大山祇神社、三島大社、越智・河野氏

13»

コメント

  • 都美恵神社は伊賀国・阿拝郡鎮座の穴石神社に比定される式内小社です。
    都美恵神社は神奈備山の霊山中腹の穴石谷(あしだん)に
    穴石神社という名前で鎮座していたと伝わります。

    祭神:栲幡千千比賣命
    配祀:経津主命 布都御魂命
    合祀:倭姫命、他

    本来の祭神は伊勢風土記逸文に見える出雲神の伊勢津彦とも言われます。

    柘植郷の都美恵神社の元地にの穴石谷に大国主命の子の伊賀津彦の伝承が残ります。

    伊勢・伊賀国の伊勢津彦は大国主の命で穴石谷に石城を築き、
    王国を守るための東の砦とした。
    そこへ阿閇氏の祖の阿部志彦がきて、その土地を奪おうとしたが伊勢津彦に破れ敗退した。
    しかし巨大化する大和朝廷の勢いには勝てず、伊勢津彦は伊賀・伊勢の国譲りを行い、
    風神となって信濃国の諏訪へ去った。
    大和朝廷はこれを喜び、伊勢津彦に神風の称号を贈り、
    伊勢津彦の名をとって伊勢国とした。
  • 天日別命は伊勢津彦の娘・弥豆佐々良(みつささら)を娶って、
    これが度会氏(わたらい)の祖先となります。
    伊勢神宮の内宮は中臣氏の後裔の荒木田氏、外宮は天日別命の後裔の度会氏が禰宜家。
  • December 2018 編集されました
    元伊勢「敢都美恵宮」(あえとみえのみや)は、『倭姫命世記』に記載される元伊勢の第十一である。『皇太神宮儀式帳』に「阿閇柘殖宮」とある。所在地は伊賀国。現在の三重県伊賀市にあたる。

    倭姫命が「穴穂宮」より遷り、天照大神を2年間奉斎した。天照大神安住の地、現在の伊勢の神宮(伊勢神宮)の皇大神宮(内宮)を求める長い旅の途上。
    活目入彦五十狭茅天皇(第十一代垂仁天皇)の即位二年[癸巳]に、伊賀国敢都美恵宮に遷り、二年間奉斎。(『倭姫命世記』)
    伊賀国三つ目、伊賀国としては最後の地。また、天皇の代が変わる。倭姫命にとっては、祖父から父に天皇が代わったことになる。元伊勢「敢都美恵宮」の伝承地・候補地は以下の通り。

    都美恵神社

    都美恵神社 - 出雲民族が開拓した伊賀の地に鎮座する、出雲系の神で元伊勢の一つ
    [所在地]伊賀市柘植町
    [社格等]式内社
    [ご利益]当地の産土神、安産、子孫繁栄
    敢國神社

    敢國神社 - 四道将軍の一人オオビコとスクナビコナらを祀る、伊賀忍者ゆかりの一宮
    [所在地]伊賀市一之宮
    [社格等]式内社 - 伊賀国一宮 - 国幣中社
    [ご利益]交通安全、健康長寿、商売繁盛・大魚豊穣
  • 三重の語源

    日本武尊の「三重の勾りなして、いと疲れたり」の言葉に由来するなど諸説あり。

    東国平定を終えた日本武尊が「わが足三重に勾りなして、いと疲れたり」と語り、以後この世を「三重」と呼んだという事が故事に伝えられています。

    この地域は上表のように統合され「安濃津(あのうつ)県」と「度会(わたらい)県」の2県が誕生します。
    しかし、安濃津県の県庁所在地として津は、県境に近すぎること、交通の便があまり良くないことから四日市に移転し県庁としていました。
    県名は、県庁所在地に由来する名前を使うという約束事があったらしく、四日市は「三重郡」にあったことから「三重県」と改称されました。
     やがて、1876年(明治9年)に三重県と度会県が合併することになり、再び津が県庁所在地となりました。
    この時、県名を改称するかどうか賛否両論があったようですが、改称されずに現在の県名となっています。
    県名の由来辞典より
  • 宗像市の東部、上八(こうじょう) に金鉱があった。 鐘﨑貝塚が近い。
    宗像の金鉱
    宗像は黄金のまち
    ttp://d-munahaku.com/news/dtl.jsp?kid=91759&cgid=1001%5D%5B1002
    上八(こうじょう) 金山
    ttp://www.city.munakata.lg.jp/shigai/chiikisyokai-10.html
    平信盛墓所 と 宗像金山
    ttp://blog.livedoor.jp/keitokuchin/archives/65585837.html


    山の名が仙境を意味する  仙人が住む山、仙人暮らしの山
    東ヵ嶽 「東嶽」 は泰山 下関市有冨 竹生山の東峰 無残にも砕石場となった。
    風師山 北九州市門司区

    万葉集1 漢字原文に「師」 の字があるので、門司の風師山
    万葉集2 「山常」 と「常」 があるので、下関市有冨のハンドウ山。 「取與呂布」 の場所は大迫池の上、有冨墓地の東側の尾根で、ここが鳥見山である。 真朱が出るのか?

    『古代物部氏と先代旧事本紀の謎』 安本美典 著 勉誠出版 平成21年
    P146  饒速日の尊の天下り
    河内の国の河上の哮峰
    大倭の国の鳥見の白庭山(または 白山)
      ↓
    鳥見山は白い山と表現されている。
    鳥見山の条件は白い土、白い岩(石灰岩、石英など) がある所である。

    万葉集1 は北九州市門司区 小森江の風師山
    風師山 北九州市門司区

  • 712年に古事記が完成した時には、まだ、それを実行することができず、大山祇神社も造営中でした。
    その集大成ともいえる、日本書紀が完成したのが、720年。
    正遷座の翌年です。

    大山祇神社の正遷座と日本書紀の完成、 ここで、さらに広範囲にわたり、一斉に瀬織津姫の名前が消されていったのだろうと思います。
    だから、 瀬織津姫の御神体を運んだ時には、まだ姫の名前は存続し、その後、突然その名前が消えてしまったのではないかと思います。

    今日の神社、 今治市玉川町に鎮座する、 熊野神社は、神亀五年(728年) キーワードの年。
    この年の9月に勧請されています。
    同じ年の8月23日には、 一斉に大山祇神社が愛媛の地に勧請され、
    翌月、9月23日には、一斉に、熊野神社が、愛媛の地に勧請されました。

    この9月23日にも、もしかしたら、深い意味があるのかもしれません。
    そして、 熊野神社を 愛媛に勧請しなければいけなかった理由も、きっとあるのだと思います。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。