宇陀と吉野の水分神社、御井神社

July 2015 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

image宇陀と吉野の水分神社、御井神社

第十代崇神天皇七年二月の勅祭と伝えられている。また、大和朝廷の勢力範囲の東西南北に祀られた水分の神の東に当たる…

Read the full story here


コメント

  • 神武帝が夜這いに出かけたイスケヨリ比売の家は、「狭井河の上にありき」と記は書く。「狭韋さい」は山百合のことと原注にあるが、前出の「狭日」の訛とみる。比売の家は狭日、つまりワニ氏圏にあったのだから、彼女もまたワニ氏族の娘だったのだ。ならば、原名は「五十いの[金且]依すきより媛」だったか。また、記・ウケヒには“市寸嶋(いちきしま)比賣命、亦御名謂狹依(さより)毘賣命”とあるから、狭依(さい)は市寸(しき)の嶋の地でもある。
     後にこのイスケヨリ媛は神武帝先妻の子・多芸志美々(たがいしみみ)の妻にもなる。そして、この夫が先夫との弟達を殺そうとしたので彼等に伝え、末弟・神沼河耳が義父・多芸志美々を誅し、第二代綏靖帝に就いた、と記は記す。
     これらイスケヨリ媛の子、日子八井命・神八井耳命・神沼河耳命は、大国主が妻問いをした媛達の地名を負う。兄二人は稲羽の八上比売とその子・御井神、弟は高志(タカ+シ)国の沼河比売の名である。記が大国主伝承に須勢理媛の他にこの二人の媛を入れたのは、綏靖帝のゆかりの地の来歴を伝えるためだろう。
  • 出雲の簸川郡斐川村の「御井神社」

    祭神 木俣神(御井神) 例祭 一○月九日
    本殿 大社造
    由緒沿革 延喜式内の古社で、風土記には御 井社とある。出雲国式社考には「大穴特命の 御子木俣神の亦の御名を御井神と申し、此神 誕生し給いし時の産湯の井あり云々」とある。 明治四年郷社に列した。安産の神とせらる。


    ここには「大穴特命の 御子木俣神の亦の御名を御井神と申し、此神 誕生し給いし時の産湯の井あり云々」 と大まかに記してあるだけなので 他の伝承を読み合わせると、 八上媛は出雲簸川郡で、安産して、 生井、福井、綱長井の三つの井戸を産湯に使った。 そのことから、御井(三井)神と呼ばれることになったいう。 これでまず「御井(三井)神」という名前のいわれが明らかになった。

    ーーー

    奈良県宇陀郡榛原町檜牧964

    御井神社

    祭神
    御井神 天照皇大神 天兒屋根命 水分神

    この地の豪族、三井氏の氏神、御井神は、 「食井神(気比神)」とも称される、という。 気比神とは食物神で、ニギハヤヒの別名のひとつであったことが思い出される。
    ーー

    京都の亀岡の大井神社
    亀岡市大井町並河、 大井神社
    祭神 木股命 月読命 市杵島姫命
    神紋 左三つ巴
    本殿 流造
    由緒沿革
    延喜式内の古社、和銅三(710)年創立

    伝承をみると、

    大宝二年(702)に、月読命と市杵島姫が、京都嵐山の松尾大社から大堰川(現、保津川) を亀に乗って遡上して八畳岩のあたりから水の流れが速くなって進めなくなり、 鯉に乗り換えて、河原林町まで来て、大井に鎮座した。 それで、大井神社の氏子は、鯉を大切にし、五月に鯉のぼりも揚げないという。
  • 座摩神(いかすりのかみ/ざまのかみ、坐摩神)は、神祇官西院において祀られた次の5柱の神の総称。
    生井神(いくゐのかみ/いくいのかみ)
    福井神(さくゐのかみ/さくいのかみ) - 「栄井神」とも。
    綱長井神(つながゐのかみ/つながいのかみ)
    波比祇神(はひきのかみ) - 「婆比支神」とも。
    阿須波神(あすはのかみ)
    (中略)
    「いかすり」は「居処領(いかしり)」または「居所知」の転と見られ、総じて宮所守護の神々とされる。生井神・福井神・綱長井神は井戸の神々であるが、井泉をもって宮殿の象徴とする様は『万葉集』の「藤原宮御井歌」にも見える。
    (後略)

    ということで、御井=三井=生井・福井・綱長井の神は、宮所守護の神々でもあるということで、木俣神とは、何か全く違う神なのではないかと思われます。
  • 波比伎神を祀る主な神社をみると、摂津国西成郡の大社坐摩神社(奉斎者は凡河内国造で、のち都下国造といった)、伯耆国川村郡の波波伎神社(同、伯岐国造)があげられます。両式内社ともに天照大神の御子・天津彦根命(天若日子)の後裔にあたる氏族が奉斎しています。「ハヒキ」はハハキ・ハウキに通じることも知られます。また、大和国吉野郡式内で銀峯山鎮座の波宝(ハハウ)神社の祭神も波比伎神で、対応する黄金岳鎮座の式内波比売神社はその妻神水波能売神を祀ると考えています。

    坐摩神社の井の神に「生・栄・長」とつくのも、御井神の又の名が木俣神というのも、出産と生長に関わるからであろう、波比伎神が神木のY字形の木俣神と推測する、と考えて、坐摩神とは日の御子が生れ育つ(そのことを示すのが生井・栄井・津長井の神)、朝日直刺す夕日日照る場所「大宮地」の神(阿須波・波比木神)である、と大和岩雄氏が結論されています(上掲の坐摩神社の項)。最初の三神は御井神(=木俣神で、高魂神)、次の二神はその父神の波比伎神(=五十猛神)??
  • 天照大神を笠縫邑へ祀らせた祟神天皇及びその母「伊加賀志許賣命(いかがしこめのみこと)」を祀った式内社「伊加々志神社」は、倭・笠縫邑の東、式内社「天村雲命神社」(ともに日本一社)の鎮座する忌部の国、旧麻植郡に鎮座します。
    このとき、祟神天皇は巫女である倭迹々日百襲姫に占いをさせています。

    伊勢神宮の禰宜(ねぎ)である度会神主は『御鎮座本祀』に

    「伊勢大神主は天村雲命伊勢大神主上祖也、神皇産霊神六世の孫也」

    と記され、

    伊勢神宮外宮の摂社「度会国御神社」の御祭神は「天日別命」伊勢神宮外宮がある山域の総称高倉山の別名は「日鷲山」

    で、天村雲命は、伊勢神宮度会神主の祖であり、
    その孫天日鷲命(天日別命)は、伊賀・伊勢国造の祖になっています。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。