三河、穂国造、宮道氏

2»

コメント

  • 三河国の猿投神についてですが、足助八幡宮縁起には、天智天皇の御宇三河国宝飯郡の大深山に猿形、鹿形、鬼体の3つが出現し、猿形は石舟に乗って西へ飛び猿投大明神となり、鹿形は
    そこにどどまり砥鹿大菩薩となった と言われ、猿投神と粟鹿神は同時に鎮座した事が伺えます。

    祭祀氏族である大伴氏は、富家の伝承では八代目大名持である八千矛神の末裔である神門臣の分家であり、猿投神を但馬から三河に移す以前は、出雲で祀られていたことが考えられます。

    興味深い事に、式内社調査報告によると、但馬国朝来郡の佐嚢神(さなが)と、足鹿神(あしか)は出雲国飯石郡の同名社(狭長社と葦鹿社)との関係性があると指摘されています。

    出雲国風土記の飯石郡の官社ではない神社に、狭長社と葦鹿社という2社があります。
    狭長社の元の鎮座地は、烏帽子山で、飯石郡の郡家が置かれていた地の神社であるため、飯石郡における中心的な神社であったことが想像されます。
    葦鹿社の元鎮座地(現在は田部家で祀られています。)。
    以上から、猿投神は出雲国飯石郡からの移動ということが見て取れます。

    粟鹿神の神名が越智氏の系譜の中の名前と合致していたことを指摘しましたが、
    猿投神の神名(さなげ~さなが~さぬき)も越智氏の系譜に現れています。
    小千御子(天狭貫王)です。越智氏の祖神として愛媛県今治市の矢矧神社で祀られています。
  • August 2017 編集されました
    承和 2年 835

    11月、主計頭従五位下宮道吉備麻呂、玄番(げんば)少允(しよういん)宮道吉備継が宿禰(ね)姓を改めて朝臣姓を賜わる。宮道の祖か。宮道弥益は、漏刻頭・主計頭を経て、後に宮内大輔となり、従四位下に進む。(山科町誌)
    宮道弥益-良連-惟平-武兼・仁海-忠用-康用-弘氏-高風-行繁-親直-・・・・

    宮道列子の子、胤子が光孝天皇の第七皇子源定省(さだみ)(後の宇多天皇)と結婚する。

    元慶 9年  885 藤原胤子、源定省(後の宇多天皇)の長男維城(のち敦仁と改名)を産む。
  • 4世紀の尾張の古墳で特徴的なことは、中社古墳や南社古墳から出土した円筒埴輪は三河地方にある和志山古墳(五十狭城入彦命陵墓)から出土した埴輪とほぼ似ている形をしていて、それらは大和盆地東南部系のまさに三輪王朝からの流れを汲んだ形となっているのです。

    その尾張と西三河にまたがる一族はおよそ50年から100年ほどかけて東三河へと進出しています。

    4世紀末には西三河に大きな三輪王朝の流れを汲む古墳が築造されているのですが、実は東三河において最初に作られた円筒埴輪をもった巨大古墳は5世紀末の船山古墳(豊川市国府地区)まで現れないのです。しかし遠江には既に尾張をもしのぐ一大クニが磐田地区に存在していたことが、長年の発掘調査からわかっています。さらに南信州に関しても5世紀末になってようやく古墳が作られるようになるのです
  • August 2018 編集されました
    日本武尊の本名は小碓命といい、 大碓命はその兄ということになっている。『古事 記』には、弟に殺されたと記されているが、『日 本書紀』では美濃に逃れたと記されている

    「西の宮」 の少し後方に大碓命の御墓所がある。

    「猿投神社由緒記」
    社蔵(猿投神社所蔵)の縁起書(光仁天皇宝亀 十年(七七九)に大伴家持、阿部東人による調査 報告書)に「景行天皇52年(一二二)、猿投山 中にて毒蛇のために薨ず、御年四二歳、即ち山上 に斂葬し奉る」云々とある。現在、西宮後方に御 墓所がある。


    猿投神社は名も無き群小神社とは異なる。神 社由来によれば、十四代仲哀天皇の元年(『日本 書紀』の紀年に従うと、西暦192年という超 古代)の勅願によって創建された、という有数 の古社の一つである。猿投神社発行の「猿投神 社由緒記」によれば、平安初期(851年)か らその名が記され、三河国国内神名帳に「正一 位猿投大明神」と記され、明治になっても県社 (現在の県ではなく、当時は挙母県)として崇 められてきた。いわば、猿投神社は古来より一 環して三河国有数の神社として盛名を馳せてき た古社、大社なのである。
    その猿投神社がなぜほぼ無名といってよい大 碓命を祭神として祀ってきたのだろう。同社は 大碓命の他に十一代垂仁天皇、十二代景行天皇 をも合わせて祀っているが、あくまで主祭神は 大碓命としている。猿投神社の境内には猿投神 社の由来等を記した説明盤が建てられている。 が、そこになぜ、主祭神が大碓命なのか一言の 言及もない。神社発行の「猿投神社由緒記」に も一言の言及もない
  • 讃岐で最も有力な武士団となったのが讃岐藤原氏です。その初代は、藤太夫章隆(とうのたいふあきたか)といい、父は、平安時代末期の保安元年(1120)に讃岐守となって京から下向してきた正二位中納言・藤原家成(いえなり)です。家成は、藤原北家中御門流の公家で、平清盛の義母である池禅尼の従兄弟にあたり、鳥羽上皇に仕えたといわれています。母は綾大領貞宣(あやのかみさだのぶ)の娘で、綾氏は日本武尊の息子である武殻王(たけかいこおう)の末孫といわれ、代々阿野(あや)郡の大領(だいりょう、郡司のこと)を務めていた豪族です。
     章隆は成人して父方の藤原氏を名乗って藤太夫(とうのたいふ)と称し、綾の大領となります。その息子が讃岐藤原氏二代目の資高(すけたか)で、資高は治承年間(1177~81年)に羽床(はゆか)の庄司(しょうじ)となり、下羽床に居を構えて菅原、滝宮、小野、北村、羽床下、羽床上、牛川、西分、東分の9か村を治めます。そして、地名をとってはじめて羽床氏を称します。この羽床氏が讃岐藤家六十三家の嫡流です。
     資高には息子が生まれ、次男の有高は香東郡大野郷を本拠とする大野氏の租となります。三男の重高は羽床氏を継ぎ、のちにそこから、豊田氏、柞田(くにた)氏、柴野氏などが分流していきます。四男の資光(すけみつ)は阿野郡新居(にい)郷を本拠とし、新居氏を称します。
     資高の息子たちの中でも新居資光は、源平合戦の際、讃岐の藤原・綾両家の一族一千人を率いて源氏につき、寿永2年(1183)の備中水島の合戦で活躍し、さらに京に上って院の警護に当たり、寿永4年(1185)の屋島の戦いでは、義経の陣に加わって戦功を挙げ、頼朝から感状を受けて綾郡を安堵されたといわれています。そして、のちに新居氏から香西氏、福家氏、西隆寺氏が分かれていきます。
  • October 2018 編集されました
    国背別皇子(一云宮道別皇子〔纂輯御系図〕。母同。水間君祖)
    〔宮道別命〕(国背別命同人)

    先代旧事本紀
    妃の襲武媛は国乳別皇子と国凝別皇子を生み、次に国背別皇子またの名は宮道別皇子、次に豊戸別皇子を生んだ。 妃の佳人を御刀媛と言う。

    弓頭神社(旧郷社)
    本社は水沼別(みぬまわけ)の始祖、国乳別(くにちわけ)皇子を主祭神とする。
    成務天皇紀で「吾が国造(くにのみやつこ)を任命する時には必ず楯矛を授けてあかしとする。」とあって、

    第12代景行天皇の皇子、国乳別皇子が「古式にのっとり、弓矢楯矛をいただいて下向し、高三瀦の地に在所を定めて、久しく筑紫地方を治められた」と書かれた部分に由来するものと思われる。

    この高三瀦は水沼の君累代の政治の地であり、古代の行政と文化の中心として繁栄した所である。

    古伝説には「神功皇后韓攻撃の時、弓大将だったために、弓頭大明神と称えられた」と言い伝えたとの説もある。

    国乳別皇子のお墓は烏帽子塚(弓頭神社御廟塚ともいう)と称し、本社の西北3町(約300m)ばかりの所にある。
    明治6年6月、郷社に定められる。
  • 応神が伊吹まで后妃を娶りに来るかということであるが、それは宇治稚郎子の出生に関する記事が参考になる。彼の母は紀に和珥臣の祖日触使主の女、宮主宅媛とし、記は丸迩の比布礼能意富美の女、宮主矢河枝比売とし…

    和邇氏は大和北方春日を根拠地とし、宮道は更に北、南山城の宇治郡である。


    古事記によれば、ある時、天皇は近淡海国に行幸の途次、宇遅野に
    立ち寄り、葛野の方を望んで歌をよみ

    そして木幡村に至ったところで、麗美な嬢子と道衢で出遇った。天皇が
    「汝は誰の子か」と問うと、「丸迩の比布礼能意富美の女、名は宮主矢河枝比売」と答えた。

    天皇は其の嬢子に「吾、明日、還幸の時に、汝の家に入り坐さん」
    と。矢河枝比売は委曲を其の父に語った。そこで父が曰うには
    「是は天皇に坐すなり。恐し。我が子、仕へ奉れ」と云って、其の家を厳飾し候待していたところ、果たして次の日天皇がやってきた。

    そして云々、宇治稚郎子が生まれたというわけである。古事記はこの後、日向髪長媛についても詳しく述べる。日本書紀は六年春二月に、
    「天皇幸近江国。至菟道野上而歌之曰」として歌を記すだけだが、髪長媛については一三年条に詳しく記す。

    いずれにせよ三女王との馴初めについては、記紀ともに記さない。

    しかし宮道宅媛との出会いのそもそものきっかけは、天皇が近江に行幸したことであった。この近江行幸こそ、三女王との納采ではなかったろうか。たとえそうでなくとも、大和北部あるいは山城南部出身の女性所生の皇子が宇治に宮を営んで居したように、西濃出身女性所生のササギ(仁徳)が近江蒲生にいたとしても不思議ではないのである。

    …』とあります
  • October 2018 編集されました
    佐伯命(さえきのみこと、佐伯王、さえきのきみ)は、古代日本の人物。父は日本神話に登場する日本武尊とされている。兄に武田王がいる。三河国の御使連(みつかいのむらじ)の祖だとされている。

    『先代旧事本紀』では三河の御使連の祖は日本武尊の子である佐伯命とされている(『新撰姓氏録』では気入彦命が応神天皇の詔を奉じて、逃亡した宮室の雑使らを三河国で捕らえ、その功績によって御使連の氏姓を賜ったとされている)。

    『ホツマツタヱ』の伝承によると、佐伯王(佐伯命)は日本武尊が尾張国で結婚して、後に妻となった宮簀媛(宮津姫)により、産まれたとされている
    ーーーー
    武田王(たけだのきみ)は、古代日本の人物。父は日本神話に登場する日本武尊。弟に佐伯命(佐伯王)がいる。尾張国の丹羽建部君の御祖。仲哀天皇の皇弟。

    『ホツマツタヱ』によると、日本武尊が尾張国で後に結婚した宮簀媛(宮津姫)が武田王と佐伯王の2人を産んだとされている。武田王を奉祀する、愛知県一宮市の宅美神社の由緒書によると、武田王はその土地に御所屋敷を構え、土地を開墾したとされ、山梨県韮崎市にある武田八幡宮では諏訪神社の南西に位置するわに塚の桜の御所を治めた後、薨じてこの地に葬られ「王仁塚」と呼ばれたと言う
  • 韮崎市の武田八幡宮

    社伝によれば、822年(弘仁13年)に宇佐神宮または石清水八幡宮の分霊を勅命によって勧請し、地名から武田八幡宮と称したのが草創とされる。一方で『甲斐国志』は当宮の別当寺である法善寺(南アルプス市)の記録に基づき、同じく822年に空海の夢の中で八幡大菩薩が武田郷に出現したため神祠を構えたのを起源としている。なお、同書では日本武尊の子である武田王が御殿を設けた事が武田の地名の由来であり、武田王が館の北東の祠を館内に移して祀ったのが武田武大神の起源としている。
  • October 2018 編集されました
    山科神社
    「山科神」については、岩屋神社(山科区大宅中小路町)や宮道神社(山科区勧修寺仁王堂町)に比定する説もあり、詳らかとしない

    日本武尊
    稚武王

    ……
    稚武王は、日本武尊の御子。仲哀天皇の弟。

    『古事記』では倭建命は、弟橘比売命との間に若建王をもうけた。

    『日本書紀』では日本武尊は、 第十一代・垂仁天皇の皇女である両道入姫皇女(布多遅能伊理毘売命)を娶って、 稲依別王、足仲彦天皇(第十四代・仲哀天皇)、布忍入姫命、稚武王をもうけた
    ーーーー
    式内社 肥前國松浦郡 田嶋坐神社 名神大
    旧國幣中社

    御祭神
    田心姫尊 市杵島姫尊 湍津姫尊
    配祀 大山祇神 稚武王尊(仲哀天皇の弟)

    唐津から北上し、岬の先端、呼子の北にある加部島に鎮座。
    呼子から呼子大橋を渡り、東へ進み、島を四分の一周したところ。
    港に面して鎮座しており、鳥居は海に向かってたっている
  • October 2018 編集されました
    菟足神社(うたりじんじゃ)
    *菟足神社 愛知県豊川市小坂井町宮脇2−1

    案内書きによると、熊野に渡来した徐福一行は、この地方にも移り住み、その子孫が秦氏を名乗っているそうです。神社の祭神は「菟上足尼命(うなかみすくねのみこと)」で、起源は、雄略天皇の御世、穂の国の國造(東三河の国司)がいい政治をし、平井の柏木浜に社を造り奉祀していたものを、神の教えにより、686年(天武天皇の御世白鳳15年4月11日)に秦石勝(はた いわかつ)によって現在地に移して、お祀りをしたということです。
    尾張に「宇太志(うたし)神社」という神社があります。所在地は、海部郡八開村開治蔵王西で、祭神は、邑上足尼命(うがたりにのみこと)といいますが、これは菟上足尼命と同一であろうと考えられます。この人物は、穂の国の國造でしたから、尾張にその痕跡があるのはとくわかりません。また、彼は「葛城襲津彦命四世孫」とも言われ、葛城氏につながるよう人物ぼようです。
  • November 2018 編集されました
    丹波国造一族は丹波直、海部直・釆女直などの直姓を名乗り、一方、但馬国造一族は但馬君、出石君、日下部君などの君姓を名乗った。
     ちなみに、これまで史料から知られる甲斐国造一族では、日下部直・三枝直・小長谷直(小谷直)、壬生部直(壬生直)があげられ、このほか、大伴連一族から系を引く形になっているが、大伴直・伴直も実際には甲斐国造一族としてよかろう。

    穂国造も、丹波道主王の流れであった。その奉斎した式内社の砥鹿神社(愛知県豊川市一宮町)は、大己貴命を主神とし事代主命なども祀る。国名の「穂」は、『姓氏録』に見える三輪山の別名、「真穂の御諸山」に由来したか。この一族の具体的な姓氏は知られないが(系図には「穂別君」が見える)、日下部という氏があったことは、後年の神主家が草鹿砥氏を名乗ったことから推測される。穂国造の領域には南部の渥美郡も含まれ、同郡の磯部郷(豊橋市南西部の磯辺・駒形から王ケ崎あたり)の地名は国造族に関係したものか。「三河国内神名帳」には、正五位下磯部天神が渥美郡に、小初位神の磯宮神が宝飯郡に鎮座と見える。

    『古事記』開化天皇段に丹波道主王の子、朝廷別王が「三川の穂の別の祖」と書かれる。『旧事本紀』天孫本紀には、垂仁朝頃の物部十市根大連の子の胆咋宿祢が三川穂国造美己止直(名前「ミコト」の近似から、朝廷別王「ミカド別王」と同人か)の妹・伊佐姫を妾として一児を生むとあり、胆咋の子孫に「三川蘰連」が出たのもこの所縁に因るものか。
     国造領域が概ね現在の豊川市・豊橋市・新城市あたりとされるが、豊橋市の牟呂市場町にある市杵島神社は墳丘長推定五五Mの前方後方墳で二重口縁壺の出土があり、新城市竹広の断上十号墳も墳丘長約五〇Mの前方後方墳とされるから、前方後方墳が盛行した垂仁~成務朝頃には国造系統の豪族が当地に来ていたことが推される。
     同領域の豊橋市の杉山八幡社、大崎町八幡社、岩田八幡宮境内社の御鍬神社、安久美神戸神明社境内社の伊雑社、及び蒲郡市清田町の石山神社などの祭神のなかには「伊佐波止美命」が見える。この神は、志摩の伊雑宮の祭神にあげる同宮神職の磯部氏の祖先という伊佐波登美命に通じる。これにより、穂国造の領域には磯部氏が多くあったことが窺われ、同国造家は当初、磯部を氏としたことも考えられる。豊橋市の磯辺王塚古墳は、双龍環頭大刀二本や頭椎大刀・鉄鏃・金環、勾玉・管玉など玉類などを出土する古墳時代後期、六世紀後葉頃の円墳であり、所在地の渥美郡からみて穂国造関連の墳墓と考えられる。現在でも全国的に見ると、新潟県と愛知県に磯部の苗字が多い。

     豊橋市の東側は遠江国浜名郡の郡域であったが、この地域も三輪氏族に関係が深い。すなわち、浜名湖の西側には三輪氏の同族が繁衍した模様で、天平十二年の「遠江国浜名郡輸租帳」(正倉院文書)には新居郷などに神人、神人部、神直、和爾神人や敢石部など、それらしき人々が多く見える。
  • 綾氏について調べると
    日本武尊の子→武卵王→爾彌麻命とつづき、爾彌麻命が綾氏を号されることが多い。
    綾君は、讃岐国造となった。
    綾氏は、讃岐中央部で阿野(あや)・香川郡一帯に一族が古代に繁衍した。讃岐うどん発祥の地が香川県中部に位置する綾川町だ。町内には約60基の古墳や推定200基以上の窯跡がある。

    昔瀬戸内海にいた悪魚を退治や、讃岐国の開拓伝承でしられる讃留霊王(さるれお)の後裔は讃岐全土で繁衍し中央部の綾君、東部の讃岐国造となった。
    綾川町にある北条池の付近には讃留霊王の墓がある。

    この讃留霊王(さるれお)の伝承は、景行天皇の御世に南海や瀬戸内海で暴れまわる巨大な怪魚を退治したことの褒美で讃岐の地を与えられたという。
    巨大な怪魚というのは、海賊のことだったのではないか?

    綾の語源の「アヤ・アナ・アラ」は韓地南部、伽耶の同じ名の地域、安羅を指す。「穴、荒」とも書かれて大和などの穴師にも通じ、同種の地名が日本に多く在る。
    安羅には「任那日本府」が置かれていた。

    金逹寿氏は、天日矛が「南部朝鮮の小国家であった加耶(加羅)諸国のうちの安羅か多羅から渡来したものではないか」という。

    宝賀寿男氏は、肥前国三根郡に漢部(あやべ)郷があり、推古天皇朝に来目皇子が征新羅将軍で来て、忍海の漢人に兵器を造らせたと『風土記』にあり、当地の綾部神社は、もと綾部八幡宮といい、応神天皇ほか風神・製鉄神を祀る。「綾」は、息長氏の本居地の坂田郡阿那郷、綾君の本居地の讃岐国阿野郡、諸県君領域の日向国綾に通じ、韓地南部の伽耶の安羅国に由来するという。

    讃岐国の阿野郡には、鴨神社(坂出市加茂町)があり、綾氏糸族の奉斎という。

    詳細はよく分からないが、近くに貴布弥神社や加茂神社があり、この地の鴨と称するのは、中世期に当地方は鴨川も同様で、山城(京都)の加茂別雷神社の神領だったに因る。
  • 三河国一宮砥鹿神社がある豊川市は、愛知県の東部に位置する。市の東部には豊川(とよがわ)、西部には音羽川、中心部には佐奈川などが流れ、市南西部にある三河湾に注ぐ。
    市域には古くから人が住んでおり、天間遺跡等の旧石器時代の遺跡も見つかっている。

    多数の甕棺墓が発掘された麻生田大橋遺跡は、縄文時代から弥生時代にかけての複合遺跡である。

    愛知県東部では最大規模の船山古墳は、音羽川と西古瀬川の間の白鳥台地に築かれ、5世紀後半頃(古墳時代中期)の築造と推定。
    被葬者は明らかでないが、『先代旧事本紀』「国造本紀」に見える雄略朝に穂国造に任命された菟上足尼(うなかみのすくね)に比定する説がある。3段築成の様相や墳丘規模の点では東三河地方の古墳の最上位に位置づけられるとともに、行者塚古墳(兵庫県加古川市)等畿内周辺の古墳及び昼飯大塚古墳(岐阜県大垣市)、宝塚古墳第1号墳(三重県松阪市)、高塚山古墳(三重県桑名市)に副葬されているものと共通の食物供献儀礼用笊形土器及び土製品が発掘された東限となっており、伊勢湾p、三河湾などの水上交通で覇権を得た畿内豪族との繋がりが伺える。
    また豊川水系の古墳としては突然の大型墳の築造という様相になり、新しい畿内文化の流入・定着を象徴する古墳になる。

    小坂井町には大和(奈良県)の豪族葛城氏系穂国造を祭神とするとされる菟足神社が鎮座する。祭神の菟上足尼命(うなかみすくねのみこと)は、孝元天皇の末裔、葛城襲津彦命(かつらぎそつひこのみこと)四世の玄孫にあたり、雄略天皇の治世に穂の国(現在の東三河)国造に任ぜられたという。葛城襲津彦命は、仁徳天皇の皇后磐之姫媛命の父にあたり、大和国葛城の豪族として大きな権力を持っていたとされる。菟上足尼命は、没後、顕著な殖産、治民の功によって、三河国平井、の柏木浜に奉斎され、天武天皇の治世、白鳳15年(686年)4月11日に、秦石勝(はたのいしかつ)により、現在地に遷座されたという。

    律令時代には船山古墳付近に三河国国府や三河国分寺、三河国分尼寺が置かれ律令制下でも三河国の中心地をなした。
  • 船山第1号墳

    前方後円墳で、前方部も後円部も半分ほど削られてくびれ周辺しか残っていない。
    墳丘長は94メートル、高さは6.5メートルあった。
    三河地方最大の前方後円墳で愛知県内で3番目の大きさ。

    築造は5世紀と考えられる。

    この古墳の北側に陪塚(ばいちょう)と考えられる一辺が19.5メートルの方墳、船山第2号墳があったが消滅した。
    主体部は竪穴式石室だったらしく、浜松市ではいまのところ竪穴式石室を持った古墳はひとつも発見されていません。
    粘土槨を持った古墳はいくつもあります。粘土槨は竪穴式石室を簡略化した形式と考えられているので、

    船山古墳の被葬者は浜松にいた有力者よりも力が大きかったと考えられます
  • ① 宮道天神社の祭神、建貝児王(たけかいこおう)の共通性

     東三河の入り口、豊川市音羽町赤坂にある宮道天神社は日本武 尊の第3子である建貝児王をこの地に封ぜられたといいます。これが宮道別(みやじわけ)の祖であり、その子宮道宿禰速麿は「穂」の県主になり、その子孫が建貝児王を祭ったのが宮路山の山頂と麓にある宮道天神社の起源です。しかもこの建貝児王、他には讃岐の讃留霊王神社の2カ所だけに祀られているのです。

    ② 「うたり」と「しののめ」いう地名

     先ほど記述した讃留霊王神社は讃岐の旧鵜足郡(うたりぐん)にあり、東三河の小坂井には菟足神社(うたりじんじゃ)という神社があり、同じ「うたり」という名前を持っています。また、讃岐の鵜足郡勝浦邑には鵜足明神の祠があり、神櫛王の五世孫の篠目命を祀っています。実はこの篠目命に由来するであろう篠目という地名は西三河、東三河ともに存在し、西三河は安城市に篠目町があり、東三河の宝飯郡の雀部郷は、一ノ宮(砥鹿神社のことで、愛知県宝飯郡一宮町大字一宮)近辺を篠目郷といいその遺称地とされています。「うたり」と「しののめ」という地名だけでも讃岐と三河のただならぬつながりを感じざるをえないのです。
     そういえば菟足神社といえば、天武最晩年の朱鳥元年に平井の地から、現在地に遷座したと社伝は伝えています。遷座に関わったのは、秦石勝。菟上足尼は穂国に養蚕を広めた功績を高く評価されて、死後に神として祀られたといわれています。日本書紀の朱鳥元年八月一三日条は「秦忌寸石勝を土左大神に遣わし、幣を奉る」と載せています。また 書紀は天武は草薙剣の祟りにより病になったとしています 。「草薙剣が熱田神宮に収まる前には菟足神社に保管されていた」との伝承もあるそうです。この菟足神社の祭神菟上足尼は犬頭神社の社伝では「丹波国から来た穂国造の葛城上足尼」となっています。真偽はわかりませんが、『古事記』に記載されている「兎上王」とする説もあります。また誉津別命の出雲神参拝に随行したのは、兎上王兄弟という兄弟でまさに菟上足尼とのつながりも感じますし、誉津別命といえば、ある日、白鳥が飛んでいくのを見て、初めて言葉を発した垂仁天皇の第一皇子ですよね。この誉津別命の伝承もヤマトタケルの白鳥伝説と重なり合ったところがあるとおいらは思っています
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。