宇佐神宮、宇佐八幡、神功皇后 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

December 2018 編集されました カテゴリ: 神社
image宇佐神宮、宇佐八幡、神功皇后 « 古代史&フォーラム by tokyoblog

宇佐八幡とは
『延喜式神名帳』によれば宇佐三座(八幡大菩薩宇佐宮・比売神社・大帯姫神社)であり名神大社として祭祀にあずかっている。
しかし『記・紀』の神功・応神条には全く触れていないし、神代の巻…

Read the full story here


コメント

  • 秦氏族「辛嶋氏」の氏神が古く「素戔男神」であった。
     宇佐の辛嶋氏の「辛嶋勝姓系図」によれば、秦氏族「辛嶋氏」は素戔男尊を祖とし、その子の五十猛命(いそたける)を奉戴し、新羅を経由して筑前の筑紫神社に五十猛命を祀り、次に香春で新羅の神を祀る。そして宇佐に入って小倉山に北辰社を祀ったと伝える。
     日本書紀では、素戔男尊が新羅の「曽尸毛犁(そしもり)」に降る。曽尸毛犁の地は牛頭山。ここで素戔男尊は牛頭天王と習合し、子の五十猛命と共に列島へと渡る。
  • 国東の先祖神は「鬼」であった。二本の角をもつ牛冠を被る曽尸毛犁の「蚩尤」とされ、のちに艮御神(うしとらみがみ)とされた。彦火々出見命を祭神とする「飯牟礼神社」さえ牛をトーテムとする。国東半島は「素戔男神」の地であった。
     日向、日下部氏の領域の北端、都農の日向国一宮、「都農(つの)神社」さえ都農の氏神として素戔男神の嫡裔、大国主命を祀っていた。
     隼人域と、狗呉の中枢である肥(火)以外の九州、半島よりの渡来人の領域のすべてに「素戔男神」の信仰が根付いている
  • 大尾山と大尾神社

    平安遷都の立役者・和気清麻呂を祭る大尾山。
    階段の最上段奥に大神比義を祭る大尾神社があるが、さらに上に岩倉があるのが見えるだろう。

    ここは神宮の境外とも言える端の端。弓削道鏡の魔手から国を守った清麻呂もここではまるでよそ者扱いである。鳥居前の道から背後の大元山(おもとやま)に入る山道がある。
  • 一つ巴。元来、巴紋は水に由来する紋で、宝器の勾玉、魂、命に関連する。宇佐神宮の三つ巴に対して、一つ巴であることから、宇佐の祖宮の一つと考えられている薦神社は、本来は宗像三比売大神ではなく、別の、あるいはその中の一人の比売大神(たとえば中津宮の湍津姫神)を祀っていたのではないかという説もある。
    薦神社(こもじんじゃ)は、大分県中津市に所在する八幡宮で、別名大貞八幡宮(おおさだはちまんぐう)とも称される。境内の三角池(みすみいけ:古くは「御澄池」と記すこともある)を内宮、神殿を外宮とする。全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の祖宮といわれ、承和年間(834-848年)の創建と伝える古社である。
  • 現在の大分県の名は、古来国府が置かれていた大分郡(おおきたのこほり)に由来する。「おおいた」という読みは、「おおきた」が転訛したものである。
    豊後国風土記:碩田(おおきた)国があり、今は大分と言う、と書かれている

    さらに、大分郡の名の由来については、『豊後国風土記』によると、景行天皇がこの地を訪れた際に「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と名づくべし」と感嘆して名づけ、これが後に「大分」と書かれたとされている。しかし、大分平野は広大とは言えないため、実際には、狭くて入り組んだ地形に多くの田が造られている様子を形容した「多き田」が転じて「大分」になったとするのが最近の定説である。
  • 「これまで『日本書紀』・『豊後風土記』史料の「景行天皇九州巡幸説話」が定説との観がありましたが、『大分歴史事典』(後藤宗俊氏解説)によれば、事実には程遠く、確かな文献に拠る限り、「大分」の方が古く、「碩田」説話は「大分」地名の意味付けに後から作られた説話というべき、と考証しています。であれば、「大分」の字義の解釈が問題となります。半田康夫氏は、『大分県の風土と沿革』で、「分」は「段」と共に「キダ」と訓まれていたとしています。渡辺澄夫氏も『大分市史』昭和30年刊で、「キダ」は「段」で、きれめ・きざみ・だんの意、「分」はわかち・わかれの意で、分離の意味において両者はあい通ずる故、「オオキダ」は大きく(大いに)きざみ分けられた所と解される、と述べています。地形が錯綜している事から起こったのではないかというのです。「大分」の字義解釈が諸説ある中で、この説が現在比較的有力です。」
    大分県立図書館

    大分は「大きく分けた国」となり、豊前豊後に別れたときのことを郡名にしたのではないかに行き着いた。
    そういえば大分社と書いて「だいぶ」神社が、確か鞍手かどこかにある。あそこも元は筑紫と豊前の境目で、往古は豊前だったはずだ。それが筑紫に編入されたという記念の神社ではあるまいか。
  • 『新唐書』日本伝 (略)次は景行、次は成務、次は仲哀。仲哀が死んで、開化の曾孫女の神功を王とした。次は応神、次は仁徳。(略)

    『宋史』日本国伝 (略)次は景行天皇、次は成務天皇である。次は仲哀天皇で、今は鎮国香椎大神と国の人は言う。次は神功天皇。開化天皇の曾孫女で息長足姫天皇ともいう。今は太奈良姫大神とすると国の人は言う。

    次は応神天皇。甲辰の年、初めて百済より中国の文字を得た。今、八蕃菩薩という。大臣に紀の武内と言う者がいて、年は三〇七歳。次は仁徳天皇。(略)
  • 比売大神は、元はイスケヨリヒメか。
    宇佐八幡は、大神氏が神主


    三輪の大物主神は大和国御諸に住む蛇神だった。

    大物主神は丹塗矢(にぬりや)に化生して三島涅咋(みしまみぞくい)の女、勢夜陀多々良比売(せやだたたらひめ)のもとに通い、便所のなかで比売の陰処を矢で突いた。比売は驚いてその矢を取って床の問に置くと、矢は立派な美丈夫と化し、その比売と結婚して神武天皇の妃、伊須気余理比売(いすけよりひめ)を生んだという。また「紀」では、孝霊7天皇の皇女とされる倭迹々日百襲姫(やまとととひももせひめ)のもとに夜々通い、昼は見えないので、姫は朝まで引きとめて顔を見ようとした。神は姫の願いに、「明朝汝の櫛笥に入っていよう。わが姿を見で驚かないよう」といった。朝になり、姫が櫛笥を見ると小蛇がいたので驚いて叫んだ。神はもとの人の姿となって、「お前は私に恥をかかせた」と言って、大空を飛んで、御諸山に去った。姫は悲しみ悔恨の果て、自分の陰処を箸で突いて死んだという(「箸墓伝説」)。
  • 仲哀天皇死去後

    香坂 王 厳坂王・カゴサカ。仲哀天皇の息。忍熊王の兄。播磨斗賀野にて事故死。<杭俣(河派)長彦王、稲依別王は、兄弟のどちらかと同一人物?><添上を本拠。>

    忍熊 王 忍熊別・オシクマ。仲哀天皇の息。香坂王の跡職を継承。筑紫からの神功・応神(誉田別)親子の畿内入りを阻止。淡海(琵琶湖)の沙沙那美に逃亡。自害。

    倉見ノ 別 息長・犬上君・(犬神?)。息長稲依別王の子孫。忍熊王の将。応神軍と交戦。<『日本書紀』では倭建命の子孫。><近江に犬上郡あり。多賀氏の地盤。分流の犬飼氏は丹波篠山に入植。沙沙つながりです。><生駒の暗がり峠など犬神の御札や鈴が必要だったような・・。>

    五十狭茅 * イサザ・難波吉師部・宿禰・伊佐比ノ宿禰。忍熊王の将。応神軍と交戦。淡海(琵琶湖)の沙沙那美に逃亡。自害。<難波の紀氏の部民?><景行の息・五十狭城入彦と名が似通ってるのが気になります。息は品陀真若王ですし、真若王の婿が応神です。>

    品陀真若 王 五十狭。景行天皇系。五十(五百)狭城入彦の息。娘婿に応神天皇。<品陀=誉田、他にも(大々杼)・気長(息長)、意富多、大陀に通じるものがあります。><五十狭茅宿禰と同一人物?>



    <仲哀期の国造> 

    久努ノ 印幡 足尼  (*)物部ノ印幡宿禰。饒速日命の子孫。物部連祖伊香色男命の孫。仲哀の代に(遠江国)久努国造。

  • 『日本書紀』に書かれた七枝刀の記事と、石上神社にある国宝・七支刀の金石文が一致しており、神功46年から神功65年の百済国と倭国の交流記事は、120年遡って挿入されていることが分る。

  • 宇佐公康氏によれば、
    莵狹族は日本最古の種族で、タカミムスビノカミを始祖、オオトノヂ・オオトノベを高祖とし、月読尊を祖神・氏神とする北方系の天孫族で、記紀では天孫族と神武族を混同しているが、天孫族は二万年前の日本列島が大陸と陸続きだった頃日本列島にやってきた人達の子孫で、南方系の天孫族はカミムスビノミコト系の饒速日族であるという

  • 宇佐氏にも日神信仰があるという。

    宇佐公康『続古伝が語る古代史』に

    御許山山頂に三女神が降臨する以前から祀られていた宇佐明神は、撞賢木厳之御魂であると伝えられ、三つの巨大な神籠石はもっとも原始的な太陽祭祀が行われた神の聖地で、この聖地は莵狹族の撞賢木厳之御魂が鎮まる墳墓の地であり、御許山(大元山)は莵狹族が九州地方にくだってから天地根元の神を祀った日少宮(ひのわかみや)であるという。

    宇佐シャーマニズム伝承の口伝
    「いまをいぬるいつちとせのいにし、葛原の塚に葬りやられし田川のひな、あまざかるむかつびめのみこと、つきさかきいずの御魂」
    という日神のたたえことばがあるという。葛原の地名は現在北九州市小倉南区と宇佐市(旧宇佐郡四日市町)に残っているという。

    宇佐氏の日神は、神功皇后に憑いた神であり、「神風の伊勢国の百伝ふ度会県の拆鈴の五十鈴宮に居る神、名は撞賢木厳之御魂天疎向津媛命」と名乗っており、天照大神と同じ神とされている。

    撞賢木厳之御魂天疎向津媛命という名前は筑紫申真氏によれば、ツキサカキイツノミタマはみあれ木によりつく尊い霊魂という意味で、アマサカルムカツとは天からはるかに遠く離れてやってきて、津に向かってくるという意味で、そのカミをヒメと呼んで女性とみなしたのは、そのカミの司祭者が棚機つ女であったからだという。


    宇佐公康氏によれば、莵狹族は日本最古の種族で、タカミムスビノカミを始祖、オオトノヂ・オオトノベを高祖とし、月読尊を祖神・氏神とする北方系の天孫族で、記紀では天孫族と神武族を混同しているが、天孫族は二万年前の日本列島が大陸と陸続きだった頃日本列島にやってきた人達の子孫で、南方系の天孫族はカミムスビノミコト系の饒速日族であるという。菟狹族が大江山で発祥したのが1万5000年前のことで、1万2000年ほど前に貴船山に根拠地を移したという。

    『日本民俗体系2 太陽と月』の松前健「月と水」によれば、高良大社の祭神が中世の『八幡愚童訓』や同社所蔵の『高良玉垂宮神秘書』などでは、月神と呼ばれているという。
  • 和歌山県橋本市の隅田八幡神社は、京都の八幡市に鎮座している石清水(男山)八幡神社から八幡神を勧請して建てられたものだと社の案内板に記されています。その石清水社自体が、孝徳女帝が惹き起こした「道鏡事件」(769年)のほとぼりが冷めた九世紀半ば(859年)に宇佐から遷って来た、畿内では格段に新しい神様でした。

    石清水八幡宮境内は、八幡神を祭神として平安時代に創建された、我が国を代表する神社境内であり、淀川左岸の標高約120メートルの男山丘陵に立地する。

    その創始は、貞観元年(859)、僧行教が宇佐八幡宮で受けた神託に従い、山城国男山山頂に八幡大菩薩を勧請したものとされる。

    天慶2年(939)には伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得、天下第二の宗廟と称された。天皇・上皇の一代一度の参詣も慣行となり、藤原氏の参詣も相次ぐなど、朝廷・貴族の厚い崇敬を受けた。
  • 八幡の元


    大分八幡宮(だいぶはちまんぐう)
    【鎮座地】〒820-0712 福岡県飯塚市大分1272 旧筑前国 穂波郡
    【御祭神】品陀別命 息長足姫命 玉依姫命
    【例祭】9月30日 仲秋祭 10月1日 仲秋祭 10月1日 御神幸祭 10月1日
    【旧社格等】郷社
    【御由緒】
     當宮は、神功皇后御征韓後粕屋の宇美邑にて應神天皇御出産遊ばされ、翌年の春、京にお上りの際軍隊を引率され粕屋、嘉穂の郡境にある険しい山「しょうけ越え」を経られ、當宮に至り坐して暫しお止りになり筑紫の行政をお執り遊ばされ、此地にて軍隊を解隊せられし由縁の地なり。
    宇佐宮託宣集に我宇佐宮より穂浪郡大分宮は我本宮なりとあり。本邦五所別宮第一に列せられ朝廷の尊崇篤く、筥崎宮の元宮として由緒正しく、第四十五代聖武天皇神亀三年(今より約一三00年前)御神託によって創建せられ、応仁天正の九州動乱にて御社殿は兵火に罹り焼失し後天正五年秋月種実公勅命に依り現在地に假殿を建立、御神霊を勧請鎮座せられたる御社殿がその侭今日に至る。
    神殿裏山の小高い丘状の盛土は、全国でも珍しい皇室古墳埋蔵推定地「仲哀天皇御陵」として考古学者の学問的期待をかけている聖地であり、往古旧社殿は小高い丘の前にありて跡地に礎石のみ残れり。
     (平成祭データ
  • 仲哀の崩年干支、壬戌(みずのえいぬ)は362年で、新羅侵攻は翌年の春、すなわち363年のことと考える。

     朝鮮史書『三国史記』新羅本紀にも、この頃、倭の侵攻が在ったことを伝える。
    その一つ、奈勿尼師今(なこつにしきん)九年四月の次の記事である。
    「倭兵、大いに至る。王之を聞き、恐らくは敵(あた)る可からずとして、草の偶人数千を造り、衣(ころも)を衣(き)せ、兵を持(じ) せしめて、吐含山(とがんさん)の下に列べ立て、勇士一千を斧けん(山+見)の東原に伏せしむ。倭人、衆を恃(たの)み直進す。伏せるを発して其の不意を 撃(う)つ。倭人大いに敗走す。追撃して之を殺し幾(ほとん)ど尽く。」
    奈勿尼師今九年は364年で、神功の新羅侵攻の年次と私が考える363年とは一年の違いがある。王暦に一年の狂いがある?
  • 犬上君の出自
    『日本書紀』景行天皇五十一年八月四日条に、犬上君
    の始祖系譜が掲載されています。これによりますと、犬上君は日本武尊の子稲依別王の子孫とされております。「是犬上君・武部君、凡て二つの族の始祖なり」とあります。この始祖系譜から言える事は、日本武尊というのは、悲劇の皇族将軍と言われるように、大和政権の軍事的な活動との関わりを指摘されております。ご存知の通り上田正昭先生は、早く「武部」については日本武尊の名代・子代ですけれども、軍事的な部と考えておられます。またこの始祖系譜に犬上君とともに見える武(建)部君は、宮殿の十二の門を守る「宮城十二門号氏族」の中に見えておりまして、天皇の親衛隊、軍事的な氏族と考えられています。したがって犬上君も、この系譜によりますと、やはり軍事的な背景を持った氏族ではないかということが言えるのではないかと思います。
    そのことを裏付けるのが、『日本書紀』神功皇后摂政元年二月条の記事でございます。これはご存知の神功皇后が朝鮮半島へ渡るという記事で、その帰途、筑紫で応神天皇を生んだ後、母と子がともに大和に戻ることが書かれ、その時、応神天皇の異母兄弟である坂王と忍熊王が皇位を奪おうと反乱を起こすという記事があります。この記事の中に、「犬上君の祖倉見別と吉師の祖五十狭茅宿禰と、共に坂王に隷きぬ」とあり、続けて「因りて将軍として東国の兵を興さしむ」と書かれています。この記事から犬上君の祖倉見別が、五十狭茅宿禰と共に、坂王・忍熊王側の将軍として重要な役割を果たしていることが判ります
  • 近肖古王
    (きんしょうこおう、生年不詳 - 375年)は百済の第13代の王(在位:346年 - 375年)であり、第11代の比流王の第2子。中国・日本の史書に初めて名の現れる百済王である

    諡号(または追号)は第5代の肖古王と同じであるが、第6代仇首王と区別して第14代近仇首王とし、第4代蓋婁王と区別して第21代蓋鹵王の別名を近蓋婁王とするように、同名の王の区別の為に「近」の文字が用いられている。

    『三国史記』には諱・諡は伝わっていない。『晋書』では余句、『日本書紀』では肖古王、『古事記』では照古王、『新撰姓氏録』では速古王とする。

    第13代王近肖古王(クンチョゴワン)
    扶余の流民をまとめ、遼西を攻略、馬韓54ヶ国を攻略、そして伽耶、靺鞨族と新羅も傘下に入れ高句麗を牽制する一方で、百済国内では肖古王系とか古爾王系とか貴族間の均衡に苦慮します。
  • October 2017 編集されました
    延喜式(905~927年撰述)によれば、八幡大菩薩宇佐大神、大帯(たらし)姫神、姫神の三神とある。最後の姫神とは宇佐地方・御許山の神である。そして大帯姫神が息長(おきがな)帯姫、つまり神功皇后に擬せられ、その結果として八幡大神は神功皇后の御子・応神天皇とされる。

    元宮八幡宮の「新宮」が宇佐八幡宮ではない。
    秦氏の新宮は香春社である(709年造営)。その神々は、延喜式によれば、忍骨命、辛国息長大姫大目命、豊姫命である

    香春社の神官は、赤染氏と鶴賀氏である。

    「鶴賀」は「敦賀」と同音であり、その「ツルガ」とは書紀にある「オホカラの王子ツヌガアラシト」の上陸地(福井県・ケヒの浦)にちなむものである。その名は「大加羅の王子ツヌガ」であり、「アラシト」とは加羅の一邑・安羅の人の意である。敦賀には気比(けひ)社がある。八幡神とされる応神天皇(ホムタワケ)には、この気比の神(イザサワケ)と名を交換し合ったという、紀記に載る意味深長な伝承もある。
  • October 2017 編集されました
    辛島郷には、辛島氏が祭祀した鷹居社や鷹栖山の山号をもつ寺があった。
    この「鷹」とは、実は香春の八幡神である。香春社のある香春岳は別名「鷹栖山」であり、田川郡とは「鷹羽(たかは)郡」を読み替えたものである。平安初期(814年)の「太政官符」に、六世紀末、八幡神が鷹に成り化して人を殺したので、辛島氏の神女がこれを鎮め、鷹居社として祭ったとある。

    香春八幡神祭祀は秦氏一族の辛島氏に担われた。『宇佐八幡宮弥勒寺建立縁起』(844年)によると、宇佐八幡神は「宇佐郡辛国宇豆高島」に天下ったとされる

    仏教を国家鎮護の要に据えようとする馬子は、六世紀末に大神(おおが)比義という人物を「秦王国」に送る。
    720年の大隅隼人叛乱に際し、大伴旅人率いる征伐軍に、八幡宮禰宜(ねぎ)「辛島」ハトメの神軍が参加した。
    737年には、朝廷は伊勢神宮などと共に八幡宮にも奉幣し新羅の無礼を報告、740年には藤原広嗣乱の平定を祈願し、翌年は乱平定の報賽(ほうさい)として金字の最勝王経などが奉納されている。
    745年、聖武天皇のご病気に際しては平癒祈願があり、翌年には三位に叙任される。
    749年、大仏造立のための黄金出土を託宣、次いで東大寺鎮守・手向山八幡宮として入京。
  • 『宇佐家伝承古伝が語る古代史』(宇佐公康著)によると、「宇佐の国造は、『古事記』に土人(くにびと)、『姓氏録』に地祇族と記されているように出雲国造と並び日本最古の原住氏族である。

    この宇佐国造家の伝承に、

    古の菟狭国の第一の神都は備前・備中・備後・美作にて、第二は九州、第三は蒲郡以西をもってこれに當つ」と記されています
  • 『新唐書』日本伝 (略)次は景行、次は成務、次は仲哀。仲哀が死んで、開化の曾孫女の神功を王とした。次は応神、次は仁徳。(略)

    『宋史』日本国伝 (略)次は景行天皇、次は成務天皇である。次は仲哀天皇で、今は鎮国香椎大神と国の人は言う。次は神功天皇。開化天皇の曾孫女で息長足姫天皇ともいう。今は太奈良姫大神とすると国の人は言う。

    次は応神天皇。甲辰の年、初めて百済より中国の文字を得た。今、八蕃菩薩という。大臣に紀の武内と言う者がいて、年は三〇七歳。次は仁徳天皇。(略)
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。