尾張氏、熱田神宮、天村雲、天香山

December 2018 編集されました カテゴリ: 神社
image尾張氏、熱田神宮、天村雲

尾張氏は日本書紀に「天火明命の児、天香山は、これ尾張連らが遠祖なり」とあるようにホアカリノミコト(火明命)の子…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • 弥彦神社 旧国幣中社 越後一宮
    西蒲原郡弥彦村弥彦 弥彦線 弥彦駅
    祭神 天香山命

    由緒沿革
    淳和天皇の天長一〇年名神祭に預 った古社で、古来越後の一ノ宮と称せられ た。祭神天香山命は又の御名を高倉下命と申 し、神武天皇御東征の時、紀伊国にて韴霊の 神劔を奉り皇軍の士気を振起して大功を立て 給い、後勅を奉じて遠く越後国に下り、今の三 島郡野積浜に上陸して国内を鎮撫し、漁塩耕 種の法を授け大いに生民の幸福を増進し弥 彦山東麓に宮居して徳を布き、統を垂れ給 うた。和銅四年詔に依り神域を拡張し、社殿 及び摂末社を造営。仁明天皇の承和九年始め て従五位下を授けられ、延喜の制には名神大 社に列し、神階は貞観三年従四位下に陞叙せ られた。源頼朝三千貫の社領を定め、又後醍 醐天皇は建武二年勅額を奉納し給う。元弘三 年には三六歌仙の額を御奉納あり。上杉氏越 後の守護となるに及び新たに神田奉納し願文 を奉って神祐を祈る等崇敬すこぶる篤く、徳 川時代に入り松平忠輝は五百石を朱印地とし て寄進、明治四年国幣中社に列し、同一一年 明治天皇北陸御巡幸の際親しく御参拝遊ばされた。(神社本庁別表神仕)
    -『神社名鑑』-

    弥彦神社 彌彦神社

    参道途中、右手奥に境内の摂末社が並んでいる。
    摂社・武呉大神(天五田根命)、摂社・草薙神社(天戸國命)、
    摂社・今山神社(建筒草命)、摂社・勝神社(建田背命)、
    摂社・乙子神社(建諸隅命)、

    二十二所神社(伊勢大御神 石清水八幡宮 加茂大明神 松尾大明神
    平野大明神 稻荷大明神 春日大明神 大原大明神 大神神 石上神
    大和神 廣瀬大明神 竜田大明神 丹生神 住吉明神 貴船大明神
    吉田神 廣田大明神 北野大明神 梅宮坐神 祇園神 日吉神)、

    八所神社(香取大明神 熱田大明神 香嶋大明神 氣比大明神
    諏訪大明神 江文大明神 渡津大明神 氣多大明神)、

    十柱神社(大穴牟遲命 彌都波能賣神 速秋津日子神 速秋津日女神
    阿須波神 波比岐神 大山祇神 大地主神 埴山姫神 草野姫神)

    創祀年代は不詳。

    当社が正史に登場するのは、『日本後紀』天長十年七月三日の条が最初。
    「越後國蒲原郡伊夜比古神預之名神。以彼郡毎有旱疫。致雨救病也。」とあり
    八三三年にはすでに名神として崇敬されていた古社。

    式内社・伊夜比古神社に比定された國幣中社。

    弥彦山を御神体とする山岳信仰の神社で、祭神は伊夜彦神。
    現在、伊夜彦神は天香山命のことであるとされているが、
    大屋彦命や大彦命であると考える異説もある。

    弥彦山山頂には奥宮・御神廟がある、
  • 天香山命
    あめのかぐやまのみこと

    別名
    天香語山命/天香吾山命:あめのかごやまのみこと
    手栗彦命:たくりひこのみこと
    高倉下:たかくらじ
    ……
    天忍穂耳尊の御子である天火明命の御子神。母は天道日女命。尾張連等の遠祖。
    『先代旧事本紀』では饒速日命の子となっており、天火明命=饒速日命とする。

    饒速日命に従って大八洲国に降り、紀伊国熊野邑に坐した。

    后神は熟穗屋姫命。
  • 天香山命 を祀る神社

    彌彦神社 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898
    彌彦神社 御神廟 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦山山頂
    伊米神社 新潟県小千谷市大字桜町1314
    魚沼神社 新潟県小千谷市土川2-12-22
    高座結御子神社 愛知県名古屋市熱田区高蔵町9-9
    矢彦神社 長野県上伊那郡辰野町大字小野3267
    香山神社 福井県大飯郡高浜町下車持44高森7-1
    岐多志太神社 奈良県磯城郡田原本町伊与戸143
    竹田神社 奈良県橿原市竹田町495
    船魂神社 境内 弥彦神社 北海道函館市元町7-2
    尾針神社 境内 若宮 岡山県岡山市北区京山2-2-2
    日前國懸神宮 境内 日前宮末社 和歌山県和歌山市秋月365
    熊野本宮旧社地 大斎原 摂末社合祀別社 和歌山県田辺市本宮町本宮
    伊富岐神社 境内社 岐阜県不破郡垂井町岩手字伊吹1484-1
    香取神宮 境内 鹿島新宮 千葉県香取市香取1697
    六所神社 山形県鶴岡市三和字堂地90
    五泉八幡宮 新潟県五泉市宮町5-46
    布都神社 愛媛県西条市石延大ヶ市119
    熊野速玉大社 和歌山県新宮市新宮1
    大麻神社 香川県善通寺市大麻町上ノ村山241
    田村神社 香川県高松市一宮町286
    伊福部神社 兵庫県豊岡市出石町中村809
  • 竹田神社
    式内社 大和國十市郡

    御祭神 天香具山命

    道臣命 『明治二十六年神社明細帳』
    天火明命 『特選神名牒』『大日本史』
    神皇産霊尊 『神祇宝典』


    寺川南岸に鎮座。旧村社。古くは三十八所社 と称したが、「延喜式」神名帳十市郡の「竹田神 社」に治定(大和志)。
    「新撰姓氏録」左京神別下
    「竹田川辺連、同命(火明)五世之後也、仁徳天皇御世、 大和国十市郡刑坂川之辺有竹田神社、因以為氏 神、同居住焉、緑竹大美、供御箸竹、因茲賜竹 田川辺連」

    とあり、竹田川辺連の氏神で、火明 命を祀ると推定される。竹田川辺連は竹田神社 の祝部で、「川乃反薬」「太計太薬」「楚武川薬」な どの薬方を伝えていた(大同類聚方)。境内にはも と神宮寺の大日堂があり、弘治元年(一五五五) に宿院(現奈良市)仏師源次・源四郎父子によっ て作られた大日如来坐を安置。
    -『大和・紀伊 寺院神社事典』-

    天香具山命(あるいは火明命)を祀ると考えられている。

    崇神天皇の五年、初めて道臣命を猛田(タケタ)の地に斧一振りを以て祀ったという由緒があるらしく、道臣命を祭神とする説もある。
  • 建稲種命
    『古事記』応神天皇

    「ほむだわけ命、軽島の明宮に坐しまして、天の下を治らしめしき。この天皇、ほむだまわか王の女、三柱の女王を娶したまひき。一はしらの名は高木の入日賣命。次に中日賣命。次に弟日賣命。-この女王等の父、ほむだまわか王は、五百木の入日子命、尾張連の祖、建伊那陀宿禰の女、志理都紀斗賣を娶して、生める子なり。-」

    タケイナダネは、熱田神宮を中心にして、東海地方ではよく祀られている
    「尾張氏」の本拠でもある熱田神宮では、古来より「五座の大神」と称される五柱の神を、お祀りしてきました。現代でこそ相殿に坐す五神ですが、かつては主祭神でした。
    現代の主祭神はというと、これが「天照大神」なのです。神宮側が唱えるその理由といえば、

    「(熱田神宮の祭神は熱田大神であり、)祭神の熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣を御霊代としてよらせられる天照大神のことである。」

    「草薙剣」は、アマテラスよりもむしろ、スサノオの剣であるとしか言えません。『記紀』神話では、スサノオからアマテラスに献上されていますので、アマテラスのものと言えなくもないのですが、当の『記紀』神話でさえ、「草薙の剣」はスサノオ神話の中で生き生きと描かれている

     相殿の「五座の大神」とは、「建稲種命」・「宮簀媛命」・「日本武尊」・「素戔嗚尊」・「天照大神」の五神です。

    主祭神がアマテラスならば、相殿でアマテラスを祀る必要はない。

    「草薙剣」、その前身は「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)と言いました。

    アメノムラクモとは、「尾張氏」の祖神、ホアカリの三世孫の名に当たります。この人物が、実際には存在していなくて、これが象徴名であったとしても、「尾張族」を代表する名称には違いありません。

    そのように命名された剣を、「大和」側にあったと言う『記紀』の主張がある

    この剣は、「尾張氏」の守り剣でしょう。『熱田国風土記』が、ヤマトタケルが忘れていった剣としながらも、「剣、光きて神如し、把り得たまはず、即ち宮酢姫に謂りたまひしく、『此の剣は神の気あり、斎奉りて吾が形影と為よ』とのりたまいひき。因りて社を立てき、郷に由りて名と為しき。」というように、神となす剣を熱田神宮を立てて祀っていた
  • 建稲種命
    建稲種命(たけいなだねのみこと)は、日本の古墳時代の人物で、建稲種公(たけいなだねのきみ)ともいいます。父尾張国造乎止与命(オトヨ)母眞敷刀婢命(マシキトベ)との子で、宮簀媛は妹。妃玉姫(丹羽氏の祖大荒田命(オオアラタノミコト)の女)との間に二男四女をもうけます。息子尻綱根命(シリツナネノミコト)は、応神天皇の大臣であり、その下の娘は五百城入彦皇子(景行天皇皇子)の妃で、品陀真若王の母です。更にその下の娘金田屋野姫命(カネタヤネノヒメノミコト)は品陀真若王の妃で、応神天皇の皇后仲姫命及び2人の妃の母といわれています。景行天皇と成務天皇の二代の間、朝廷に仕え、ヤマトタケル東征の際、副将軍として軍を従え、軍功を挙げたとされています。熱田神宮・内々神社・羽豆神社・鳴海神社・尾張戸神社・八雲神社などに祭られていいます。
  • 『古事記』や『日本書紀』に記されているように、奈良時代まで、
    熱田神社は伊勢神宮とともに一、二を争う大社だった。ところが、『日本書紀』成立後わずか100年後に群小社の扱いを受けるに至る。「日本後紀」弘仁十三年(822年)六月庚辰の条に「尾張國熱田神奉授從四位下」と記される。極端に低い神階である。『続日本後紀』には、ほぼ同時代の承和二年(835年)十二月の条に、「日割御子神、孫若御子神、高座結御子神の3神はみな名神であり、かつ、熱田神社の御子神である。」と記されているのに・・・。つまり熱田神社は三社の大社(名神社)をも御子神に持つ、いわば大社中の大社であるにもかかわらず「從四位下」。その後、急速に神階をあげ、わずか37年後の天安三年(859年)には正二位に列せられる(『日本三代実録』)。一階位上下するのさえ大変な神階の世界にこのような極端な上下動は謎を生むばかりである
  • 年魚市県は少なくとも五世紀代には 存在していたと見られる。
    古墳の分布数が一郡に多く集中 している年魚市県をふくむ愛智郡が、この頃の尾張氏の 勢力中心地ではなかったかと思われる。そして尾張氏は 六世紀前半頃までには年魚市県(愛智郡)を中心として 四方の諸郡にわたる地域に勢力を拡大し、尾張国造とし ての版図を確立していたのではあるまいか。重ねて上田 氏の研究によれば、初期大和政権の権力拡大において宗 教的にも地方信仰の上に特殊の地位をもった族長と祭祀 集団が県として重要視され、その首長が県主として従属 をふたものであろうと推考される。
  • 住吉の神様を奉斎しているのは津守氏です。

    『新撰姓氏録』には、「津守宿禰 尾張宿禰同祖。火明命八世孫大御日足尼之後也」あるいは「津守 火明命後也」(摂津国神別)などとあり、津守宿禰は尾張宿禰と同祖で、火明命を祖先として考えていて、津守氏と尾張氏との間に親縁性があることが示唆されています。

    また、尾張連については、『新撰姓氏録』に「尾張連 尾張宿禰同祖。火明命之男天賀吾山命之後也」と見え、火明命の男、つまり火明命の子供で、天賀吾山命の後であると書いてあります
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。