出雲大社、筑紫のなかの出雲 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

May 2015 編集されました カテゴリ: 一般/歴史書

出雲大社、筑紫のなかの出雲 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

出雲大社の本殿の左隣に多紀理比売を祀る「筑紫社(つくしのやしろ)」が鎮座している。右隣には須勢理比売を祀る「御向社」と、蚶貝比売と蛤貝比売を祀る「天前社」。共に大国主神の妻神の社(やしろ)である。

Read the full story here


コメント

  • 三穂津姫命が大物主神の妻となった話は、白河本旧事紀では高皇産霊尊が大己貴神の妻にしたという話になっている。

    「国を譲ったといっても、今後国津神の娘を娶るなら、まだ逆心があると考えるぞ」と脅したのであり、日本書紀で大物主神に言った言葉とよく似ている。元来白河本旧事紀は大己貴神と大物主神を同一神としているので、最初から混同されているのだ。日本書紀では別の神として書かれており、本文にはないが、第二の一書では大己貴神が国譲りして隠れた後(ここでは事代主神は隠れない)で、この結婚話が持ち上がっている。ただし三穂津姫命がそれ以前に大己貴神の妻だったということは書かれていない。

     また三穂津姫は田心姫(古事記では多紀理毘賣)と同神と言われるが、この部分では三穂津姫の名前だけが出ている。そもそも高皇産霊尊が「わが娘、三穂津姫」と呼んでいるのであり、天安川の誓約で生まれた田心姫は、素戔嗚尊の娘としている。田心姫はとっくの昔に筑紫に天降らせているのだが、高皇産霊尊の言葉では、三穂津姫はまだ高天原にいるような口ぶりなのである。少なくとも日本書紀によるかぎり、彼女たちは別神のように読める。

     しかし『播磨国風土記』の託賀郡黒田の里の条には、奥津嶋比賣が袁布山で伊和の大神の子を産んだという記事がある。ここで伊和の大神と言っているのは、大己貴神に違いない。奥津嶋比賣は田心姫のことだろう。この託賀郡黒田の里には、現在「古奈為(こない)神社」があり、一部では奥津嶋比賣を祭るのではないかと言う人もあるが、社伝では木花佐久夜比賣だと言っている。
  • 『播磨国風土記』の託賀郡黒田の里の条には、奥津嶋比賣が袁布山で伊和の大神の子を産んだという記事がある。ここで伊和の大神と言っているのは、大己貴神に違いない。奥津嶋比賣は田心姫のことだろう。この託賀郡黒田の里には、現在「古奈為(こない)神社」があり、一部では奥津嶋比賣を祭るのではないかと言う人もあるが、社伝では木花佐久夜比賣だと言っている。

  • 縄文時代に遠賀入海があったことは、福岡県鞍手郡鞍手町の古月貝塚や新延貝塚、また直方市の天神橋貝塚や日出橋貝塚にその証跡をみることができる。それが海退期になって海はせばまり低湿地に変貌していくが、それでもなお鞍手町の古門に鎮座する古物神社の付近は、入海や潟であったことを思わせる浪内の地名がある。浪内の東がわの小字の松隈には貝塚がある。またその北には掛津、沖方、白水、室ケ浦、虫生津など、そこが海辺であったことをうかがわせる地名が点在することも見のがせない。

     古物神社の宮司の話では、神社の南にある道中という小字では稲ができないくらいに潮が出てくるそうである。古物神社は八幡宮であるが、そこに布留御魂神社と剣神社が合祀されている。所在地の古門の古は布留御魂社の布留に由来すると推察される。布留御魂社は物部氏の奉斎する石上布留の社である。それがこの地にあることは、物部氏との関連を抜きにしては考えられない。
  • 六ケ岳には宗像の三女神が降臨したという伝承がのこっている。『筑前国風土記逸文』には次の記事がある。「西海道の風土記に曰はく、宗像の大神、天より降りまして、埼門山に居ましし時、青(に)の玉を以ちて奥津宮の表に置き、八尺(に)の紫玉を以ちて中津宮の表に置き、八咫の鏡を以ちて辺津宮の表に置き、此の三つの表を以ちて神のみ体の形と成して、三つの宮に納め置きたまひて、即て隠りましき。因りて身形の郡と曰ひき。後の人、改めて宗像と日ふ。其の大海命の子孫は、今の宗像朝臣等、是なり。云々」
    この室木の里長に長田彦という者がいた。小狭田彦とも書く。「六ケ岳神社記」によると、筑紫国造の田道命の子孫の長田彦が、大神の神勅をこうむり、崎戸山上に神籬を建てたとある。その子孫はながく神官をつとめたといわれる。その長田彦(小狭田彦)について「香月文書」には、本名を常盤津彦命といい、ニギハヤヒの子の天照日尊の十五世の末裔としている。天照日尊と宗像の中津宮の市杵島姫命との間に生まれた御子神のあとといわれている。直方市大字下新入字亀丘の剣神社の祭神の倉師大明神を祀るのは、田道命の裔孫の長田彦と社伝にある。室木の六ケ岳神社は六ケ岳の西に位置し、下新入の剣神社は六ケ岳の東側に位置している。ところで「香月文書」をみると、ニギハヤヒを祖とする小狭田彦の系譜に可美日子とか忍坂埴生とか埴安とか椎日下とか、物部氏の系譜にあらわれる人名を思わせるものがあちこちにあらわれてくる。香月氏は木屋瀬の北にいた中世の豪族である。したがって、その文書をそのまま信ずるわけにはいかないにしても、古い伝承を反映している点もあると考えられる。とくに椎日下の名は物部氏が河内の日下に蟠踞していたことを示唆するものとして注目に値する。また「香月文書」には、小狭田彦の四代の孫の天賀那川王は新北ならびに室木の神官に任ぜられたが、別に香月家の本家を継ぎ、香月の君となったものがいる。その養嗣子の倭男人は磐井の乱のとき、物部鹿鹿火をたすけてたたかい、磐井町子の北磐津をとらえて奴僕にした、とある。

    『鞍手町誌』は新北物部が倭男人の輩下として参戦したと述べている。新北物部は「贅田物部」のことである。鞍手町新延の大塚古墳、または剣神社境内の鎧塚古墳、おなじく鞍手町八尋の鋸冠塚古墳などは贅田物部に関連があると推定されている。こうしてみれば贅田物部は六世紀後半まで勢威をふるっていた。そして六ケ岳の神を祀っていたことになる。ここで思い起こすのは、「神代紀」に筑紫水沼君などが宗像の三女神を祀っていると記されていることである。水間(水沼)君は、物部阿遅古連の末裔である。物部氏と宗像氏の関係が六ケ岳の降臨伝承をとおして確認できる。この六ケ岳の南麓、犬鳴川に沿うあたりの鞍手郡宮田町大字磯光字儀長に天照神社が鎮座する。祭神は天照国照彦天火明櫛玉餞遠日尊、すなわちニギハヤヒの命である。ニギハヤヒを祀る天照御魂神社がこの鞍手郡の六ケ岳のふもとに鎮座していたことを現地で知ったのは、大きなおどろきであった。社伝によると、垂仁帝の十六年、鞍手郡宮田村の笠木山(現在宮田町の笠置山、四二五メートル) にニギハヤヒの神が降臨したという。垂仁帝の七十七年の春には笠木山の嶺に神殿を造った。稲の初穂をふもとの谷に掛けてニギハヤヒの神に奉ったので、その谷を穂掛谷という。十九代の允恭天皇のとき、神社が野火にかかった。また高山に老幼の人びとがのぽることが困難なので、笠木山頂の宮をふもとの穂掛谷に移した。そのとき、数千の石をあつめて、その上に社殿をたてたので、のちにその場所を千石原という。そのあと、天長五年(八二八)の冬、明野の里に宮を移した。それが今の脇野である。『三代実録』に、陽成天皇の元慶元年(八七七)十二月十五日、筑前国正六位上天照神に従五位をさずけたまうとある。さらに花園天皇の延慶元年(一三〇八)に、ある人の夢にニギハヤヒの神があらわれて、白い鶴の住むところに移せと告示した。そのとき、鶴田の里に白い鶴の雌雄二羽がやってきたので明野から移し、そこを鶴田村と名づけた、と社伝にある。「弦田物部」の居住地の鶴田である。この鶴田は現在宮田町大字鶴田である。天照神社のある宮田町大字磯光は鶴田ととなりあわせの地域である。
  • 天橋立の籠神社(このじんじゃ)ですが、この神社には、2000年の間秘蔵されてきた伝世鏡が2枚あります。昭和62年に初めて公表されました。出土ではなくずっと伝えられてきた物ですから、凄いものです。
    息津鏡(おきつかがみ)・辺津鏡(へつかがみ)と言います。

    中津鏡という鏡は無い!
  • 大国主神が、宗像の奥津宮の神の多紀理毘売命(たきりひめのみこと)を娶って産んだ子は阿遅鋤高日子根(あじすきたかひこね)でこの神様が迦毛大御神(かものおおかみ→賀茂大神)です。

    滋賀の日吉大社
    この神社に田心姫神がお祀りされている。それも宇佐宮として!

  • 能登の奥津比咩神社と辺津比咩神社

    能登の沖に、舳倉島が浮かんでいる。そこに鎮座するのが、奥津比咩神社となる。祭神は多紀理毘売命。延喜式神名帳の鳳至郡の式内社「奥津比咩神社」に比定されている、古代から舳倉島に鎮座している神社であるようだ。

    神は人が祀ってこその神であるが、舳倉島にはシラスナ遺跡があり、3世紀の弥生末期の出土物があるよう。宗像の沖ノ島と同じように、大陸との交流をしていた中継の島であるとも云われる。


    延喜式神名帳にこの奥津比咩神社と併記されている市寸島比売命を祭神とする辺津比咩神社は、現在の輪島にある重蔵神社であると云う。

    単独で祀られる、多紀理毘売命と市寸島比売命であるが、何故か多岐都比売命を単独で祀る神社は無い。実は、日本全国でも多岐都比売命を単独で祭祀する神社が無いのは何故だろうか?
  • 市寸島比売命が末の妹と言われていながら、何故か「古事記」の誓約のシーンで、三女神のうち最後に生まれたのが多岐都比売命であったのも不可解であった。
  • 京都の櫟谷宗像神社に祀られる宗像の女神も、多岐都比売命を除いた多紀理毘売命と市寸島比売命であった
  • 富家の伝承では

    田心姫と天冬衣命の子に事代主(ヤエハツミ)と高照姫が生まれる。
    事代主は三島の玉櫛姫と結ばれて、天日方櫛日方命、五十鈴依姫、姫蹈鞴五十鈴姫を生む。
    高照姫は、饒速日(彦火明命)と結ばれて香語山命を生む。

    一方、多岐津姫は大國主と結ばれアジスキタカヒコネを生む

    また、市杵島姫も饒速日と結ばれ彦火火出見命を生む。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。