河内の志貴県主

July 2015 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

image河内の志貴県主

志貴県主神社 藤井寺市惣社  主神 神八井耳命(志貴県主の祖)  石川・大和川の合流付近から西方一帯は古代の志…

Read the full story here


コメント

  • {大和朝廷直轄地の「河内の志貴の県」といわれた}とも書かれ、祭神も{神武天皇の長子神八井耳命}を繰り返し、{ここを管理した豪族は「志貴県主及び志貴首」らの子孫で本貫地に始祖神八井耳命神を祭る氏神として創建した}ものがこの志貴県主神社であると石刻されていた。
    更に{志貴宿祢は多おほ(大井?)朝あ臣そんと同じ祖なり}とあって{清和天皇時に本籍を志紀郡から平安京左京に転じた}とも「三代実録」を引いて書いている。しきりに「シキ」を本貫地とする「神武天皇の長子神八井耳命」の子孫の「シキあがたぬし、おびと」一族が、古代河内国をシキっていたと書かれていた。初代神武天皇の嫡男にして長男の神八井耳命及びその甥の第3代安寧天皇の根拠地とされている「シキ」は、奈良県ではなく大阪府か
  • 志貴県主神社(しきあがたぬしじんじゃ、志貴縣主神社)は、大阪府藤井寺市惣社にある神社。御朱印の有無は不明。

    『延喜式』巻9・10神名帳 畿内神 河内国 志紀郡「志貴県主神社」に比定される式内社(大社)。河内国総社で、近代社格では村社。河内の惣社の宮と呼ばれた。

    初代神武天皇の長子(『古事記』では第二子)である神八井耳命を主祭神とし、伊勢大神(天照大神)・春日大神(天児屋命・比咩大神・武甕槌命・経津主命)・住吉三柱神・神功皇后を配祀する。

    ただし、『河内名所図会』では御祭神を「磯城県主黒速」としている。『古事記』に第21代雄略天皇の段で、「志幾之大縣主」の記述がみられる。

    奈良時代、この一帯は「志貴(磯城)の県」という朝廷の直轄地で、それを管理していたのは神八井耳命を祖とする志貴県主(しきのあがたぬし)と、その同族の志貴首(しきのおびと)であった。

    創祀・創建の由緒は不詳であるが、『日本三代実録』清和天皇の貞観4年(862年)2月に記載があり、当社はその氏神として創祀されたものとみられる。

    関連する神社として、市内大井に志疑神社、市内北條町に黒田神社がある。

    また、『河内誌』に「国府属邑一」とあることから、この地に河内国府が設置された時に創建されたものと考えられている。

    中世には、楠木正成が祈願所としたことなどにより隆昌を極めたが、楠木氏の衰亡とともに衰退し、さらに戦国時代にはたびたび兵火にかかり、何度か遷座を余儀なくされた。

    明治5年(1872年)に村社に列した。現在は惣社地区の氏神となって崇敬されている。例祭は10月9日。

    志紀氏に関連して、市内には志疑神社がある。また、似た社号として、奈良県桜井市に志貴御県坐神社があるが、関連はない
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。