和珥日触使主、米餅搗大使主、和珥氏

December 2018 編集されました カテゴリ: 応神ー武烈
image和珥日触使主、米餅搗大使主、和珥氏

和邇日触・・応神紀に応神天皇の大臣。丸邇之比布禮能意富美。系図・伝承では米餅搗大使主の弟、または同一人物。 米…

Read the full story here


コメント

  • 大筒木真若(おおつつきまわか)王の母は和珥臣の祖「姥津(をけつ)」の妹「袁祁都媛(おけつひめ)」である。ここに大筒木は南山城の筒木(現在の綴喜郡)である。

    (加邇米雷(かにめいかづち)王はその大筒木真若王の子で、普賢寺谷の最奥の天王の森の山巓にある朱智神社の祭神である。加邇米雷の名は蟹幡(かにはた)郷(現在の山城町綺田(かばた))の名を負うものである。
  •  やがて、南河内から応神が興り、大和の旧王朝に攻め入るに至ると、和珥氏は忽ち新王朝に組し、旧王朝最後の大王である忍熊(おしくま)王を宇治の渡りで破り、更に敗走する忍熊を近江の琵琶湖に追い詰めて入水自殺をさせてしまう。この時の和珥氏の族長の名を日本書紀は「和珥臣の祖武振熊(たけふるくま)」(記は建振熊)と記している。和珥氏の近江への進出は恐らくこの時から始まったのであろう。

     それはともかく、このように、和珥の一族は山城に強大な勢力を築いていたのであった。それと共に、応神王朝は、その成立に際して和珥氏から強い支援を受け、それを恩として、それなりに遇さざるを得ぬ立場にあったのである。

     応神が山城の宇治の木幡に居を構える和珥の日触使主(ひふれのおおみ)(記では比布礼能意富美)の娘、宮主(みやぬし)宅媛(やかわえひめ)(記では宮主矢河枝媛)を妃にしたのは、このためである。この宅媛が生んだ子が菟道稚郎子皇子であり、八田皇女である。
  • 春日臣は、平安初期にまとめられた氏族の系統書『新撰姓氏録』に、

      大春日朝臣。
      孝昭天皇(*第五代天皇)の皇子天帯彦国押人命(あめたらしひこくにおしひとのみこと)が出自である。
      仲臣令(なかのおみ・のり)の家が千金を重ねたので、糟を積んで垣と為した。
      その時、大鷦鷯天皇(おほさざきのすめらみこと。仁徳天皇)がその家に行幸され、
      詔して、糟垣臣(かすかきのおみ)と名づけられた。後に改めて春日臣となさった。
      桓武天皇の延暦二十年に大春日朝臣という姓を賜わった。

    とある皇別氏族で、石上神宮社家の物部首はその傍流。
    この物部首はのちに布留宿禰という氏姓を賜わり、『新撰姓氏録』には、

      布留宿禰。
      柿本朝臣(大春日臣同祖、天足彦国押人命の後)と同祖、天足彦国押人命の七世の孫、
      米餅搗大使主命(たがねつきおほおみのみこと)の後裔である。
      息子は木事命(こごとのみこと)、
      その息子市川臣(いちかはのおみ)は大鷦鷯天皇の御世に倭(やまと)に出てきて、
      布都努斯神社(ふつぬしのかみのやしろ)を布留村の高庭の地に斎い祀って、市川臣は神主となった。
      四世の孫、額田臣、武蔵臣。斉明天皇の御世に、宗我(蘇我)蝦夷大臣は武蔵臣を物部首また神主首と名づけた。
      そのため、臣の姓を失って、物部首となった。
      息子の正五位上日向は天武天皇の御世に、社の地の名に依って布留宿禰の姓に改めた。
      日向の三世の孫は、邑智(おほち)等である。
  • 布留宿禰 

    柿本朝臣と同じき祖。天足彦国押人命の七世孫、米餅搗大使主命の後なり。男、木事命、男、市川臣、大鷦鷯(仁徳)天皇の御世、倭に達り、布都努斯神社を石上御布瑠村高庭の地に賀ひたまう。市川臣を以て神主と為す。四世孫、額田臣、武蔵臣。斉明天皇の御世、宗我蝦夷大臣、武蔵臣物部首、ならびに神主首と号う。これによりて臣姓を失ひ、物部首と為る。男、正五位上日向、天武天皇の御世、社地の名に依りて、布瑠宿禰姓に改む。日向三世孫は、邑智等なり。
  • 「木事命(こごとみこと)」を雄略朝の物部氏である布都久留大連(ふつくる)の息子・小事連に擬す研究者もあるようですが、姓氏録は明確に「米餅搗大使主命の後」の「男(子)、木事命」と「男(子)、市川臣」を並べて挙げているのですから、この「小事」は和爾氏の系譜に現れる大宅氏の祖・八腹小事であり、
    その兄弟の「市川」が「布都努斯神社」を布留の地に「賀」ったと読む。

    『大鷦鷯(仁徳)天皇の御世、倭に達り』の短い文言が含む意味は

    倭とは、吉備あたりか?
  • 素戔嗚尊の蛇を斬りたまいし十握剱の名を天羽羽斬と申す。また、蛇之麁正(おろちのあらまさ)と申す。その神気を称えて
      布都斯魂神(ふつしみたまのかみ)と申す。
    天羽羽斬は神代の昔より難波高津宮の御宇の五十六年に至るまで、吉備神部の許に在り、今の備前国石上の地、是なり。
      五十六年孟冬己巳朔己酉、物部首市川臣(布留連の祖)勅を奉じて、布都斯魂神社を石上振神宮高庭の地に遷し加う。
      高庭の地の底の石窟の内に天羽羽斬を以て布都御魂横刀の左坐に加え蔵む(東方となす)。

    奈良県が大正三年に上梓した『大和志料』に収められた「石上神宮旧記」によれば、仁徳五十六年十月それまで備前国赤磐郡石上の地で祀られていた「素戔嗚尊の天羽羽斬=布都斯魂神」を物部首市川が「勅命」によって「振(ふる)」の高庭に遷し「石窟の内」に蔵(おさ)めたと言うもので、ここでも祭主は和爾氏の一族だったと記されています。

    先に見た新撰姓氏録註文にある「蘇我氏によって神主首の地位を失」ったとする証言とも合わせて、石上(振)神宮の祭祀主体は、時々の政治情勢などにより様々な変遷を遂げたと考えるのが妥当なのかも知れません。

    「吉備に居た市川」が神宝と共に「倭に達した=移動した」と云う

    和爾氏の実質的な始祖とも云える難波根子武振熊命が、神功皇后の武将として応神以前から大和の地で勢力を得ていたのは確実だと思われるので、その孫に当る市川が吉備で生活していたか?
  • ヤマトタケルの妃である吉備穴戸武媛は、吉備の「穴戸=鉄鉱山」か

    景行は吉備氏の稲日大郎女を皇后に迎えているが[媒(なかだち)したのは山直の始祖、息長命(一の名、伊志治)]仁徳の母・仲姫命も品陀真若王の娘とされ、 応神息長の血筋を引く人物だったと見られる。

    九州を地盤とした建緒組命が四国を経て順次吉備方面に進出、吉備および播磨一帯に勢力圏を広げ、吉備氏ひいては帝室とも結びつきを深めた
  • 物部首日向、布留宿禰

    物部 日向(もののべ の ひむか、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物である。氏姓は物部首のち物部連・布留連・布留宿禰。物部額田の子で、子に活目・牛甘がいたとする系図がある。

    壬申の乱(672年)で大友皇子(弘文天皇)のために兵を集める使者になったが、捕虜となり大海人皇子(天武天皇)に従った。

    改氏姓

    書紀によれば、天武天皇12年(683年)9月2日に、物部首は姓(カバネ)を連に改めた。『新撰姓氏録』大和皇別、布留宿禰の項には、物部首の「男正五位上日向が、天武天皇のときに社地の名によって布留宿禰姓に改めた」とある。書紀はこれについて触れないが、天武天皇13年(684年)12月2日に布留連が宿禰の姓を与えられたことを記す。つなぎ合わせると、物部首、物部連、布留連、布留宿禰という変遷で、物部から布留に改めた時期が1年間の幅で不明となる。なお、天武天皇12年の連姓を賜与された際、同時に氏を物部から布留に改めたとする説もある。

    出自

    首姓の物部氏(物部首)は春日氏の一族。天足彦国押人命七世の孫である米餅搗大使主の子・市川臣を祖とする。
  • 難波根子武振熊命-米餅搗大臣-春日人華-岡上-野依-淵名-春日小野大樹-仲若子-妹子

    小野氏は異説多い
  • 日子國夫玖命(ヒコクニブクノミコト)は和珥臣の遠祖、彦国葺(ヒコクニブク)

    記紀とも和邇氏の遠祖としている
  • 孝昭天皇(第5代)-天足彦国押人命(第6代)-?(第7代~第8第)-姥津命(第9第)-彦国葺(第10代)となります。
    「和邇氏系図」では ?(第7代~第8代)が和邇日子押人命である。
  • 垂仁記、垂仁紀<三十四年三月>
    垂仁天皇の子、五十日帯日子王(五十日足彦命)を春日の山君、春日部の君の祖とする記に対して、紀は石田君の祖としていて、伝承が曖昧であったことがうかがえます
  • 反正記、反正紀<元年八月>
    妃となった都怒郎女(津野媛)の父、許碁登臣(木事)に関して記では丸邇氏族としていますが、紀は大宅臣の祖としています。

    雄略記、雄略紀<元年三月>
    紀では天皇の子、春日大娘皇女の母を春日和珥臣深目の女、童女君としていますが、記には春日大郎女の母が誰であったかが記述されていません。


    継体記、継体紀<元年三月>
    記では継体天皇の妃となった波延比賣を安倍氏の出としていますが、紀では父を和珥臣河内の娘としていて、伝承が曖昧であったことがうかがえます。紀に書かれた 和珥臣河内が春日の和珥氏であったかどうかは疑問が残ります。
  • 宗像氏の多紀理毘売命の別名は奥津島姫(おきつしまひめ)であり、海人の娘としては相応しい名前と言える。

    「新撰姓氏録(右京神別下)」に
    「宗形君、大国主命六世孫、吾田片隅命之後也」とあり、「同(大和国神別)」に「和仁古、大国主命六世孫、阿太賀田須命之後也」とある。
    つまり、宗像氏と和邇氏は同族ということになる
  • 旧事本紀だけでなく、この『粟鹿大明神元記』にも、吾田方隅命は和邇君の祖と書いてあります。

    姓氏録では、吾田方隅命は宗像の祖・和仁古の父(祖先)とされており、和邇と和仁古は近いと言えば近い。天理の和邇町には、和邇氏の和邇下神社(祭神は孝昭天皇またはスサノオ)があり、和邇坐赤坂彦神社(吾田方隅命)があります。
  • 和珥臣と春日臣とを結びつける根拠は、『日本書紀』にあります。
    『日本書紀』巻十四雄略天皇元年  次有春日和珥臣深目女。曰童女君。生春日大娘皇女。

     春日和珥臣と言う表現は春日臣と和珥臣とは同族と見なされているとの意味でしょうから、和珥臣も天押帯日子命を遠祖としているとのことでしょう。


    『日本書紀』巻十四雄略天皇十三年(己酉四六九五)八月◆秋八月。播磨國御井隈人文石小麻呂有力強心。・・天皇遣春日小野臣大樹領敢死士一百。

     春日臣と小野臣とも同族視されています。

     和珥臣の名は
     『日本書紀』継体天皇元年 次和珥臣河内女曰(草冠に夷:ハエ)媛
     を最後に『紀』から消えています。
     
     どうようの内容は『古事記』では、「阿倍の波延比売に娶ひて・・」とあり、和珥臣と阿倍をつないでいます。
  • 和爾坐赤阪比古神社の祭神が阿田賀田須命と市杵嶋比賣命となっており、これ宗像神社の神々に見えます。『新選姓氏抄録』大和国神別に和仁古と言うのがあり、大国主六世孫阿太賀須命之後也とあります。また吾田片隅命は大神朝臣と同じく宗像朝臣の祖とあります。和爾さんは天孫系から国津神系まで幅広い氏族集団だったようです。



     和爾氏は石上神宮の祭祀氏族になっており、また『延喜式』神名帳の備前国赤坂郡に「石上布都之魂神社」が載っています。この赤坂との関連を指摘しているのが大和岩雄氏です。

     和爾氏の武振熊は武人であり、神剣の魂を祀る石上神宮の祭祀氏族であったというのは物部市とも通じるようです。

    阿部氏といえば、阿閉氏との関係が気になる。阿閉氏は三重県は伊賀の地、青山高原辺りに本拠があるとされるのが真弓常忠氏(住吉神宮の宮司)です。伊賀上野には大彦命は阿部(阿閉)氏の先祖で伊賀上野には敢国神社があり、大彦命と金山ヒコ神を祀っている。

    阿部氏には鉄が関係しているように見受けられる。伊賀上野の近くには佐那具(鉄の鐸)という駅名がJR関西線にある。

    阿部氏は奈良県の桜井市の近くに本拠がある。桜井茶臼山やメスリ山古墳は大和と伊勢をつなぐ道筋にあり途中に青山高原がある。
  • 籠神社祝部系図

     火明命- -三世孫倭宿禰命--孫健振熊宿禰命-Π-兒海部直比--兒海部直懸--

     健振熊については以下の注釈がついています。
     此若狭木津高向宮に海部直姓定賜て楯桙賜国造仕奉き 品田天皇御宇

    若狭国木津とは、大飯郡木津郷(昔は遠敷郡)で子生川(こびがわ)下流域で、高向宮は場所不明ですが、宮崎、若宮、塩土などの地名が見られ、式内社の佐伎治神社が鎮座しています。

    木津郷にいた海部直比が応神天皇の頃、国造になったと言うことを言っています。系図の書き方に子孫につながる経線の横に長方形が書かれているのは、そこより上は他の系図からの借用、下は海部直の系図と言う意味だそうです。

     直接の祖先は健振熊となっていますが、彼は『古事記』では忍熊王を琵琶湖で騙し討ちをした将軍です。ワニ氏(和珥、丸邇)の祖とされています。河内政権の誕生に功績大の健振熊に系図を繋ぎ、応神天皇の頃に国造となったとの伝承は、海部氏にとって応神朝は画期の時期であったということです。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。