本住吉神社、菟原住吉 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

2»

コメント

  • June 2016 編集されました
    神功皇后が新羅征伐に御幸されるときに、諸々の神達が、現在の尼崎市神埼(神前)の松原に集った。其の時、能勢郡に居た美奴賣と云う神もまた集りに加わり、能勢郡の杉の木で船造りを勧めた。皇后は美奴賣神の云うとおり船造りを命じられた。此の神の船で新羅征伐を成し遂げられた。一人の人言うには、其の船は大きく牛が吼えるが如く、いとも操船が簡単で、新羅征伐を為し遂げると、またもや自ずと進み還り着いた。そこで、美奴賣神に感謝を捧げて、帰り着いた浦に祠を造り美奴賣神を祀り、その船も奉納したので此の地を美奴賣と呼んだと云う。

    因みに此の神社は神戸市灘区岩屋中町にある式内社「敏馬神社」であると言う。敏馬神社(みぬめじんじゃ)

    敏馬は、古く、汶売、美奴売、三犬女、見宿女等の文字で書かれることもあった。

    現在は素盞嗚尊を主祭神とし、天照皇大神・熊野坐神を配祀しており、江戸時代までは「牛頭天皇」と称していた。

    本来の祭神はミヌメ神(美奴売神・敏馬神)であった。ミヌメ神はその神名から水神の弥都波能売神と同神とみられ、現在では境内社の水神社に弥都波能売神が祀られている。閼伽井あるいは三犬女清水と呼ばれる井戸がある。この女神の名を、敏馬とする説が有力。他に、柿本人麻呂の歌「玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎へ 舟近づきぬ」からの発想であろうか、藻塩を製造する時に使用する海松(ミル)からとする説もある。

    住吉大社神代記にも猪名川の女神と武庫川の女神が住吉大神の気を引くために、互いに競ったことが記されている。摂津国風土記逸文に、豊受大神が丹波国に遷座する前は、摂津国稲倉山(所在不明)に居たことが記されているが、この稲倉山は猪名川上流域(豊能郡?)にあったのではないかとの説がある。
  • 三輪神社
    兵庫県三田市三輪3-5-1
    大己貴命 摂社 大歳神社、恵美須社、素盞嗚社、神明社
    由緒 平成祭礼データから
    御由緒

     昔大國主神の神裔此土に住し天神山に祭場を設け祖神を祭祀せるに初まり後ち大和國大神神社神封地として神戸摂津國に三十戸(初め二十五戸後ち五戸を加ふ)を封ぜられし時此地封戸となり大神郷と稱し大田々根子命の後なる神人氏神直氏等此地を開拓して祖神を祭祀す文和年間此地の領主松山彈正丸山の南端に地を卜して神霊を天神山より今の地に遷座せり松山氏は藤原魚名の後にして大和國城上郡松山の出なり建武の頃宮方武官として此地に来り川除村に住み城山に築き三輪村を城下町となし神社を大和の三輪神社に準じ宮村とも三輪村とも呼び荘號を松山と稱す寛永十年三月九鬼久隆三田に封ぜらるるや三田藩の領地となり代々藩主の崇敬篤く元禄十四年藩主九鬼隆方權殿を修補し石の鳥居を建設す又従三位菅原長義は藩主の需により三輪神社々記一巻を記録し之を奉納す明治六年八月村社に列し昭和五年一月郷社に昇格す
  • 西宮のえびす様は、古くは茅渟(ちぬの)海(うみ)と云われた大阪湾の、神戸・和田岬の沖より出現された御神像を、西宮・鳴尾の漁師がお祀りしていましたが、御神託によりそこから西の方、この西宮にお遷し、祭られたのが起源と伝えられております。

    この鎮座の年代は明らかではありませんが、戎(えびす)の名は平安時代後期には 文献に度々記載されています。古社廣田神社の浜南宮の内に鎮座したえびす大神は、漁業の神として信仰されていましたが、この西宮は西国街道の宿場町としても開け、市が立ち、やがて市の神、そして商売繁盛の神様として、灘五郷の一つ西宮郷の銘酒と共に、隆盛を極めるようになります。 現在では一月九日、十日、十一日の「十日えびす」には百万人に及ぶ参拝者で賑い、阪神間最大の祭として全国に知られています。特に、十日早暁の大祭終了後の開門神事・走り参りは、福男選びとして大変な熱気につつまれます。 九月二十二日の例祭と翌日の渡御祭、和田岬までの海上渡御、産宮参りも、秋の西宮まつりとして地元の人々の大きな楽しみとなっています。 通称赤門と云われる表大門は、豊臣秀頼公の奉献によるものとされ、桃山建築の遺構を残し、その左右に連なる全長二四七メートルに及ぶ大練塀と共に重要文化財に指定されています。また境内えびすの森は兵庫県指定の天然記念物となっています。
  • 廣田神社と分離した戎社、及び大国主西神社の件
    明治五年三月、官幣大社廣田神社と分離した戎社には、代々廣田西宮両社の神主を勤めてきた吉井家の傍流吉井西家から、「西宮神社」祠掌として吉井良幹が任ぜられ、六年六月には西宮戎社を大国主西神社と改称し、祠掌に吉井良秀を補任している。

    明治七年四月、この大国主西神社(西宮戎社)の村社から県社への昇格を願い出、大国主西神社として県社に列せられた(明治七年六月三十日)。

    ところが、同年八月二十八日付を以て先の大国主西神社の社格を取り消し、西宮神社ともども廣田神社の摂社と定める旨、教部省から達しがある。この時点で教部省は、「西宮戎神社」と「大国主西神社」を別の神社と見ており、「西宮戎神社」を「大国主西神社」と改称し県社への昇格を願い出た西宮神社側との認識の違いが混乱の一因となっている。

    氏子総代が異議申立てをした処、十一月七日に摂社の儀はそのまま、「西宮神社」「大国主西神社」共に県社と定めるとの指令があった。ここに云う「大国主西神社」とは、延喜式神名帳・攝津国菟原郡にある大國主西神社とも言われているが、元は境内の阿彌陀堂という仏堂で、享保二十年(1735)、大己貴命 少彦名命二柱を勧請し神社にしたとものとされている。

    氏子総代等納得せず、さらに嘆願した処、県及び教部省は苦心、考証の結果、明治八年四月二十八日付で、「今更廣田神社 摂社の名称の取消しは出来ない、大国主西神社の由来に付いては確定出来ないので両社とも県社のままとする。但し、西宮神社は県社として別に祠官を定め社務・社入も別途とするも差し支えなし」と、一応の決着を見た。

    大東亜戦終戦後は当然の如く、廣田西宮両神社は別々の宗教法人となり、大国主西神社は社格を持たぬ神社として、西宮神社の境内神社となっている。

    (平成22年7月11日 「吉井良尚選集」より纏めた)
  • 六甲山神社(むこやまじんじゃ)は兵庫県西宮市山口町、六甲山最高峰から東へ1km程隔たった標高840mの見晴らしのよい峰に鎮座する神社(廣田神社の境外末社)。祭神から白山の宮(しらやまのみや)とも称される。石の宝殿と呼ばれる大きな石祠(六甲山石宝殿と称される)があることで著名。
    伊丹市中野北の「六甲山大権現」の道標に示されるように、六甲山神社境内の石製の神殿の奥に六甲山大権現が祀られている。これが神社名由来の古くからの本来の主祭神と考えられる。  六甲山石の宝殿が「広西両宮絵図」に西宮鎮守とあること、六甲山全域がかつての廣田神社の社領であったこと、六甲山がかつては向津峰(ムカツミネ)と呼ばれていたことから、廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疏向津媛命(ツキサカキイズノミタマアマサガルムカツヒメノミコト)の奥宮としてとらえることが、整合性を有すると思われる
  • 神戸の向津比売

    吉田東伍も『大日本地名辞書』広田神社の項(p594)に、祭神名への考察として「向津は武庫津というに同じ」と指摘していることもあり、祭神向津姫の名前が六甲山の山名由来とも考えられる。その裏付けともいえるのが、山頂付近に鎮座し、山名の変遷と共に祭神名を変更してきたと思われる六甲比命神社(ろっこうひめじんじゃ)の壮大な磐座である。

    瀬織津姫が祀られていると言われている「六甲比命神」
    撞賢木厳之御魂天疎向津媛命
    兵庫県西宮市、西宮の地名由来の大社である廣田神社は天照大神荒御魂を主祭神としているが、戦前の由緒書きには、瀬織津姫を主祭神とすることが明確に記されていた。廣田神社はかつて六甲山全山を領地としていたが、六甲山は元は向津(むかつ)峰と呼ばれ、それが武庫(むこ)となり、江戸時代ごろより六甲(むこ)と表記され、明治以降「ろっこう」と音読みされるようになった。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。