御井郡惣廟赤司八幡宮、豊比咩神、 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

May 2015 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

御井郡惣廟赤司八幡宮、豊比咩神、 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

赤司八幡宮
再興運動はついに効を奏しませんでしたが、ここに伝えられている豊姫縁起はすばらしい物語であり伝説です。これによっても、
大城村一帯の開発の歴史をうかヾうことができ、古代人の自由な優れた物語構成力に驚嘆するばかりです。

Read the full story here


コメント

  • 大和の宇陀郡檜牧に御井神社があり、宇陀主水部・宇陀県主の奉斎を受けた。これら一族の系譜は不詳であるが、主水部の職掌をもつ鴨県主と同族であったと推される。「檜」は肥伊であり、火であった。

    出雲国出雲(簸川)郡直江村には式内の御井神社が鎮座し、八上媛の出産伝承とともにその産湯として生井(安産の水神)・福井(産児幸福の水神)・綱長井(産児寿命の水神)の三つの井戸が使われたとされる。同国には秋鹿郡の式内社としても御井神社がある。
  • 高良内町には赤星神社・富松神社があって弦田物部の祖・天津赤星を祀り、近くには物部祖神・経津主神(これも実体は天目一箇命か)を祀る楫取神社もあり、これら物部系の小社の中心が高良大社とされる。筑紫君磐井の乱にあたって、物部の族長たる麁鹿火大連が討伐に向かったのも、こうした背景があったものとみられる。
  • コミミ 記:稲田宮主須賀之八耳神、紀:稲田宮主簀狭之八箇耳 奇稲田媛の父足名椎神の尊称 雲
    フテミミ 記:布帝耳神、
    ・ 国引伝説のオミズヌ神の妻 雲
    トリミミ 記:鳥耳神.
    ・ 大国主神の妻、八島牟遅能神の女 雲
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。