八重事代主、経津主、櫛御方命、金刀比羅宮

December 2018 編集されました カテゴリ: 讃岐・阿波・伊予
image八重事代主、経津主、櫛御方命、金刀比羅宮

『書記』事代主神、八尋鰐になって三嶋溝樴姫、或いは云わく、玉櫛姫のもとに通い給う。そして姫蹈鞴五十鈴姫命を生み…

Read the full story here


タグ付けされた:

コメント

  • イブキドヌシは「ツキヨミ (月読命)」と「イヨツ姫」の子で、斎名は「モチタカ」。アマテルの三つ子の姫の一「タナコ」(市杵島姫) を娶り、「イヨツヒコ」「トサツヒコ」「ウサツヒコ (菟狹津彦)」を生む。

    『ツキヨミの妻 イヨツ姫 生む モチタカは イフキヌシ』ホ6文
    『タナコ姫 イフキト宮に 生む御子の 兄はイヨツヒコ トサツヒコ ウサツヒコ』ホ28文



    「イブキドヌシ」とは「イブキドの主」という意味である。
    「イブキド」とは、四国の24県を治める政庁の名で、正確には「イブキト宮」と呼ばれる。 そしてこの政庁はもともとは「外の宮 (とのみや)」「外つ宮 (とつみや)」と呼ばれた。「外 (と)」は「外・遠・飛」の意で、海に隔たる「外つ地 (とつくに)」を指す。これは四国を表す名の一つである。 四国は他に「ソアサ」「イヨアワふた名」とも呼ばれる。

    イブキヌシの父のツキヨミは、四国の守だった「イヨツヒコ 」(別名:アワツヒコ) の娘「イヨツ姫」を娶り、「外の宮」で舅を継いで四国24県を治めていたのである。

    『弟 ツキヨミは 日に仕きて 民の政を 助けしむ イヨの二名の 治まらで ツキヨミ 遣れば イブキ 上げ 外の宮に治す』ホ6文

    これより四国の政庁「外の宮 (とのみや)」は、「イブキ外宮 (いぶきとみや)」とも呼ばれるようになったようである。「イブキ (気吹・息吹)」は、「勢い・栄え・成果」などの意。
    ツキヨミの世嗣子であるモチタカは「イブキ外宮の主」、これが「イブキドヌシ」の名の由来である。

    この四国の政庁は後には「阿波宮 (あわみや)」とも呼ばれ、また事代主の「ツミハ」(積羽八重事代主) がその主になっていることから「事代が館 (ことしろがやかた)」とも呼ばれている。この政庁の跡が現在の「金刀比羅宮 (ことひらぐう)」と思われ、おそらく「ことひら」とは「ことしろ」の訛りである。
  • 古伝によれば、大物主神は、瀬戸内海の海水が深く湾入し、潮が常に山麓を洗う、湾奥に横たわる良き碇泊所であったこの琴平山に行宮を営まれ、表日本経営の本拠地と定めて、中国、四国、九州の統治をされたといわれています。
  • 大山祇神社と金刀比羅宮は、古来、瀬戸内に名を馳せた二大水軍、伊予水軍と塩飽(しあく)水軍の守り神として信仰を集めてきた。伊予水軍を率いて活躍した越智氏や河野氏は、スサノオを太祖とするニギハヤヒの末裔であったと小椋氏は述べている
  • 金刀比羅宮の由緒

    「金刀比羅宮」の由緒
    HPによれば、次のように述べられています。・・・
    『金刀比羅宮には主たる祭神の大物主神(おおものぬしのかみ)とともに、相殿(あいどの)に崇徳(すとく)天皇が祀られています。大物主神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟、建速素盞嗚命(たけはやすさのおのみこと)の子、大国主神の和魂神(にぎみたまのかみ)で農業殖産、漁業航海、医薬、技芸など広汎な神徳を持つ神様として、全国の人々の厚い信仰を集めています。』

    『古伝によれば、大物主神は、瀬戸内海の海水が深く湾入し、潮が常に山麓を洗う、湾奥に横たわる良き碇泊所であったこの琴平山に行宮を営まれ、表日本経営の本拠地と定めて、中国、四国、九州の統治をされたといわれています。その行宮跡に大神を奉斎したと伝えられています。』
    ・・とあります。驚くべきことに、「琴平山」を「表日本経営の本拠地と定めて、中国、四国、九州の統治をされたとある
  • 琴平町には
    大字 上櫛梨 字 大歳という場所があり
    そこに鎮座する大歳神社の祭神は
    大物主神の娘、
    伊須氣余理比賣命(イスケヨリヒメ)でした。
  • 阿波命神社 (神津島)

    祭神は、阿波咩命。 言い伝えでは、三島大神(事代主命)の本后。

    ちなみに三島大神には伊豆諸島に多くの后が存在するが本后が阿波咩命。
    本后であるのに、他の后(伊古奈比咩命)が先に冠位を授けられ
    大噴火は、その本后である阿波咩命の祟りと考えられたらしい。
    長浜の石を持ち帰ると神罰が下るというのもこの祭神の気性による伝承だろう。

    よって、承和七年(840)無位から従五位下を贈られ、仁寿二年(852)正五位下に進められ、『伊豆国神階帳』に「一品きさきの宮」とあり、
    式内社・阿波神社に比定されている古社。

    島の方の話では、
    阿波咩命の御子神は5人おり、
    長子は前浜・物忌奈命神社に祀られている物忌奈命。
    二子は多幸湾・日向神社に祀られている日向神。
    三子は多幸湾沖の祇苗島(通称蛇島)の祠に祀られていたらしい。
    (蛇島の祠が未確認だが明神下という場所があるという。)
    『三宅記』によると
    阿波咩命には二王子あり
    「たゝない王子」が物忌奈命、「たふたい王子」が日向神。
  • 美保神社
    式内社 出雲國嶋根郡 美保神社
    旧國幣中社

    御祭神
    事代主神 三穗津姫命
    事代主神は、大国主神の御子神。
    天孫降臨に先駆け、建御雷神が大国主神に対し、
    葦原中国(日本国土)の明渡しを要求した時、
    その判断を一任された神で、その時、
    美保に釣りに来ていたと、古事記に記されている。

    美保の郷の名のおこりは、『出雲国風土記』に
    「天の下造らしし大神の命、
    高志の国に坐す神、意支都久辰爲命のみ子、
    俾都久辰爲命のみ子、奴奈宜比賣命にみ娶ひまして、
    産みましし神、御穂須須美命、是の神坐す。
    故に、美保といふ。」とある。
    当社は、同風土記記載の美保の社である。
    だが、当社では御穂須須美命ではなく三穗津姫命を祀る。

    三穗津姫命は、高皇産霊神の御子神で、大物主神の后。
    事代主神から見ると、父神の側室という感じだろうか。
    美保の地名は、三穗津姫命によるものとする説もあるようだ。
    あるいは、御穂須須美命=三穗津姫命ということだろ
  • 美保神社の神紋

    拝殿の賽銭箱に、「三の字」の社紋。
    「美保」は「三保」とも書くので、これを社紋としている。神紋は別。
    事代主神の神紋は「三巴」、三穗津姫命の神紋は「渦雲」。


    事代主神系列の「えびす神社」総本宮。
    神社の周囲には多くの末社があるが、回れず。今度ゆっくり歩きたい。
    ただ、沖之御前、池之御前をそれぞれ祀る島へは渡れないかも知れない。
  • 大己貴と、大日霊女貴の娘・多紀理姫との間に出来た、伊毘比志都幣―事代主は、玉櫛入彦厳之事代主と云う諡号があります。大己貴は、最初、日向族のイザギ・イザナミの養子になり、次は、出雲族のスサノオの養子になり、最期は、同じ日向族に、命を奪われました。
  • 事代主の娘(姉)ヒメタタライスズヒメは、神武天皇の皇后となり、もう一人の娘(妹)イスズヨリヒメは、二代目の天皇・スイゼイ天皇の皇后となります。事代主の孫である鴨の王(カモノキミ)、の娘・ヌナソコナカヒメ(阿久斗比売)は、三代目の天皇・安寧天皇の皇后となります。記・紀での違いはありますが…、八代目の天皇・孝元天皇の子―彦太忍信命の子―屋主忍雄武雄心命と山下影姫の間に出来た子が、タケウチスクネです。タケウチスクネは、スサノオ・クシナダヒメ・カミオオイチヒメ・オオヒミコムチ・大己貴の血を引いている
  • 事代主
    記紀では、出雲の大国主命の子とされ、国譲り神話に登場して父の大国主にこの国土を天孫に奉献するのが適切であると進言した、と記される。後には、その神霊が大和の宇奈提(うなて)に祀られて皇室の守護神とされ(「出雲国造神賀詞」)、また、神功皇后の征韓の際には神徳を顕して神戸市の長田神社に祀られ、壬申の乱にあっては、高市郡大領の高市県主許梅(こめ)に神がかりして託宣させたなどとされる
  • 高皇産霊神には伝承上6人の子がいる。思兼命、栲幡千千姫命、天忍日命、三穂津姫、天太玉命、天活玉命である。この御子たちの思兼命・天忍日命・天太玉命・天活玉命の4人は饒速日尊と共に大和に降臨して以後マレビトとして活躍している。思兼命は信濃国阿智族の祖であり、天忍日命は大伴氏の祖、天太玉命は忌部氏の祖である。天活玉命は越国に降臨していると思われ、三穂津姫は出雲国譲り後に饒速日尊の妻となり、やはり、大和に降臨している。栲幡千千姫命は日向津姫の長子天忍穂耳命の妻となっている。このように子どもたちは日本各地に赴き、後世に名が残るような氏族の祖となっている
  • 天日鷲命(神産霊命の裔)と天太玉命(高産霊命の裔)との間の血縁関係は不明だが(天日鷲命は天太玉命の妻の兄弟という)

    忌部氏系図によれば、二つの系図
     ・神皇産霊命・・・・天日鷲命--大麻比古命(津咋耳命)--由布津主命
     ・高皇産霊命--天太玉命--天櫛耳命--天富命--飯長媛命
    にみえる由布津主命(ユフツヌシ)と飯長媛命(イイナガヒメ)との間に生まれた“訶多々主命”(カタタヌシ)が“阿波忌部氏”の祖という。
  • 出雲の経津主

    是の後に、高皇産霊尊、更に諸神を会へて、当に葦原中国に遣すべき者を選ぶ。僉曰さく、「磐裂根裂神の子磐筒男・磐筒女が生める子、経津主神、是佳けむ」とまうす。時に、天石窟に住む神、稜威雄走神の子甕速日神、甕速日神の子熯速日神、熯速日神の子武甕槌神有す。此の神進みて曰さく、「豈唯経津主神のみ大夫にして、吾は大夫にあらずや」とまうす。其の辞気慷慨し。故、以て即ち、経津主神に配へて、葦原中国を平けしむ。
    二の神、是に、出雲国の五十田狭の小汀に降到りて、則ち十握剣を抜きて、倒に地に植てて、其の鋒端に踞て、大己貴神に問ひて曰はく、「高皇産霊尊、皇孫を降しまつりて、此の地に君臨はむとす。故、先づ我二の神を遣して、駈除ひ平定めしむ。汝が意何如。避りまつらむや不や」―――

    (日本書紀 巻第二)

    島根県出雲市美談町に鎮座する、美談神社です。
    国道431号線沿いの丘の上、一畑電鉄美談駅からは南西に300mほど

    『延喜式』神名帳の出雲国出雲郡に、「美談神社」が見えます。
    『出雲国風土記』が出雲郡段の神社名列記の中に、神祇官内社として「弥太弥社」として記すのも、式内美談神社と同一のものです。

    祭神は、経津主命、武甕槌命、息長足姫命、比売遅神です。
    比売遅神は、式内「同社比売遅神社」に祀られる神。息長足姫は、当社が八幡宮として祭祀されていたころの名残でもあります。

    本社左側には、やはり式内社の印波神社(写真手前)と県神社(奥)があります。
    県神社は、風土記には阿我多社として見えています。

    そして、県神社に合祀されているのが、「同社和加布都努志神社」です。

    美談郷  郡家の正北九里二百三十歩なり。天の下造らしし大神の御子、和加布都努志命、天地の初めて判れし後、天の御領田の長 仕へ奉りましき。即ち、彼の神、郷の中に坐す。故、三太三といふ
  • 事代主神(ことしろぬし)
    ①父;大国主神 母;神屋楯比売命
    ②子供;五十鈴媛(神武天皇后:紀) 五十鈴依媛(綏靖天皇后:紀)
     妃;三島溝杭女玉櫛媛(紀)、天津羽羽命?  三島溝杭女活玉依姫(旧事)
    ③日本書紀名;事代主神  別名;八重言(事)代主神
    ④託宣をつかさどる大国主神の御子神。
    ⑤国譲り神話;大国主神が、伊那佐、小浜で天神より服従を迫られた時「僕は之白さじ。
    我が子八重言代主神、これ白すべし」と答えた。この時事代主神は、「御大の前」で鳥
    と遊び、魚捕りをしていたが、「恐し、この国は天津神の御子に立て奉らむ」と父に語り、その乗ってきた船を踏み傾けて,天の逆手を打って青葉の柴垣に変えて隠れてしまった。

    (美保神社、青柴垣神事)
    ⑥日本書紀;事代主神は、八尋熊鰐になって三嶋の溝織(クイ)媛(玉櫛媛)に通い、タタラ五十鈴媛命を生んだとある。綏靖、安寧天皇妃も子供、孫である。
     (古事記には、この記事なし)
    古事記では、大和での事績のほとんど記されてない人物。日本書紀では非常に重要な人物。
    先代旧事本紀では、大己貴神の子供であり、日本書記と同様な系譜とさらに大田田根子に続く詳しい系譜が記されてある。
  • 天日方奇方命
    ①父:事代主神(旧事紀) 母:三島溝杭女活玉依姫
    ②兄弟:蹈鞴五十鈴姫(1神武天皇后)五十鈴依姫(2綏靖天皇后)
    天日方奇方命
    ①父:事代主神(旧事紀) 母:三島溝杭女活玉依姫
    ②兄弟:蹈鞴五十鈴姫(1神武天皇后)五十鈴依姫(2綏靖天皇后)
    ③別名:阿田都久志尼命、鴨王、鴨主命、武日方、櫛御方、
    (阿田津奇根、天立櫛根)
    別名が異常に多い人物であるが事績は殆ど分からない。記紀には記事なし。
    旧事本紀のみに出てくる。
    ④子供:渟名底姫(3安寧天皇后:4懿徳天皇母)
    ⑤旧事紀:1神武朝 食国政申大夫
    ③別名:阿田都久志尼命、鴨王、鴨主命、武日方、櫛御方、
    (阿田津奇根、天立櫛根)
    別名が異常に多い人物であるが事績は殆ど分からない。記紀には記事なし。
    旧事本紀のみに出てくる。

    ④子供:渟名底姫(3安寧天皇后:4懿徳天皇母)
    ⑤旧事紀:1神武朝 食国政申大夫
  • 和加布都努志命

    別名
    和加布都奴志命:わかふつぬしのみこと
    若経津主命:わかふつぬしのみこと
    若布都主神:わかふつぬしのかみ
    ……
    名義不詳。大国主神の子。事代主の兄弟。

    神名から、経津主命の天降りに従った神であるとも推定される。

    出雲国風土記、秋鹿郡大野郷の由来に、「和加布都努志命が、御狩をなさった時に、郷の西の山に、待ち伏せの人を立てられて、猪を追って北の方にお上りになったところ、阿内谷にくると、その猪の足跡がなくなってしまった。その時、おっしゃったことには、「自然に消えたのだなあ。猪の足跡がウス(なくなった)」と仰せられた。だから、内野という。ところが今の人がやはり誤って大野と言っているだけのことである」とある。

    また、出雲郡美談郷では、「この世をお造りになった大神の御子、和加布都努志の命が、天と地が初めて分かれた後、高天原の御領地の田を管理する長として、ご奉仕になった。その神が郷の中に鎮座しておられる。だからミタ(御田)をミル(見る)意で三太三という」とある。

    和加布都努志命
  • 神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮。御祭神は大物主命(オオモノヌシ)と崇徳天皇。

    由緒については二つの説がある。一つは、大物主命が象頭山に行宮を営んだ跡を祭った琴平神社から始まり、中世以降に本地垂迹説により仏教の金毘羅と習合して金毘羅大権現と称したとするもの。

    もう一つは、もともと象頭山にあった真言宗の松尾寺に金毘羅が鎮守神として祀られており、大宝年間に修験道の役小角(神変大菩薩)が象頭山に登った際に天竺毘比羅霊鷲山(象頭山)に住する護法善神金毘羅の神験に遭ったのが開山の縁起との伝承から、これが金毘羅大権現になったとするもの。

    なお、別の説として、『生駒記讃陽綱目』の当宮の條によれば、式内社「雲気神社」が当宮のことであるという記述がある。
  • 式内郷社 雲気神社 縁起
     当社は 弘田郷の産土神社であり その社格は郷社である また  延喜式神名帳によれば 讃岐国官社二十四社の一とされている
     当社の祭神は 香川県神社誌によれば 豊宇気大神 大龍神 大雷神 の三座とされており また延喜式神名帳の式社考には 天御中主尊とある  なお いずれの祭神におかれましても その鎮座の年月は不詳である
     当社の神位は 三代実録によれば 貞観元年(八五九年)正月七日に 清和天皇より讃岐国従五位下を賜り 翌年五月二十日には讃岐国従五位 上に昇階を賜ったと記されている このことから当社は小社ではあるが 古代においては朝廷の崇敬厚い有力な神社であったことが伺える
     社号の由来は 天霧山よりい出し雲により良く雨が降るとのことから 雲気神社と呼ばれたと全讃誌に記されているが 真偽の程は定かではない
     当社の所在については 総本山善通寺伽藍に雲気明神を含む五社明神が 祀られており 東寺の文書抄にもこれに係る天喜四年(一〇五六年)の 記録がある また生駒記讃陽綱目の金刀比羅宮の條には 金刀比羅宮が 即ち雲気神社であると記されてている このように当社の所在は諸説あるが 天正六年(一五七八年)長宗我部軍の天霧城侵攻のおり 兵火にかかり 社殿が消失したと伝えられており そのため定かではなく 宝暦四年 (一七五四年)に丸亀藩主京極高矩公により雲気神の所在について調査が 行われ 当地に社殿が再興されたものである まお 先公の造営された 社殿は 本殿(五尺一寸 一間二尺) 流れ造檜皮葺 幣殿(一間四方) 一方切妻造瓦葺 拝殿(一間半 三間)入母屋造瓦葺の三殿であり 神門を備えていたとの記録がある
     祭祀については 京極家において春秋二回執り行われ 藩主自らが 公式参拝をされていたと伝えられているが 明治維新後は神社制度も 改革され 廃藩の際に弘田村に委ねられ 以来冨頭部落において祭祀を 行っている次第である
     なお 当社は 往年崇敬者は多く 武運の長久 産業の達成祈願のため 遠近の参拝者が後を絶えなかったと伝えられている

    -参道の『神殿新築工事竣工記念碑』より-
  • 美保神社

    三穂津姫命 別号大御前(おほごぜん)左殿
    事代主神 別号二御前(にのごぜん)右殿

    事代主神
    天照大神の御弟須佐之男命の御子孫で、出雲大社に鎮ります大國主神の第一の御子神様にましまして、天神の系を承けさせられた尊い大神様である。夙に父神を御扶けなされて國土の経営産業福祉の開発におつくしになった。天孫降臨に先だち天つ神の使の神が出雲にお降りになって大國主神にこの國を天つ神に献れとお傳へになった時、事代主神はたまたまこの美保碕で釣魚をしておいでなされたが、父神のお尋ねに対し、畏しこの國は天つ神の御子に奉り給へと奉答せられ、海中に青柴垣(あをふしがき)をお作りになり、天逆手(あめのむかへで)を拍っておこもりになり、大國主神はそのお言葉通り國土を御奉献になったと傳へてゐる。かくて事代主神は多くの神神を帥ゐて皇孫を奉護し我國の建國に貢献あそばされた。又神武天皇綏靖天皇安寧天皇三代の皇后はその御子孫の姫神で、國初皇統外戚第一の神にあたらせられ、なほ古来宮中八神の御一柱として御尊崇極めて篤い神様である。

    三穂津姫命
    高天原の高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の御姫神にましまして、大國主神の御后神として、高天原から稲穂を持って御降りになり庶民の食糧として、廣く配り與へ給うた有難い大神様で、美保といふ地名はこの神の御名にゆかりありと古書は傳へてゐる。

    三穂津姫命は高天原の齋庭の稲穂を持ち降って農耕を進め給ふたので、當社には古くから御種を受ける信仰があり、安産守護の御神徳は、特に著しい。

    末社・其他
    ◎本殿、装束の間に奉齋する末社
     名稱       祭神
     大后社      神屋楯比売命、沼河比売命
     合祀姫子社    媛蹈鞴五十鈴媛命、五十鈴依媛命
     合祀神使社    稻脊脛
    ○境内に奉齋する末社
     若宮社      天日方奇日方命、
     合祀今宮社    政清靈
     合祀秘社     神号不詳
     宮御前社     埴山姫命
     合祀宮荒神社   奧津比賣命、土之御祖神、奧津彦命
     合祀船靈社    天鳥船神
     合祀稻荷社    倉稲魂命
     恵美須社     事代主命
     随身       豐磐間門命、櫛磐間門命
     御靈石
    ○境外に奉齋する末社
     沖之御前     事代主命、活玉依媛命
     地之御前     事代主命、活玉依媛命
     客人社      大國主命
     合祀幸魂社    大物主命
     天王社      三穗津姫命
     地主社      事代主命、或は御穗須須美命と傳ふ
     久具谷社     國津荒魂神、多邇具久命
     客社       建御名方命
     合祀切木社    久久能智神
     合祀幸神社    猿田彦神
     糺社       久延毘古命
     筑紫社      市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命
     和田津見社    大綿津見神、豐玉彦命、豐玉姫命
     天神社      少彦名命
     市恵美須社    事代主命
  • 富家の伝承によると、石見で高照姫命の子として生まれたイソタケル命は、その子天村雲命
    の時代に倭の国に移住し、倭国を建てたそうです。

    富家の方は、倭国を奈良県であるとしていますが、石見出雲と讃岐阿波の地名の一致を見ると、
    奈良に移住する前は四国に移住したと見るべきではないでしょうか。
    富家が示す伝承の天村雲命は、徳島の阿波国にのみ、神名の式内社があるわけで、伝承の古さは、
    出雲の富家のほうが古い訳ですが、本家には遠く離れた分家筋の伝承は正確に伝わらない事も
    あるかと思います。
  • 讃岐国那珂郡には、金比羅宮があり、(富家の伝承では金比羅宮は事代主を祀る神社)
    那珂郡式内社櫛梨神社と同時期創祀された、大歳神社、大麻神社、諏訪神社など古社が数社
    あります。
  • 金比羅は、大物主か、事代主か?

    こんな説がある。
    http://www.syamashita.net/history/notahara/notahara-jinja/ootoshi_igyo.htm

    三輪山中にある大神神社の摂社の一つに高宮社という社があり、祭神は日向御子神とあります。これが饒速日尊の末子・伊須気依姫の婿となった伊波礼毘古尊のこととみられます。

     記紀は史実を歪曲して伊波礼毘古尊が「神武東征」とし、武力で大和を征服したように書いていますが真相は婿入りの東遷だった17)25)のです。

     ところで、旧事紀によれば饒速日尊(大歳尊)が大和に東遷する時、荒川荘平野氏の遠祖・天道根命15)(荒河戸畔の先祖)が従者として随伴していることから、平野氏一族が大歳大明神(薄木大明神)を氏神として祀ったとみて間違いありません。

     後にも述べますが、平野氏は古代、崇神天皇時代(164~198年)にみえる荒河戸畔(荒河郷の領主)の末裔6)としています。

     余談になりますが、古事記によれば、崇神天皇(御真木入日子印恵命=第十代天皇)は、「荒河戸畔の女・遠津年魚眼眼妙姫を娶して生みましし御子、豊木入日子命。次に豐■入日売命(とよすきいりひめ:■は金編に且)。豐■入日売(とよすきいりひめ)命は伊勢大神の宮を拝み祭りき」とありますが、伊勢大神の宮は当時はなく、三輪の大神(大歳尊)を歪曲したとみられます。

     また、「この天皇の御世に役病多に起こりて人民尽きなむとしき。・・・天皇、憂え歎き神牀に坐しし夜、大物主大神が御夢に顕れ云々。意富多々泥古命を以て神主として御諸山(三輪山)に意富美和之大神(おおみわのおおかみ)の前を拝祭りたまひき。これによりて役の気悉くに息みて国家安平くなりき」と。三輪山に美和之大神(大歳大明神=饒速日尊)の社殿を造営して祀ったところ流行病が治まったという。

     また、讃岐の金刀比羅宮(通称こんぴらさん)の社地は、大歳尊が筑紫から大和に東遷する途上の居城だったことが同社の縁起にあります。

     金刀比羅宮の祭神も、今はやはり大物主大神とし、大国主神の和魂としています。しかし、同神宮の境内末社には、大年神として祀られていることは先にも書いた通りです。
  • 「上一宮大粟神社口碑伝説考」では

    「上古 板野 阿波 名方等の三郡の地は「アハ」と云い、一縣の地にてありしを分かれて三郡なり 」とあり、即ち大宜都比売命の神裔である粟凡直一族の直轄地だったそうです。

    板野・阿波・名方(名方郡は後に分かれて名東郡、名西郡)の三郡の民は皆、大宜都比売命(阿波咩命)と積羽八重事代主命(三嶋の神)の氏子であり、粟嶋には「阿波咩命(大宜都比売命)」の社が二社存在していたことを挙げております。

    また、その内容にこれに付随しますと大宜都比売命の夫である積羽八重事代主命の流れをくむ「厳事代主命」を祭祀する「事代主神社」が阿波市伊月に存在するのが上古の名残りとも言えるでしょう。

    その他、大宜都比売命の御子である「若室神(物忌名命)」が上板町で葦稲葉神となっていること(現在は殿宮神社に合祀)も挙げることができます。
  • 事代主神(ことしろぬしのかみ)…大国主神と神屋楯比売神(かむやたてひめ)の間の子供です。神屋楯比売神の出自は不詳ですが、旧事本紀には「坐辺都宮・高降姫神」と書かれており、兄の味鋤高彦根神(賀茂大神)の母が「坐胸形奥津宮神多紀理比賣命」と書かれていますので、ひょっとしたら同じ宗像の辺都宮の神・田寸津姫の異名かも知れません。つまり「高降」は「たぎつ」と読む可能性もあります(降=来か?)。ただし田寸津姫については別の神との婚姻の記録もあります。
                                    天若彦
          素戔嗚神—————田心姫               ‖
          ‖  ‖      ‖——味鋤高彦根神(賀茂大神)・下照姫
          ‖  ‖………大己貴神(だいこく様)       (阿加流姫)
          ‖  ‖   ‖  ‖——八重事代主神・高照姫
          ‖  ‖   ‖  ‖    ‖——五十鈴姫(神武天皇皇后)
          ‖  ‖   ‖ 高降姫  三島溝杭姫
          ‖  ‖ ‖—————建御名方神(諏訪明神)
          ‖  ‖  沼河姫
          ‖ 櫛稲田姫
          ‖————————葛城一言主神
          ○
    事代主神は賀茂一族の信仰の中心をなす神
  • 07/02編集されました
    平群町、近鉄竜田川駅より徒歩50分
    御櫛神社
    椹原大字の氏神で、「延喜式」神名帳に記載されている式内社。現在の祭神は天児屋根命であるが、古記録には豊玉比咩、玉櫛姫等の地域色の強い神の名がみえ、中世に主祭神が変わって春日神社となっていたとみられる。
    立地場所から村の後方の谷沿いに、農業用水を守る神として祀られたと考えられる。
    入口の門屋を入ると広庭につながり、右に絵馬殿、正面に割拝殿があり、その奥に本殿が鎮座する。
    土製の狛犬は平群町では珍しいものである

    大和國高市郡 櫛玉命神社四座 並大 月次新嘗
    旧村社

    御祭神 櫛玉命 櫛玉姫命 天明玉命 豊玉命

    奈良県の明日香村にある。
    飛鳥駅の南西。丘(山)の上に鎮座。

    拝殿は無く、一段高いところに、瑞垣。中に本殿。

    創祀年代は不詳。
    一説に、仲哀天皇の御代、櫛玉彦命(櫛玉命)の後裔・荒木命に
    巨勢の地三十代を賜って、祖神を祀らしめたという。

    荒木命は、祖神が高皇産霊神で、その後に櫛玉彦命、天明玉命と続く
    玉造連の租である。

    祭神の名を見ていると「玉集め」のようだ。

    江戸初期頃から八幡宮と称されていたが、
    明治になって社号・祭神を元に戻したらしい。
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。