吉備嶋皇祖母命、皇極・斉明天皇と母の吉備姫王

December 2018 編集されました カテゴリ: 応神ー武烈
image吉備嶋皇祖母命、皇極・斉明天皇と母の吉備姫王

皇極(斉明)天皇を「皇祖母尊」と、さらに皇極 天皇の母を「吉備嶋皇祖母命」(吉備姫王)と呼ばせたこと 大化2年…

Read the full story here


コメント


  • 朝倉神社
    朝倉橘廣庭宮とも呼ばれているので、
    橘である可能性は高いのだが。

    日本書紀、斎明天皇の条に、以下の記述がある。
    「天皇が朝倉の宮に移られた時、朝倉の社の丸木を切ってこの宮を建てた。
    そのため雷神が怒って御殿を壊した。
    宮殿内に鬼火があらわれ、多くの者が病で死んだ。
    天皇が崩御された時、朝倉山の上に鬼があらわれ、
    大笠を着て喪の儀式を覗いていた」
    定説では、この「朝倉」は、福岡県の朝倉であり、
    「朝倉の社」は、麻氐良布神社であるとされているが、
    ここ、土佐の朝倉神社であるとする説も古来多く出されている。

    斎明天皇は百済救済のために朝倉宮に移ったのだから、常識的には筑前だが、
    土佐では、朝倉神社とされ、背後の赤鬼山が、
    伝説の鬼の山とされており、当社も地元では「木の丸さん」と呼ばれている。
    祭神 天津羽羽神 天豊財重日足姫天皇
    例祭 一一月一〇日 神紋 橘
    本殿 流造 極彩色 一〇坪余
    境内 二五八一三坪 末杜 五社
    宝物 本殿棟附棟札七枚(重文)
    氏子 七五〇戸
    由緒治革 天津羽羽神は上古、この地の開拓 神であり、天豊財重日足姫天皇即ち斎明天皇 はその後年この地の朝倉宮に幸せられたちな みにより、のちに合祀された。延喜國幣の小 社に列し、正一位高賀茂大明神、橘の広庭 の宮ともいった。中世以来武家の崇敬篤く、 山内氏歴代は社領寄進、造営につとめた。
    -『神社名鑑』-
  • 式内社 土佐國土佐郡 朝倉神社

    御祭神
    天津羽々神(別名 天石帆別神 天石門別神の子)
    合祀 天豊財重日足姫天皇(斎明天皇)

    味鋤高彦根命 『朝倉宮縁起』
    天御梶日女神(味鋤高彦根命の后神であり、天津羽々神と同一) 『皆山集』
    (亦名 阿波咩命、阿波々神、阿波神)
  • October 2017 編集されました
    [皇極天皇の異名]
    母の糠手姫皇女と同様、皇極天皇にも、宝王なかつすめらみこと なかつみや (宝皇女)のほかに、いくつかの異名があった。「 仲 天 皇 」「中宮天皇」なかつすめらみこと な か つ
    「 中 皇 命 」というのがそれで、いずれも宝皇女の諱「中津王」に由来すると見られる。 「仲天皇」の名は『大安寺伽藍縁起并流記資財帳』にみえる。同資財帳によると、大安寺は、聖徳太子の羆凝寺の法燈を承けた田村皇子が、即 位後の舒明十一年 639 二月に建立した百済大寺に始まる。ところが百済 大寺は、間もなく火災に遭い焼亡したため、皇極天皇が再建事業を引き 継ぎ、みずからも難波宮で繍仏像一帳を作製して百済大寺へ納めた(白 雉二年)。しかし重祚した斉明天皇は、国際関係の急変に対処するために 筑紫朝倉宮へ遷都し、建立事業はいったん頓挫したらしく、崩御に際し て天皇は、中大兄皇子に百済大寺の完成を託したのである。同資財帳に は、この時の経緯について次のように記している。
    天皇行車筑志朝倉宮、将崩賜時、甚痛憂勅く「此寺授誰参来と先 帝待問賜者、如何答申」と憂賜き。爾時、近江宮御宇天皇奏く「開 い、髻墨刺を刺、肩負 、腰刺斧奉為」奏き。仲天皇奏く「妾も 我 等、炊女而奉造」と奏き。爾時、手拍慶賜而崩賜之。
    すなわち斉明天皇は、筑紫朝倉宮で崩じるにあたって、「百済大寺のことは誰に任せたのか、と先帝(舒明)に問われたらどう答えようか」と憂え、これに対して中大兄皇子が「わたくし開(天智天皇)が、みずから墨刺・ ・斧をもって造寺にあたりましょう」と応えたという
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。