ホツマツタエ 秀真伝

December 2014 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

imageホツマツタエ 秀真伝

秀真伝 ホツマツタエ 『ホツマツタヱ』(ほつまつたゑ)は、ヲシテによって五七調の長歌体で記され、その成立時期は…

Read the full story here


コメント

  • 秀真伝(ホツマツタエ)」の作者は、前半天の巻・地の巻を櫛甕玉命(櫛御方命)が、後半人の巻を大田田根子が編纂・筆録と記されたしている。何れもニギハヤヒの後裔である。
  • タカキネ─イクタマ─??─スヱツミ─イクタマヨリ姫 

    高木神。
    7代タカミムスビ。
    オモイカネ、フトタマ、クシタマ、タクハタチチ姫、ミホツ姫、ヨロマロ、アヒミタマ、イクタマ、アヨミタマの父。
    アマテルがヒタカミでアメナル道を学んでいた時、常に側に侍っていた。 
    アマテルがヤスクニ宮に戻ってからはアマテルの補佐役となる。
    アマテルがヒタカミからハラミ山麓に戻り、即位する時に「ヤスクニ」という名が付けられたらしい。「アマテル自らの治めにより、民の気が安まり、安国宮と称えた」とホツマツタヱの序文にはある。オシホミミの御子守を務めるオモイカネの死後、ヤスカワにイマ宮を建て、タガ若宮 (オシホミミ) の代の殿に就任。つまりオシホミミに代わって中央の政を執る。カシマ立ちを決行したのもこの人である。

    アスカ央君 (クシタマホノアカリ) が大和に封じられ、ハラ央君 (ニニキネ) がホツマ国に封じられた。

    物部 (守の侍)。 
    君に仕えて民を治める者。臣の別名。 =モノノフ・モノフ・モノ。
    天 (中央政府) に直属し、軍事・警察・裁判などの行政を担当した役人で、オオモノヌシが統括する。
    時代が下って、神武がウマシマチに『代々モノベ継げ』と授けたモノベは、いわゆる『武士』だと思われる。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。