元住吉神社、本住吉神社、住吉大社

December 2018 編集されました カテゴリ: 神社
image元住吉神社、本住吉神社、住吉大社

住吉3神を祀る神社は、博多、神戸、大阪の3所にある。 創設の由緒から、どの神社が始まりか考えてみた。 博多の住…

Read the full story here


コメント

  • 対馬に鴨居瀬(カモイセ)と云う所

    ここが住吉神の発祥の地だと、『住吉信仰』(真弓常忠著、住吉大社宮司)にある。

    鴨居瀬の神は日本海側から浅海湾に入る水先案内の神だったとか。
    半島との往来が盛んになり(これは神功皇后の説話に残る)、より便利な雛知に水先案内の主体が移り、神社も遷座したと考えられています。

    当時の神は海岸での母子信仰であり、海宮の乙女と海童、記紀で云う豊玉姫とウガヤ尊と見なされていたようです
  • 津守氏

    「日本書紀」神功皇后摂政前紀に、於是 從軍神表筒男 中筒男 底筒男 三神誨皇后曰 我荒魂 令祭於穴門山田邑也 時穴門直之祖踐立 津守連之祖田裳見宿禰 啓于皇后曰 神欲居之地 必宜奉定 則以踐立 爲祭荒魂之神主 仍祠立於穴門山田邑、とあり、津守連之祖田裳見宿禰は神功皇后の新羅討伐に従軍していたのか。その根拠地としては、


    「住吉大社神代記」
    に、大神重宣。吾欲住居地。渟名椋長岡玉出峡(「日本書紀」では大津渟名倉長峡)。時皇后勅。誰人知此地。今令問賜地。手槎足尼(「日本書紀」では田裳見宿禰)居住地也、とあって、渟名椋長岡玉出峡に住まいがあったように書かれているが、この渟名椋長岡玉出峡(大津渟名倉長峡)には二説あって今の「本住吉神社」の地なのか「住吉大社」の地なのかはっきりしない。多数説は、「住吉大社」説のようである。無論、「住吉大社神代記」は住吉大社の人が作成したものであろうから、「住吉大社」説であろうかと思われる。

    「新撰姓氏録」
    によると津守氏は火明命を同祖とするが、大きく分けて摂津国の津守宿禰(大御日足尼之後也)と和泉国の津守連(天香山命之後也)がいたようである。大伴氏と同様に摂津国と和泉国に勢力があったか。ただ、少し気になるのは、
    摂津国津守宿禰は、
    「摂津国 神別 天孫 津守宿祢」
    「摂津国 神別 天孫 六人部(むとべ)連」
    「摂津国 神別 天孫 石作連」とあり、
    和泉国津守連は、
    「和泉国 神別 天孫 石作連」
    「和泉国 神別 天孫 津守連」とあり、
    いずれも津守氏と石作氏がセットで出てきていることである。
  • 現人神社 福岡県筑紫郡那珂川町仲 本来は姿を現さない神(住吉三神)が、神功皇后が三韓に向かうときに、姿を現して軍船を導いたので現人神といい、皇后はここを訪れ、神田に水をひく為に山田の一の井堰を造り、裂田の溝を掘り通水したと伝える。攝津の住吉大社、福岡の住吉宮の元宮である。
  • 兵庫県神戸市西区押部谷町細田に鎮座する、可美真手命神社です。
    『延喜式』神名帳の播磨国明石郡に見える、「物部神社」の論社といわれます。

    元住吉山の雑木林の中の小さなお社。祭神は可美真手命です。
    可美真手命神社のお祀りは、県道83号線と明石川を挟んだところにある、住吉神社によって行われています。

    この住吉神社は社伝には、摂津の住吉大社から、天平勝宝六(754)年に、津守氏によって勧請したのが創まりといいます。可美真手命神社のお祀りは、県道83号線と明石川を挟んだところにある、住吉神社によって行われています。

    この住吉神社は社伝には、摂津の住吉大社から、天平勝宝六(754)年に、津守氏によって勧請したのが創まりといいます。


    可美真手命神社のある元住吉山に、かつては住吉神社があったといい、永禄二(1559)年に楯神社・鉾神社とともに現在地へ移遷したと伝えます。

    住吉神社本殿の右側にある、楯神社です。祭神は豊磐間戸命。

    本殿左側の鉾神社
    祭神は櫛磐間戸命。豊磐間戸命とともに、『古語拾遺』にみえる殿門を守る神です。
    明石川の川辺から雄岡山をのぞみます。

  • 『摂津国風土記・逸文』より
    「住吉」は住み良し所
    『摂津国風土記逸文・住吉』の条に、
    『摂津国の風土記に曰く、住吉と稱ふ所以は、昔、息長足比賣の御世、住吉の大神現れ出でまして、天の下を巡り行き、住むべき國を?ぎたまひて、時に沼名ぬな椋くらの長岡の前さきに到り、述べられた。「こは実に住み良き國也」遂に褒め称えて「真に住み良し、住吉國なり」と述べられ、社を建てられ、今の人々これを略して須美乃叡すみのえと稱いう』

     武庫
    『摂津国風土記逸文・御前みさきの濱はま 武庫』の条に、
    「人皇十四代仲哀天皇、三韓を攻めむとして筑紫に到り崩御される。いま氣比の大明神はこの帝なり。その妃、神功は開花天皇五世の孫、息長宿禰の女なり。是に、軍を発して三韓を討伐せる時、当に産み月であった。石を取りて其の腰裳に挟みて、産まざらむとしたまひき。遂に新羅高麗百済に入りて、皆悉く臣服して筑紫に還り到りて、皇子を産む。是、誉別天皇なり。皇后は攝津国の海濱の北岸の廣田郷に到る。今、廣田明神と云うは是也。故に其の海辺の浜を御前浜と云う。又、兵器を埋めし処を武庫と云う。其の誉田天皇(応神天皇)は今は八幡大神なり。」

    かもべの祝はふりと川西市加茂の「鴨神社」
    『新撰姓氏録・摂津国神別』の条に、「鴨部祝。賀茂朝臣と同じき祖。大国主神の後なり。」とあります。佐伯有清氏は「鴨部祝は賀茂氏一族あるいは賀茂氏に隷属していた氏族で、賀茂神社を奉祀する神職であったことにもとづく」
    「川西市加茂の式内社「鴨神社」は現在の祭神は「加茂別雷神」としているが、古くは加茂氏の氏神「事代主神」であると思われる。」と述べています。

    大神郷おおむちごう
    「新撰姓氏録」は弘仁六年(八一五年)嵯峨天皇により編纂された古代氏族名鑑です。その『新撰姓氏録・摂津国神別』の条に、「神人。大国主命の五世孫、大田田根子命の後なり。」とあります。川西市多田はその昔大神郷(オオムチゴウ)と呼ばれていました。佐伯有清氏は「神人は舎人や宍人に似て、かつて在地にあって国造に準ずる有力者であり、その子弟が番を作って朝廷に上り、神祇関係の業務に服した」と述べています。

    東多田上ヶ芝・松ヶ芝古墳群は大神氏の一族と何等かの関係があるのでしょうか。平野地区には延喜式内社「多太神社」があり、現在は「たぶとじんしゃ」と呼んでいますが、本来は「ただじんじゃ」と呼ぶべきで、明治以降「多田院」が「多田神社」となった為に、あえて「たぶとじんじゃ」と読んで区別しているようです。この「多太社」は古く平安時代に編纂された延喜式神名帳(九二七年)に載っている「式内社」で、大神氏の氏神であったと考えられます。

    現在の多太神社の祭神は「日本武尊(第十二代景行天皇の皇子)・大鷦鷯おおさざき尊みこと(第十六代仁徳天皇)・伊弉諾尊・伊弉冉尊・素盞鳴尊・大田田根子命」ですが、古くは「大田田根子命」が主祀神一座と考えられ、「多太」の名前の由来になったと考えられます。『日本書記』では「大田田根子」、『古事記』では「意富多多泥古」と記されます。

     多田満仲公が住吉大神のご託宣により、九頭の大蛇に象徴される出雲系の神人氏を滅ぼして、かつて住吉大神の杣山であった銀銅の産出するこの多田庄を手に入れたのである
  • 底筒男神、中筒男神、表筒男神の住吉三神は航海の神。「筒」とは星のことで、三つ星の神格化とされる。海人の三つ星は天帝の星、北極星を示す上台、中台、下台の「三台星」。北斗七星の外側にある三つ星であり、「三筒」とも呼ばれる星である。
    上海の南、浙江省に天台山が在る。三つの峰をもつ天台山は、古く、神仙思想の大元。三台星の思想はこの山で生まれた。三つ星を宗紋とするのちの天台宗もこの山で生まれている。江南の海人にとって三台星は大切な星。夜、海を渡る船は北極星を目印にする。北方の漢人に追われた江南の海人は、東シナ海で黒潮に乗って北上、列島に渡る
  • 古く、この社の社家、佐伯氏(さえき)は大伴氏族とされ、佐伯部を率いて、隼人と共に宮門守護として朝廷に仕えた。その名は外敵を「遮(さへ)ぎる者」という意とされる。殊に天帝の守護、三台星の氏族。
    また、神話での大伴遠祖の天忍日命と黥利目(入墨)の大来目命(天久米命)との関係が、海人氏族の拘わりを思わせる。天帝を守護する三台星とは、海人氏族の象徴でもあった。
  • May 2016 編集されました
    河内の住吉神社:小山田住吉神社
    小山田丘陵上、赤峰市民広場の北に小山田住吉神社はある。
     祭神は住吉三神と神宮皇后、および武内宿禰。明治四十年(1907)に合祀した青賀原神社(下里町字青ヶ原)と高瀬神社(天野町字高瀬)の祭神、久爾津神(九頭神)・高龗神・保食神も相殿となっていると思われるが、案内板には表記されていない。青賀原・高瀬の両社とも元の場所で祭祀が続けられているので、あるいは奉還したのかもしれない。
     境内社として瑞垣内に天神社と戎神社を祀るほか、南に設けられた馬場の脇に諏訪神社・高天原神社がある。
     明治五年(1872)郷社に列し、同四十年(1907)には神饌幣帛料供進指定社となっており、河内長野きっての社格を有する。

    出典
    http://koshaji.blog.jp/archives/45047515.html

    江戸時代より前のことはよくわかっていないが、かなり古い時代に摂津住吉大社より勧請されたものであることは推察できる。
     天平三年(731)の奥書がある住吉大社秘蔵の『住吉大社神代記』は往古の住吉の社領がにわかに信じ難いほど広大な地域に及んでいたことを記しているが、その中に神饌田として「小山田」の名がみえる。「天野」「高向」といった周辺の地名も確認でき、これが錦部郡小山田村、現在の河内長野市小山田町を指す可能性は高い。住吉の神領であったのなら、そこに住吉の神を祀るのは自然なことだ。
     かつては住吉大社の神輿の渡御式に小山田から十六名の担ぎ手が毎年駆り出されていたというから、ある時期まで住吉大社と密接な関係にあったのは間違いない

    明治・大正期の資史料では当社の社名が「清崎神社」となっている。また明治初年に清崎神社と改めるまでは「豊浦神社」と称していたともある。
     そこで江戸時代の史料をあたるが、豊浦神社という名は確認できない。代わりに、元禄五年(1692)の寺社明細帳に小山田村の氏神として「五社大明神」の名がある。祭神は薬師・阿弥陀・大日・観音・地蔵。境内に神宮寺があったとも記されている。どうやら神仏習合時代には両部神道に基づき、五柱の神はその本地仏の名で祀られていたらしい。境内に現存する鐘楼は当時の名残だろう。
     明治新政府による神仏分離政策を受けて祭神が改められ、清崎神社と名を変えたということのようだ。住吉神社となったのは戦後のことと思われる。

     しかし、清崎神社という名はどこから採られたのだろうか。調べてみると、住吉神社の南西およそ二キロメートルに清崎というバス停があることがわかった。この辺りは小山田町内の廣野と称ばれる地区。この「清崎」が由来なのだろうか。ただ社号に採用するには少少離れ過ぎている感はある。
     さらに調べると驚くべき情報を得た。清崎バス停の南西五百メートルにあるハサミ池の畔にかつて「清崎神社」があったというのだ。それを明治になって現住吉神社の所在地に遷座したという。
     つまり、敢えて悪意のこもった表現を使うなら、仏尊を祀っていた歴史を隠蔽するため、近郷の神社を遷し迎えて以前から神祇を奉斎していたように装ったということになろうか。
  • 河内(丹比郡)の式内社/阿麻美許曽神社
    大阪市東住吉区矢田7丁目(旧矢田枯木町)
    祭神--素盞鳴尊・天児屋根命・事代主命
                                                                   20

     延喜式神名帳に、『河内国丹比郡(タジヒノコホリ) 阿麻美許曽神社(アマミコソ) 鍬靫』とある式内社。

     近鉄南大阪線で大和川を渡って最初の駅・河内天美下車、北北西方約1.1km、大和川左岸に近接して鎮座する。鉄道が大和川を渡ってすぐの右手(西方)に、こんもりとした鎮守の森が見える。
     今、大和川左岸東部は松原市に属するが、当社の周辺と南北に細長い参道とその両側部分のみは大阪市東住吉区に属している。
    当社祭神はスサノヲ他2座となっているが、これは明治以降と推考され、江戸後期刊の河内名所図会(享和元・1801)には
     「祭神は中に牛頭天王、東(向かって右)は春日、西(左)は蛭子(エビス)」
    とあり、また河内志(享保19・1734・江戸中期)にも
     「一名阿麻岐志、今、天王と称す」
    とあるように、江戸時代にはゴズテンノウを祀る社(天王社)として知られていたらしい。

    なお、併祭神とされる2座のうち、アメノコヤネとは枚岡神社(東大阪市)あるいは奈良春日大社に祀られる中臣氏(藤原氏)の祖神で、大阪府全志に、
     「伝に云う。春日神社は大治2年(1127)2月15日、大和国奈良春日神社よりの勧請にして、・・・」
    とあるように、平安末期に勧請された神であり、当社本来の祭神ではない。
     また、残る一座・コトシロヌシはエビス神としての勧請であり、その勧請由緒・時期などは不明。

    本来の祭神は????

    依羅氏の祖先説
     今、大和川左岸の当社以南一帯を“天美”(アマミ)と呼ぶが、平安初期には“河内国丹比郡依羅郷”、あるいは、それに接する摂津国住吉郡大羅郷に属していたと想定され、そこから当社も、この辺りを根拠としていた依羅氏(ヨサミ)がその祖先を祀ったのでは、というものだが、それを証する史料はない。

     依羅氏とは、新撰姓氏禄(弘仁6・815)に、
     「饒速日命命十二世孫懐大連之後也」(左京神別)
     「饒速日命十世孫伊己布都大連之後也」(右京神別)
     「饒速日命之後也」(河内国神別)
    とあるように、物部系の氏族とされるが、同じ姓氏禄の河内国諸蕃(百済)の項に、
     「依羅連 出百済国人素弥志夜麻美乃君」
    とあることから渡来系氏族だった可能性が強く、当社に関係するとすれば、依網池開鑿に功のあった渡来系の依羅氏であろう。
    その依羅氏の祖・“夜麻美”が訛って“阿麻美”となり、“天見”と転じたともいうが、これも確証はない。
     なお、この依羅氏に関係する式内社として、当社の約1kmほど東に大依羅神社がある(住吉区庭井-別稿・大依羅神社参照)。

    天津彦根命後裔説
     これには
     (イ)、「河内国式内社目録稿本に、『所祭未詳 俗称天津彦根命、少彦名命、天児屋根命』を挙げ。・・・」(式内社調査報告)

     (ロ)、「姓氏禄に天津彦根命・男天戸間見命見ゆれど、此の祭神と関係あるを見ず」(大阪府誌)

     (ハ)、「河内国式神私考は『彦己蘇根命』とし、『旧事紀云、彦己蘇根命を以て凡河内国造と為す。春原政包之記に凡河内国造祖己曾根之命、丹比天見丘に葬る、是其処歟』と考証している」(式内社調査報告)
    というように、アマツヒコネ命・天戸間見命(読み不明)・コソホリ命の3説がある。

     天津彦根(アマツヒコネ)とは、アマテラスとスサノヲの契約(ウケヒ)によって生まれた五男神の一座で、凡河内国造(オオシカワチノクニノミヤツコ)の祖とされる(古事記)。
  • 河内(渋川郡)の式内社/波牟許曽神社
    大阪府東大阪市長瀬町1丁目
    祭神--天照皇大神・伊耶那岐大神・伊奘那美大神
    延喜式神名帳に、『河内国渋川郡 波牟許曽神社』とある式内社。
     波牟許曽はハムコソと読む。波牟(ハム)は“蛇”(物を取食-ハム-虫)、許曽(コソ)は“社”を意味し、直訳すれば“蛇の社”となる。
     今の鎮座地名は東大阪市長瀬町1丁目だが、古くは“蛇草”(ハミクサ・ハムクサ、堺県河内国渋川郡北蛇草村)と呼ばれていた。社頭の案内には、
     「波牟は蛇にして、許曽は社の義なり。蛇を祀れる者にや。村名は此の社名より起る」
    とあるが、大阪府誌(1903)には、
     「倭名抄に蝮の和名波美とあり、波美は波牟に通じ、“くさ”は“こそ”に通ず。社号は即地より起りしものか」
    とあり、蛇草(ハミクサ)の地名から社名が生まれたという。

    波牟許曽は地名・蛇草からきたとするのが妥当だろう。ただし、当地をハミクサと呼ばれた由縁は不明。

    近鉄大阪線・長瀬駅の北西約100m、線路西側道路・生協病院の角を西へ入った右手(南)に鎮座する。

    ※創建由緒
     遅くとも10世紀初頭以前からの古社だが、河内志(1733)に
     「波牟古曽神社 渋川郡北蛇草村に在り」
    とあるのみで、その創建時期・由緒ならびに明治初年までの経緯は不明。

     各資料を総合すれば、
     明治21年(1888)4月の市制及び町村制公布(各資料は明治22年とするが、制度の公布は21年)により、北蛇草村以下の近隣7ヶ村が合併して長瀬村ができたとき、各村の鎮守8社が合併して新たに創建された長瀬神社(長瀬村大字衣摺-現衣摺1丁目)に合祀されたが(明治40年-1907-合祀、大正元年-1912-12月正遷座)、その後、旧鎮座地へ戻り再建されている。

     当社旧鎮座地について、大阪府史蹟名勝天然記念物(昭和3・1928)に
     「波牟許曽神社は延喜式内社にして、その神社趾は東莊にあり。今僅に数株の松を存するのみ」
    とあるから、荒れはてていたらしいが、式内社調査報告(昭和54・1979)によれば、
     「北蛇草地区の氏子住民の努力により、旧地に遷座し、旧社以上の結構をもつ本殿・拝殿・社務所が建立された」
    とある。ただ、旧地への遷座年代は不明(ネット資料に昭和51とするものあり)。

    ※祭神
     今の祭神は、アマテラス・イザナギ・イザナミの3座とするが、長瀬神社へ合祀するまではイザナギ・イザナミの2座だったとい う。しかし、別伝として、
     ・埴安姫命(ハニヤスヒメ)--土の神(中河内郡誌-大正12・1923)--根拠不明
     ・彦己蘇保利命(ヒココソホリ)--凡河内国造の祖(河内国式神私考)
    がある(式内社調査報告)。

      ヒココソホリ説とは、河内国式神私考(刊行年不明)に、
     「ヒココソホリ。波牟許曽の許曽はコソホリの略称で、波牟は命がこの地を領有したとの義であろう。国造本紀には、神武天皇がコソホリ命を凡河内国造(オオシカワチノコクノミヤツコ)としたとある。即ち凡河内忌寸(オオシカワチノイミキ)の祖である」(意訳・原文漢文)
    とあり、古代にあって摂河泉地方に勢力をもっていた凡河内国造の祖・ヒココソホリが、当社の祭神と示唆していると思われる。
     なお新撰姓氏禄(815)によれば、『河内国神別 凡河内国造 天津彦根命之後也』とあるが、ヒココソホリはアマツヒコネの後裔というから、当社が凡河内氏の祖神を祀るとすれば、アマツヒコネの可能性もある(アマツヒコネ--アマテラスとスサノヲのウケヒによって生まれた神)。
  • 日本書紀」によれば、神功皇后の新羅征伐に際して神表筒男・中筒男・底筒男の3神(住吉大神)が神功皇后に「私の荒魂を穴門の山田邑に祭れ」とのたまい、穴門直の祖践立・津守連の田裳見宿禰が「その地を必ず定め奉るべし」と奏上しました。この功により田裳見宿禰の子・豊吾田が津守連を賜り、津守連の祖となっています。津守氏はWikiによれば、「住吉大社(大阪府大阪市住吉区)の歴代宮司の一族で、古代以来の連綿とした系譜を持つ氏族である。」とのことです。

    御津神社摂社の御舳玉大神(=住吉大神、実際には津守氏)は大国主命のお伴をして御津湊に上陸しました。そして津守神社は、住吉大社歴代宮司の祖である田裳見宿彌を祀る砥鹿神社の末社となります。御津神社の大国主命(=出雲族)にお供したのは住吉大神(=住吉大社宮司の津守氏)であり、津守氏が砥鹿神社のすぐ近くに津守神社を創建したのです。
  • 「住吉」表記の初見は『日本書紀』神功皇后摂政元年条で、『風土記』逸文によれば、神功皇后による住吉大神鎮座地選定の際の「真住み吉し、住吉の国」の逸話が「住吉」表記の由来と言われている。

    「住吉津」の初見は同じく『日本書紀』雄略天皇14年正月春条で、呉に派遣されていた身狭村主青が住吉津に呉の使者を連れて帰って来ている。上町台地の北西にあった難波津に対して、住吉津は河内・大和方面へのアクセスの良さで優位にあった。

    住吉津の盛期は5世紀までであって、6世紀にはいると、その繁栄は北方にあった難波津(現中央区三津寺付近ともいう)に移っていったという。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。