少彦名、讃岐の三野郡と播磨の美濃

December 2018 編集されました カテゴリ: 讃岐・阿波・伊予
image少彦名、讃岐の三野郡と播磨の美濃

大己貴神・少彦名神 四国御経営の地が三野郡 『延喜式』神名帳に記される郡内の式内社は、 大水上神社 香川県三豊…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • 長髄彦の出自についてなんら記述しないが、鈴木真年翁は、「醜類ニ非ス」として、「大和国城上郡登美ノ人、長髄モ同所ノ邑名、飛鳥事代主神ノ子」と記される(『史略名称訓義』)。丹後宮津藩主本荘氏の系譜『本荘家譜』には、物部の祖・饒速日命の子の麻斯麻尼足尼命(ウマシマチのこと)の右註に「母飛鳥大神之女登美夜毘売」と記される。長髄彦は事代主神(飛鳥大神)の子で、磯城の三輪氏一族の族長だったということであり、早くに太田亮博士も、「磯城彦は即ち三輪氏に外ならず」と指摘した。

    倭国造の祖・珍彦の計略が奏功して斬られたほうの兄磯城も、長髄彦かその近親にあたり、磯城郡の居住地にも対応する。長髄彦は饒速日命(実際には、その子のウマシマチ)によって殺害されたというから、記紀の兄磯城は長髄彦とは別人で、その一族にあたる。神武に降伏したほうの弟磯城の名は黒速で、建国後の論功行賞で磯城県主に任ぜられたが(神武紀)、この人は三輪氏の系図に天日方奇日方命(またの名を櫛御方命、鴨主命といい、三輪君・鴨君の遠祖)と記される者に対応する。その妹が神武天皇の皇后となった媛蹈鞴五十鈴媛命(伊須気余理比売)であり、事代主神の娘であった(『書紀』の一書)。

    それ以来、ほぼ五十年にわたり、その子の事代主命(玉櫛彦命)、さらにその子弟の長髄彦(八現津彦命)、と竜蛇信仰をもつ海神族系統の三輪氏族の君長が続いた。

    大和国には鳥見(登美)という地が二か所、城上郡(現桜井市)と添下郡(現奈良市)にある。長髄彦の本拠は城上郡のほうであったが、添下郡のほうも無縁ではなく、長髄彦の勢力範囲であった。
    この二つの鳥見にはそれぞれ式内社があり、城上郡の等弥神社、添下郡の登弥神社があげられる。後者は富雄川東沿岸の奈良市石木町に鎮座するが、その祭神のなかの一人に登美建速日命という神があり、同社の他の祭神からみて、この神が本来の祭神で登美彦すなわち長髄彦にあたると考えられる。
    中田憲信編の『諸系譜』第六冊所収の「長公系譜」には、建日別命という者が見えるが、この者こそ登美建速日命ではないかと考えられる。
    同系図では、建日別命は長国造(阿波南部)・長我孫や都佐国造(土佐)の遠祖であり、事代主神の孫に位置づけられる。その父を天八現津彦命(一云、観松比古命)とするが、又名の観松比古命は、「国造本紀」の長国造及び意岐国造の条には観松彦色止命と見えており、阿波国名方郡の式内社、御間都比古神社(ミマツヒコ。名東郡佐那河内村下モノミ石に鎮座)の祭神でもある。観松彦命は事代主神の子とされること、その子に「登美」に関係ある者がいること、その後裔に長国造・長我孫を出したことなどを考え合わせると、神武に立ち向かった長髄彦その人であろう。そして、「登美建速日命」が登美彦・長髄彦であるならば、建日別命はその父の位置にある天八現津彦命とも同人だということになる。

    長国造の領域は阿波国那賀郡の那賀川流域が中心であったが、その周辺には、勝浦郡の式内社の事代主神社や、名方郡の式内社の多祁御奈刀弥神社(タケミナカタトミ。名西郡石井町浦庄字諏訪に鎮座し、諏訪神たる建御名方命・八坂刀売命夫妻を奉斎)など三輪・諏訪一族に関係が深い古社が存在しており、これらの社も長国造一族が祀ったとみられる。

    大国主神が多紀理姫命との間に儲けた阿遅鉏高彦根神の妻・天御梶日女神の別名

    その系譜「塩屋彦命--観松彦伊呂止命--大日原富命--建御名方富命--甕男立命」
  • 河内の玉櫛明神
    近鉄河内花園駅のすぐ南側の住宅地の一画、花園本町の花園北小学校のすぐ南側に地域の氏神さんである津原神社が祀られている。

    南北600mにわたって続く参道の北端に鎮まる津原神社の地は、古い地割の区画である条里制にもとづいた「玉」の里、その北西端「三十一」の区画に鎮座している。
    平安時代の『延喜式』神名帳に載せられたいわゆる式内社で、
    天児屋根命・天玉櫛彦命・天櫛玉命
    を祀り古くから近郷七村の総社として「玉櫛明神」と呼ばれ、篤く信仰されてきた。

    本殿の北側には、楕円形をした「津原池」と呼ばれる神池があり、ここが御神体の池だと伝えている。津原神社の西側~南西にかけて残る古い家並みは、古来、市場村と呼ばれた所で、元々はさらに南方にある八尾市上之島の地域にまでつながる「三野郷」の地域、中世の頃には池島地区を含めて「玉櫛荘」と呼ばれた地域の一画にあたり、生駒山ろくの古代史を考える上で、重要な位置を占める地域の一つでもある。
  • 天玉櫛彦命は、『旧事本紀』という記録によると、一足早く天孫降臨して、広く河内地域を地盤とした古代豪族物部氏族の祖神、饒速日命(にぎはやひのみこと)に随伴して天下った多数の氏族の中に、
    「天玉櫛彦命間人連(はしひとのむらじ)等の祖」と登場する神にあたる。

    『新撰姓氏録』にも左京の神別氏族として、「間人連・間人宿禰(すくね)」が居り、
    先祖が「神魂命(かみむすびのみこと)五世孫玉櫛比古命之後也」と登場する。
    天櫛玉命も同じく随伴の神で、鴨縣主等の祖とされる神である

    讃岐の三野物部との関連は???
  • 吉備及び出雲の平定に功績のあった留玉臣命(遣霊彦・留霊臣ともいい、桃太郎伝説の「雉」にあたる)とその一族後裔が主だとみられる(後に葛城国造族の田使首一族も吉備来住があったが)。この留玉臣は山城の鴨県主、美濃の三野前国造の一族から出て、山陰道の伯耆国造の祖ともなったが、伯耆にも小鴨・鴨部など鴨関係の地名や鴨神社が非常に多く、吉備と伯耆の間の美作にも勝田・苫東・久米の三郡にそれぞれ賀茂郷が『和名抄』に見えている。
     吉備の氏族では、後に吉備氏にまったく同族化してた三野臣氏(備前一宮の吉備津神社を奉斎。御友別の子の弟彦命を祖とする)や鴨別命(御友別の弟とされる)を祖とする笠臣・小田臣氏などの諸氏は、実際には留玉臣命を男系ないし女系の祖にしていたことは想像に難くない。吉備神官に多く見える堀毛・堀家氏は留玉臣命の後裔と伝えており、吉備津彦に命ぜられて留玉臣が臭気の強い地を掘り返すと、埋もれていた鹿が生き返って向山に逃げて行ったという所伝があって、この縁由で堀生臣(ほりいけのおみ)の「姓」を与えられたと伝える。これが姓(カバネ)というのは疑問で、一種の敬称と思われるが、三野臣か笠臣の一族から、上記縁起でホリケの苗字が生まれたものとみられる。
  • <伊佐具神社(いさぐじんじゃ)> 尼崎市上坂部3丁目25-18
    祭神:伊狹城入彦皇子(五十狭城入彦尊(いさぎいりひこのみこと)。延長5(927)年に編まれた「延喜式」のなかの、神名帳に記された摂津国河辺郡七座の第一の神社で、市内では唯一の式内社である。


    五十狭城入彦尊は、景行天皇の第十皇子であり、兄の日本武尊(やまとたけるのみこと)と共に諸国を平定したとされる。五十狭城入彦尊は三河国碧海郡の式内社である「和志取神社」の祭神でもある。その神社の由緒では「五十狭城入彦皇子は気入彦命ともいい、景行天皇の皇子で勅命によりこの地方(三河)の逆臣大王主等を捕らえ平定した。」とある。この皇が当地とどのような関係で祭神なのか、また墓は大阪最南部の淡輪にあるが、なぜここに奉祀されているのか、詳細は不明である。当地の名は坂部(さかべ)で、大彦命の子孫の坂合部が住んでいた土地であるとか、神酒を醸造したので酒部と言ったとかの伝承が伝わる。


    伊佐具神社社号標石  尼崎市指定文化財。
    本殿前に建てられた「伊佐具社」の社号標石(尼崎市指定文化財)は、江戸時代の地誌『五畿内志』を完成させた並河誠所(なみかわせいしょ)が、摂津国内の『延喜式』神名帳に記された神社のうち、祭神や社名を変更し、また合祀されて廃社となった20社について究明し、社頭に社号を刻んだ標石を建てさせた。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。