 内藤虎次郎氏
    明治の終りに『卑弥呼考』を『芸文』に寄稿

    その中で「伊声耆・掖邪狗」は、イサンガとイサカと読むのであって、出雲国造の祖・伊佐我命を指し、双方とも同じ名の別字に過ぎない。

    『延喜式』神名帳の出雲国出雲郡には、伊佐我神社、伊佐賀神社などがある。
    『延喜式』巻十 神祇十 神名下 出雲郡の項に、

     布勢神社、
     同社・ 神伊佐那伎神社。
     同社・ 神伊佐我神社。
     因佐神社。
     伊勢神社。
     伊佐波神社。
     伊佐賀神社。
     の関係6社がある。
  • 赤衾伊農意保須美比古佐和気能命

    淤美豆奴神の子神と伝へる。『出雲国風土記』に出てくる神。赤衾は赤食とも記す。


    『出雲国風土記』秋鹿郡伊農郷の由来に 「出雲の郡伊農の郷に鎮座される、赤衾伊農意保須美比古佐和気能命の后である天
  • 出雲風土記は、仁多郡三沢の郷の項で次のように語っています。

    大神大穴持命の御子、阿遅須枳高日子命、御須鬚八握に生ふるまで、夜昼哭きまして、み辞通わざりき。
    その時、御祖の命、御子を船に乗せて、八十嶋を率いて巡りてうらがし給えども、なお、哭きやみまさざりき。
    大神、夢に願ぎ給いしく「御子の哭く由を告らせ」と夢に願ぎませば、その夜、御子み辞通うと夢見ましき。即ち、覚めて問い給えば、その時「三沢」と申したまいき。
    その時「何処を然言う」と問い給えば、やがて、御祖の前を立ち去り出まして、石川を渡り、坂の上に至り留まり「ここぞ」と申し給いき。

    秋鹿郡の伊農郷の条では、「赤衾伊農意保須美比古佐和気能命」の后、 天のミカツ姫が此の地をイヌと名付けた、との説話があります。 天のミカツ姫の旦那はアジスキタカヒコともされており(楯縫郡の条)そうならば、 「赤衾伊農意保須美比古佐和気能命」=アジスキタカヒコの如し、 (岩波古典文学大系、風土記頭注)とも考えられています。アジスキタカヒコならば大国主の子どもと考えられています。 (アジスキタカ彦、ミカツ姫に関しては羽羽矢考、 カヤナルミ考もご覧下さい。)

    一方、この命は、出雲郡伊努郷の方では、国引きをしたオミヅヌ命の子、 とされています。なお、漢字表記は少し違っていて「赤衾伊努意保須美比古佐倭気能命」ですが、同一と考えて良いでしょう。 即ち、このミコトの親に関しては二説(大国主か、オミヅヌか)あることになり ます。オミヅヌ=大国主とか、オミヅヌも大国主(職名)の一人なら 矛盾にはなりませんが。。。
  • 花長下神社 (はなながしもじんじゃ)

    主祭神
    赤衾伊農意保須美比古佐和気能命(あかぶすまいのおおすみひこさわけのみこと)
    比古佐和気能命(ひこさわけのみこと)

    住所 〒501-1314 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲名礼848番地の1

    由緒由来
    創建年月不詳花長上神社より南十二町余も距る桐之輪の奥の地に鎮座あり 社号は下鼻長大明神と元??皇記に見えたり 又鳶岩村藩神社調書に下花長大明神社額に鼻長大明神と掲けり(但 享保年間額)故延喜式神名帳曰 美濃國大野郡三座之内花長下神社故れ里傳の因る所を探るに花長上下両社は御夫婦の神なり故に舊例祭は隔年に之を行と云う 此傳真に實を得たりと云うべしそは出雲風土記を案するに天甕津日女命の夫神は赤衾伊農意保須美比古佐和気能命也 既に天甕津日女命上の花鹿山の花長神の祭神たれば必すやこの下の花長はその夫神たらずして何ぞや尓りと も別に確 とす可きなし 故れこの本村の旧号たるや正親村なり 正親町天皇の謚号を避けて名禮村と改号せりと云ふ しかれば正親村は意保幾村にして意保幾は伊農意保須美比古佐和気能命の意保須美の切なり 且つ轉りたるものか 夫れ須美の切Hさ志なり志の横道幾なれば意保志を意保幾と通はせるは常ある例なれば本村名は實は祭神意保須美比古佐和気能命より出たるものなれば茲に当社は明治六年一月縣命によりて郷社の格に額めて崇奉せり

  • November 2018 編集されました
    植田には七世紀前半の城カ谷古墳群(二基)があり、式内の殖田神社や国史見在の殖田上神が鎮座する。こうした要地には、必ずや古族の後裔が居住していたはずであり、伊勢平氏の一族といえども、鎌倉前期に逃れてこの地に入って、すぐに地名を苗字にするほど有勢となったということは考えがたい。その意味で、植田氏こそ古族の末裔としたほうが自然であろう。土佐には植田氏は殆ど残らなかったようで、『南国市史』にも活動は見えず、その系譜はほかには伝わらないが、当地の殖田神社の祭神は、土佐一宮たる土佐郡の土佐神社と同じ味高彦根命といわれており、古族とは土佐国造一族としてよさそうである。

    植田氏の一族が多く居住した香美郡韮生郷に関して記述したが、追加事情もある。五百蔵という苗字は珍しく、管見に入った限りでは、土佐と播磨にしか見られない。播磨では明石郡にあり(いま神戸市西区北部で、三木市のすぐ南)、美嚢郡吉田村(いま三木市南部)の人、五百蔵孫六によって開拓されたので、その名があるという。この三木市南部から神戸市押部谷にかけては顕宗・仁賢天皇兄弟が隠れた縮見(志染)屯倉の地であり、その管理者細目は兄弟を援助した功により忍海部造という姓氏を与えられたが、鈴木真年翁によると、五百蔵氏は細目の後とされる。忍海部造氏は開化天皇の皇子・彦坐王の後とされるが、彦坐王の実際の系譜は三輪君同族の出とみられるから、この五百蔵・吉田の例などからみても、土佐の五百蔵氏は三輪君同族の土佐国造一族の後裔ではなかろうか。

      植田・有島の一族を以上のように見ていくと、その出自として土佐(都佐)国造を考えざるをえない。しかし残念ながら、土佐国造関係の系図は殆ど伝わらない。僅かに中田憲信が関与した『諸系譜』第十六冊(国立国会図書館蔵)に、この関係の簡単な系図が記載される。この「土佐本山氏」と題した系図は、志賀高穴穂朝に都佐国造を賜った小立宿祢に始まり、奈良朝から土佐郡の郡領を世襲して壇ノ浦合戦で戦死した本山太郎真成・同小次郎相成親子に至っている。ここで系図は終わるが、一族には土佐氏があった。
  • 石谷氏については、『南路志』に「石谷民部小輔領千石一宮社職」と見えており、石谷民部少輔重信は布師田城に拠ったが、長曽我部国親に降って高鴨大明神(土佐神社)の社内に徙り居ると記される。土佐郡布師田村は一宮村の南東にあり、式内社の葛木男神社・葛木神社が鎮座して、土佐郡家があった地といわれる。両式内社の祭神はいま葛城襲津彦夫妻とされるが疑問が大きく、おそらく土佐国造の祖神を祀り、葛城の高鴨にあった神・味高彦根命であろう。一宮には一宮古墳群があり、布師田にも七世紀前半築造とみられる布師田古墳群があった。こうした要地に拠った石谷氏が、土佐守護代細川氏ないし土岐氏の末流と称しても信頼できず、土佐郡領家の後裔とみるのが自然であろう。
      この石谷重信の近親というのが公文将監重忠であり、公文氏は高岡郡日下村(現高岡郡日高村東部)の国史見在社で土佐二宮ともいわれた小村神社の神主家であり、平姓を称したことが棟札から知られる。公文氏は長岡郡比江(南国市比江)にも居り、当地を根拠とした公文氏は代々国衙の公文書を扱った家で、国衙鎮護のため日吉神社を勧請しその神職を務めたともいわれる。比江には土佐国府跡があり、また比江廃寺は出土遺物などから白鳳時代の寺院跡とみられ、県下最古の寺院とされる。

      谷氏は一宮の神主家で、天文の吉良家老臣に谷将監があり、天正の谷忠兵衛忠澄は一宮の神官で長曽我部元親の老臣であった。谷氏はのち山内家に仕え、一族から儒学・国学の学者を多く出した。江戸前期の儒学者谷素有(時中)・一斎親子や谷秦山(丹三郎重遠)、その子垣守、その子真潮(北渓)などがあげられる。谷秦山の家は、一宮の神主家の庶流で長岡郡八幡村(現南国市岡豊町八幡。一宮の四キロほど東方に位置)の別宮八幡宮の祠官家であり、谷左近を家祖としていた。垣守の曽孫にあたる者が、もと高知藩士で陸軍中将、子爵となった谷干城(通称を守部、号は隈山)*15である。別宮八幡宮は近隣の岡豊城に拠った長曽我部氏の信仰が厚く、城の鬼門を守る守護神として崇敬された。
  • 波多氏(地祇系氏族(波多国造))
    氏姓 波多君
    氏祖 不詳
    (天韓襲命後裔)
    種別 神別(地祇)

    崇神天皇の代に波多国造となった天韓襲命の後裔。天韓襲命は事代主の子(または孫)の観松彦色止命の後裔で、長・土佐国造の祖である韓背と同人とされることから、三輪氏族に含められるが、海神系の尾張氏族とする説もある。
  • 幡多国造

    波多国造とある。

    『先代旧事本紀』「国造本紀」よれば、崇神天皇の御世に、韓襲命を神の教えにより国造に定められたとされる。
    天韓襲命を事代主神の子(または孫)の観松彦色止命の9世孫で、長国造・都佐国造の祖である韓背足尼と同人とする説がある。
    ただし尾張氏族の系図には建田知命の3世孫に天韓襲命がいるとされ、成務天皇朝に任命された丹波国造の大倉岐命の一世代後である。また上記韓背足尼同人説でも韓背足尼は成務天皇朝の人物であること、南海道の諸国造の設置は紀国造を除いて、いずれも成務天皇~応神天皇朝であることから、波多国造だけが崇神天皇朝に任命されたとするのは疑問が大きい。
    氏族
    波多氏(はたうじ、姓は君)。海神族である三輪氏同族とする説と、同じ海神族の尾張氏同族とする説がある。後裔の系図は不明であるが、尾張氏族の系図には波勢比古命がいる。

    本拠

    本拠地は、現在の四万十市(しまんとし)中村説と、宿毛市平田の平田曽我山古墳のある平田古墳群の地とする説がある。

    支配領域

    波多国造は後の令制国の土佐国のうち幡多郡を支配したと考えられる。「国造本紀」に見える都佐国造は波多国造より後の設置とされ、また律令制以前の南海道は伊予から当地を経て都佐国造の地に至っており[5]、土佐中央部よりも先進地帯であったといわれている。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。