大依羅神社、摂津、建豊波豆羅和気王

July 2015 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

image大依羅神社、摂津、建豊波豆羅和気王

大依羅神社 おおよさみ大阪府住吉区の神社当地の豪族であった依羅吾彦の祖神である建豊波豆羅和気王および住吉三神を…

Read the full story here


コメント

  • 『旧天孫本紀』
    物部木蓮子大連 (イタビノオオムラジ)。ニギハヤヒ(饒速日命)十二世の孫。父は布都久留、母は依羅連柴垣の娘の全姫。仁賢天皇の代に大連となり、石上神宮を奉斎し、御大君の祖の娘の里媛を妻にして、二児を生んだ。

    『姓氏録』では、依羅連は百済人の素彌志夜麻美(ソミシヤマミ)の君の後裔とあり、大阪府松原市天美は依羅連が居住した依羅郷で、現在も依羅宿禰を祭神とする田坐神社、酒屋神社、阿麻美許曽神社がある。
    『新撰姓氏録』では、日下部宿彌と同祖、彦坐命の後、百済人の素彌志夜麻美乃君より出ずる、また饒速日命十二世の孫の懐大連の後とある。
    万葉歌人の柿本人麻呂の妻は依羅娘子(ヨサミノオトメ)といい、『万葉集』に短歌3首を載せているが、依羅娘子もやはり百済系渡来氏族の出である。
  • 依羅(よさみ)は依網とも書き、現在の大阪市住吉区から松原市北西部にかけての広い地域を指していたと考えられているようです。推古天皇の御代に広大な依網池が造営され、その周囲に依網屯倉(よさみのみやけ)が設けられました。

    大依羅神社はその守護神として依羅吾孫(よさみのあびこ)氏によって奉仕され、摂津国では住吉大社に次ぐ格式であったといいます。

    もともと南側が正面で、大和側に面する南参道を北に進むと南向きの社殿が建っていましたが、昭和46年(1971)の再建の際に社殿は東向きとされ、北側の参道が正面とされたそうです。
  • 古く依網の名の出る歌は、日本書紀、
    応神天皇豊明(とよのあかり)聞こし看(め)す日、髪長比売に大御酒の柏を取らしめて、その太子に賜ひき。ここに御歌よみしたまはく
    いざ子ども 野蒜(のびる)摘みに 蒜摘みに・・・・・・・
    【由来】応神天皇は日向国の髪長姫の噂を聞いて召し上げようとした。ところが、皇太子の大雀命が難波の港に着いた姫を見てその美しさに感じ入り、建内大臣に「あの姫は、私に賜わるよう、天皇にお願いしてくれ」と頼んだ。大臣からこの話を聞いた天皇は、饗宴の時、上の歌を詠んで息子に姫を与えることを許したという。
    また御歌よみしたまはく
    水渟(たま)る 依網(よさみ)の池の 堰杙(ゐぐひ)打ちが さしける知らに 蓴(ぬなは)繰り 延(は)へけく知らに 我が心しぞ いやをこにして 今ぞ悔しき(記)
    【通釈】水が溜まっている依羅の池があるだろ、あそこに杙を打って堰関(いぜき)を支えてるけど、それみたいに標識になる杙を打ってあるのを知らずにさぁ…。それと、池の蓴菜(じゅんさい)を手繰って手を延ばすだろ、それみたいに縄を延ばして囲っているとも知らずにさぁ…。俺のものになる前に、あの娘が息子の心を占めていたとはね。俺の心はすごく愚かだったとわかって、今になって悔しいよ
     ー千人万首よりー
  • 06/20編集されました
    万葉集に、
    柿本人痲呂  (7-1287)
    青みづら依網(よさみ)の原に人も逢はぬかも 石走る淡海県(あふみあがた)の物語せむ
    柿本朝臣人麿が死(みまか)れる時、妻(め)依羅娘子(よさみのいらつめ)が、よめる歌二首
    巻2-0224 
    今日今日と吾(あ)が待つ君は石川の貝に交りてありといはずやも
    巻2-0225 
    直(ただ)に逢はば逢ひもかねてむ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむ

    ※柿本人痲呂の妻の依羅娘子は果たして、依網の里の出身なのでしょうか?

    人麻呂の妻・依羅娘子(よさみの おとめ)の出生地:
    島根県江津市二宮町神主(恵良の里)

    角の里(江津市二宮町を中心とする一帯)の人々は、「依羅娘子」を親しみを込めて
    「恵良媛(えらひめ)」と愛称で呼ぶ。「恵良」とは「依羅」がなまった呼び方である。

    そして角の里の南部の恵良集落にある君寺が恵良媛の出生地とされている。
    君寺という名がついているものの、丘の上の小さな祠(ほこら)に過ぎないのだが、
    ここに河内から移って来た豪族・依羅家の屋敷があったというのである。
    依羅娘子と人麻呂の出会いは不詳だが、才色兼備の彼女の名はこの地方で広く知れ
    渡っていたことだろうし、人麻呂が請い願って妻にめとったことが十分想像できる。
    依羅娘子は人麻呂と歌をよく詠み、あるいは治政や殖産に内助の功があったとされ、
    万葉集にも3首の歌を残している。

    人麻呂が急死するまでの短い期間ではあったが、依羅娘子は幸せであったに違いなく、
    依羅娘子が人麻呂との間に設けた子孫は、代々石見国美乃郡司を勤めたという
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。